その後の『華麗なる一族』 第4巻

順調に消化中。
第4巻ってことは第7・8話。
最終回まであと1巻!

ですが、今回の4巻目にして
このDVDに字幕機能がついていることに気づきました!

ナンダヨー、先に言ってよ。
固有名詞、調べちゃったじゃんか~。
大変だったんだから!
おかげでネタバレしそうになると
焦点を外す高等技術(?)をマスターしました。


華麗なる一族 DVD-BOX華麗なる一族 DVD-BOX
(2007/07/06)
木村拓哉鈴木京香

商品詳細を見る


ネタバレなので隠します。
さんの尽力によって無事に突貫工事着手。
例によって帝国製鉄からの妨害工作もありましたが
そんなことには負けません。
こんなに順調だと逆にコワイのですが…(苦笑)

今回の妨害は帝国製鉄の背後に
父・大介の阪神銀行が控えているのが特徴ですね。
「小が大を食う」合併のためには鉄平の阪神特殊製鋼が順調だと困るという
なんとも身勝手な理由で息子の妨害を目論む大介。

うーん。
息子の会社とともに大きくなろう! という発想はないの?
合併の嵐の前では不可能なの?
なんでもいいから理由をでっちあげて
鉄平の成功を阻もうとしているようにしか見えないのがナー。

大介の思惑は知らない鉄平
なんとか高炉を完成させようと一致団結。
そんな兄を応援する銀平
銀平には兄は行動力に長けた頼もしい存在に見えるようです。
あの父とこの兄に挟まれた銀平も大変だ~。

だからって「堕せ」発言は酷いと思いますけど。
そんなことを言われたら奥さん大ショックですよ。
やけ酒ですよ! 流産ですよ! 別居ですよ!
万樹子はもっと強い存在だと思ったのでちょっとガッカリでした。

完成も目前になったある日
まさかの工場爆発!

もしや…大介の差し金?!

思わず勘ぐってしまいましたが、それはないようです。
けれど、爆発を見てまず言った言葉が

天は我に味方したか

ですからね。
人間性が顕れるってもんですよ。
まー、そう思うのも仕方のないタイミングでしたけど(苦笑)

その爆発で玄さんが帰らぬ人に…
ううっ! またしても鉄平を応援してくれる父親代わりの人がっ!

この事態に対し
嬉々として阪神特殊製鋼を見捨てようとする大介に銀平が言った言葉。

兄さんを突貫工事に追い込んで
この事故を引き起こしたのはお父さんじゃありませんか


だよねー、私もそう思いましたよ。
銀平は数少ない味方なのか? 爆発の時も物凄く嘆いていたけど。
と思ったら銀平には銀平の思惑が…
曰く「お父さんから解放される夢を見たのに
鉄平が大介に勝利することで大介の支配下から脱出できるのでは?
という他力本願な思いがあったんですね。

自分でなんとかしたまえよ、キミならできるだろう!
どうも銀平は自分を過小評価している気がします。
それとも過去に失敗した経験が? 最初から諦めているように見えますが…
ともかく銀平は今後、なにかしてくれそうな期待感があります

一方、入院中だったつる乃屋の女将が亡くなりました。
その直前にフッコ万俵敬介の娘であることが明かされ
死んだ後も届けられた手紙によって
鉄平も敬介の息子なのではないか、という爆弾投下!

そんなことを言われつつ
事故で怪我をした人のお見舞いや亡くなった人の葬式に出て
更に銀行との会議に臨まなければならない鉄平。
もうやることてんこ盛りでぶっ倒れそう。
こういう事態になっても社長は出てこないんですね。
常に銭高さんと行動する鉄平。

その銭高さんがまさかの裏切り!
失った阪神銀行の追加融資の穴埋めに高利貸しから借りた、と!

はぁぁ?! なにしとんじゃ!!

銀行側が猛反発。そらそうだ。
事故+裏切りで再建どころか会社更生法の適用しかないという事態に。

しかし、阪神銀行の追加融資撤回は問題にならんのか?

大介は用意周到です。
無理な高炉建設計画に「ヤバイんじゃないか」と判断し撤回したと説明。
実際に事故が起こった今、説得力のある説明です。
ウ・ソ・だ・け・ど・な!

さすがの三雲頭取も鉄平をかばいきれなくなりピンチです!
さらに「真相究明が大切だ」と言われてしまう鉄平。

そうは言っても大介は家族。

躊躇うところですが
思い出される過去の大介の銀平贔屓と数々の仕打ち。
さらにはどうやら実の父は祖父・敬介?

じいさんの息子だから疎ましく思い
じいさんが大切にしていた会社を潰そうとしたんじゃないんですか


ってことですよ。
実際にそう聞いてみたら

お前は本気でそう思っているのか

と悲しそうに聞き返されちゃいましたけど…

え、違うの?!

と思わず身を起して(寝そべって見ていた)叫んじゃいました。
私にはそれ以外の理由が思いつきません!

それにしても鉄平の奥さんがイイですね。
早苗さん。
いつでも「私は万俵鉄平の妻ですから」と着いてきてくれる。
もう少しほかに協力してくれれば嬉しいのに…
と思ったりもしますが、いろいろと凹むことも多い鉄平にとって
無条件で応援してくれる存在がありがたいのでOKです!

その奥さんの信頼にちゃんと応えているのも嬉しいですね!
フッコの告白に「それはダメだ」ときちんと断っていますからね。
それも実の叔母・甥(兄妹?)とわかる前に言ったのが大きい。

これだよ! じいさんの呪いから解き放たれたいのならば
自分から断ち切らないと!

じいさんと同じことしてちゃダメなんだよ!
結局、苦しむことになるんだから。

家族を守るという点においては鉄平の勝利ですが
法廷ではどうなるのか?!

ついに起訴することを決意した鉄平。
法廷での決着がクライマックスになりそうです。

鉄平サイドの弁護士はオトモダチ。
勝てそうにない裁判の弁護を引き受けてくれ
「弁護士としてではなく友達として」助言をくれる人。
ほほう。『若者のすべて』で共演した仲ですね。
ではかれこれ15年以上のトモダチってことですか。
…なにか混同していますが、結果オーライです。
説得力あります、このキャスティング!

わかりやすく隠されていた帳簿も見つかり反撃の糸口ゲット?!
でも銭高さんは非協力的。
ああ、どうなることやら…

裁判を「イメージを覆すチャンス」と捉える
超ポジティブな大介に勝てるのか?!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking