その後のルルーシュ 第4~6巻

一気見したいところですがライバル多し!
絶賛貸出中の『コードギアス―反逆のルルーシュ
地道に見ていくことにいたします。

相変わらずめまぐるしく展開していく物語に
夢中になって見てしまいました。
なにせ平日の夜にこの3枚、一気に見終わってしまいましたから!
翌日の朝は辛かった…(苦笑)

4~6巻のどこかでオープニングとエンディングが変わりました。
私は最初の方がテンションあがって好きでした。
エンディングもドラマチックで好きだったんですけどね~。
変わってしまって残念です。

これまでの感想はこちら 第1巻第2・3巻


コードギアス 反逆のルルーシュ volume 06 [DVD]コードギアス 反逆のルルーシュ volume 06 [DVD]
(2007/06/22)
福山潤、

商品詳細を見る


以下、長いので隠します。
あ、だいぶ登場人物の名前を覚えました(笑)
 
 
さて、どこで終わったんだったか…(遠い目)
間に他のDVD見ちゃったんで
内容がごっちゃになって記憶が定まらない状態で見始めたんですが
オープニングで気合いが入りました。
嗚呼、オープニングが変わったのは実にオシイっ!

ぷぷぷ。
またしてもルルには笑わされてしまいました。
黒の騎士団
自分と仲間を真面目にそう命名してしまうルルーシュ
さらにはいつの間にかお揃いの黒い服まで用意。

はっ恥ずかしい~!!

ダメだ。私、そういうの耐えられない…っ!
いやまぁ、私が“黒の騎士団”に所属しているわけではないので
いいんですけどね。

その黒の騎士団、何をするのかと思ったら鼠小僧的な活躍。
庶民の味方を装ってブリタニア上層部の不正を暴き
民衆を味方につけヒーロー気取り。
評判も上々で大衆に受け入れられて入団希望者も殺到
なおかつ協力者を得て資金援助や武器の調達を融通してもらうという周到さ。

おお、ないと思った“仲間”と“武器”両方ともゲット!

…そのメンツに不安を覚えずにはいられませんが。
信頼関係ほぼ無いし。
集団として“仲間”だけどTEAMにはなっていない状況です。
未だに素顔を見せていないままですからね。

もう私には誰に何を言ってはいけないのか
誰がどこまで知っているのかわからなくなっています(苦笑)
いいや~、ルルが把握しているから~。

そんな中、複雑な親子関係を通じて注目度が上がったのがカレン
そういえばハーフって言っていたな~。
まるで『華麗なる一族』の万俵家のような家庭に育ちグレていましたが
母の真意を知って反省&和解。
それをゼロが知り信頼度が増しました。

ちょっとルルの境遇に似ているからな。

黒の騎士団では紅蓮弐式なる新型ナイトメアを託されたカレン。
期待に応えようとますますガンバる姿が健気です。
ほのかに好意を覗かせているのもお約束(笑)

紅蓮の攻撃力は半端ないです!
これをあっさりカレンに譲るルルは気前がいい!
でもルルにも特製ナイトメアがあるといいと思います。
なんかカッコつかないぜ。
でも作戦立てるリーダーと実際に闘う人が別なのはイイと思います。
信頼関係があれば、ね。

その紅蓮にコテンパンにされてトンデモナイ顔を披露したのが
“オレンジ”でおなじみのジェレミア卿。
え? ぶっ壊れて出番終了?!
まさか使い捨てキャラだったとは…せっかく名前覚えたのに(無念!)
しぶとく出てきてくれることを期待! キミならできる!!

その相方・ヴィレッタにも転機が訪れます。
オープニングで髪の毛解いたのはそういう意味か…!
記憶喪失はベタで笑いましたけど
これでいつゼロの正体がに伝わるのかわからなくなりました。

あとは…

ゼロは第3皇女ユーフェミアに喋りすぎじゃないですか?
それにテレビでの演説長すぎ。
声でバレるという心配はしなくていいの?
ニーナがレズっぽい描写が続くんですがこれ、必要?
第2皇女コーネリアのナイトメアのマントは燃えないんですかね?
「トウドウさえいれば神風が吹く」と信じられているトウドウはどうなった?
ルルの母上を襲撃させたのはコーネリアと第2皇子ではないのか?
普通にルル達の思い出語っていたけど…

CCは独り言が多い! 誰としゃべっているの??
彼女にも過去があるようですが、詳細は未だに謎のまま。
やたら治癒力が高い寂しがり屋ってことはわかりました。
あの大勢の子どもの記憶はなんなんだ?
人類ではないのかな。宇宙人か?

そんなCCの過去に関わるマオが登場。
コイツ、ウザい!!!
ムキャー! とボルテージ上げながら見ていました(単純)

しかしコイツのせいでシャーリーがまさかのヒロイン戦線脱落!
ちょうど「この作品のヒロインは誰なんだ??」と思っていたところに
シャーリーの存在が急浮上して注目度を高め
そのままマオに利用されて脱落するとは(驚)

シャーリーの父の件ではルルの弱さが露呈されて、これまた意外でした。
クロヴィス殺害で吐いて繊細なところを見せたけど
それ以降はピンピンしていたから乗り越えたのかと思ったら違ったのね。
知り合いの死に反応するってことでしょうか?

そこを突いてくる正論・理想論の男スザク

うう、耳が痛いぜ。
確かにルルの手段は悪い。
けどアンタみたいに悠長に構えていたら長い物に巻かれちゃうんだよ!
と、反論したいが…正論には勝てぬ。

でもルルに味方して(ハイ。私はルルの味方です)見ているので
スザクの言うことはキレイゴトに聞こえます。
ま、言えるだけの行動をしている人ですが、スザクは。
うーん。普通ならスザクのほうが正しいんだよな~。
いつもならスザクの味方をするはずなんだよなー。
でもルル派なんです。私は。目的がはっきりしている人が好き。

そんなスザクにも苦い過去が。
それを容赦なく暴くマオ。人格破綻者め。
オレはああするしかなかったんだ」の言葉の意味は
まぁ予想どおりでした。

第6巻はマオ祭!

コイツ、ムカつくんですけど
こんだけルルと相性の悪い敵だと…ワクワクしますね(笑)
おかげでルルの賢さが証明されるというか。

好敵手って必要だよな~。
スザクと手を組める状況っていうのも珍しいから余計に盛り上がる。
やっぱルルが一番信頼しているのはスザクなのか。
あの連携はお見事でした!

まだ最終回じゃないからどうせルルが勝利するんでしょー?
なんてひねくれた見かたをしながら
どうやって切り抜けるんだろう? という興味があるのでドキドキですよ!

その方法が明かされた時は
YES!!
と思わず握りこぶし!
ほんと単純だなーと我ながら感心します。

いや、盛り上げ上手なんですよね、このアニメ。
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

まさか、ついにコードギアスにまで手を出されるとはw
超展開と芝居の大きさと爆笑ギャグ(←これは間違いか)で、放送当時は異様な盛り上がりでした。

第二期まであるので、ぜひ完走してください。
そうですねぇ、まるあさんの好みというか、お考えだと、この先、スザクが激しくムカついていくと思いますよ。まあ、そこがいいんですけど。ルル様は、いろんな意味で可哀想な人ですw

bajaさん

ついにコードギアスにまで手を出しちゃいました(笑)
オモシロイです、これ。

たしかに展開は読めない!
そうそう。いちいち大仰なんですよね~(苦笑)
爆笑ギャグも間違いではないと思います。
こういうことを大真面目に実行しちゃうルルの存在がすでにギャグかも…

>スザクが激しくムカついていくと思いますよ。
ムカつくどころか…それを通り越して興味が失せつつあります(オイ)
なんだろう、この頑なさ。
そういうところが信用できるのかもしれないけどメンドウなのも事実(酷っ)
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking