射雕英雄伝 第3巻 (金庸)

だいぶ間があいてしまいましたが、ようやく3巻読めました。


射雕英雄伝―金庸武侠小説集 (3) (徳間文庫)射雕英雄伝―金庸武侠小説集 (3) (徳間文庫)
(2005/08)
金 庸岡崎 由美

商品詳細を見る


一難去ってまた一難、とはよく聞きますが
一難去らずにまた一難続きなのがこの話。

エピソードが解決しないまま
次のエピソードに突入するので
もーなにがなんだか(混乱)

誰が誰を倒して
誰が誰にどんな恩をもしくは恨みを持っているのか
因縁が複雑骨折している物語に脳内で整理できません。
みんなよく覚えているな~。
なんて執念深いんだ~(苦笑)

繋がりが格闘がらみばっかりってのが敗因です。
この話、ワタシには向いていないかも…
3冊読み終わってから気づくってのも遅すぎですが(苦笑)
ここまできたら5巻まで読みますけど
最後までついていけるのか心配です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking