ちょんまげぷりん (荒木源)

こんなタイトル見つけたら読んでみるでしょう!!


ちょんまげぷりん (小学館文庫)ちょんまげぷりん (小学館文庫)
(2010/02/05)
荒木 源

商品詳細を見る


江戸時代から現代にタイムスリップしてきた武士の物語
現代の町・文化・考え方にビックリするやすべえさん。
ビックリしつつも自分の中で折り合いをつけ
なんとか江戸の町に戻る算段をつけようとする話でした。

『テルマエ・ロマエ』のルシウスに似ているかも(笑)
頑固にして柔軟、まさかそこに意義を見出すのか! というのが似ている。
お風呂とトイレに興味津々なルシウスに対して
やすべえの興味は家事。
それも特に料理に!

それがこう展開して
やすべえさんにこう影響するとは…
すごくマンガ的な展開で楽しかったです。

これ、ドラマにしたら面白そう。
表紙のイラストはなんだかオトコマエに描かれていますが
決して美形ではないやすべえさんなので
キャスティングの幅は広がります(悩)

と思ったら映画化が決まっているようです。
マジッすか! キャストは?!

脚本・監督:中村義洋(ゴールデンスランバーの!)
木島安兵衛:錦戸亮
遊佐ひろ子:ともさかりえ
友也:鈴木福
ひろ子の部下・田中?:今野浩喜(キングオブコメディ)
ご近所の佳恵?:佐藤仁美
忽那汐里・堀部圭亮・中村有志・井上順

う、やすべえさんはもっとガタイのイイ人だと思うけど…
飛行機ブンブンはできるのだろうか??
秋公開予定だそうです。

このお話もともと『ふしぎの国の安兵衛』というタイトルだったそうですが
改題して正解だと思います。
実際、タイトルに惹かれましたから、私は。
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking