片眼の猿 (道尾秀介)

『向日葵の咲かない夏』の道尾氏の作品。
何冊か読んでみようと実行。
これを選んだのは
文庫だったからという理由だけだったりして(苦笑)


片眼の猿―One-eyed monkeys (新潮文庫 み 40-2)片眼の猿―One-eyed monkeys (新潮文庫 み 40-2)
(2009/06/27)
道尾 秀介

商品詳細を見る


ヤラレタ!

先に『向日葵~』を読んでいたせいもあって
道尾氏はこういう設定がスキなんだろうな~
という先入観があったのが敗因かなぁ。

いや、仕掛けがあるのはわかっていたけど
完全に逆、でした。

『向日葵~』と違ってオトナが主人公なので読みやすかったですが
またもやモヤモヤする描写が…
その仕掛けはすぐにわかるんですけど
正解にはたどり着かなかったんです。
ヒントはあったのに逆を予想するって騙されすぎ(笑)

そーか、そーでしたかー。
 
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

片眼の猿

 道尾秀介による、ちょっと変わった探偵ものである「片眼の猿」(新潮社)。私がこれまで読んだ道尾作品は、「背の眼」、「骸の爪」、「向日葵の咲かない夏」などのホラーやホラー趣味満載のミステリーばかりだったので、だいぶ趣が違っていたのには少し驚いた。 ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking