炎に舞う花びら上巻 (V.C.アンドリュース)

『屋根裏部屋の花たち』の続編。

炎に舞う花びら〈上〉 (扶桑社ミステリー)炎に舞う花びら〈上〉 (扶桑社ミステリー)
(1989/10)
V.C. アンドリュース

商品詳細を見る


…前作の勢いがウソのようなロウテンションで読むことに。
ダメだ。
私、この主人公の考え方、好きになれない。

主人公甘ったれすぎ!

復讐するなら全てを捨てる覚悟
もしくは失う覚悟で実践しないと!

クリスも欲しい、ポールも欲しい、プリマになりたい
ママには復讐を!


これでは応援できません。
一番の夢はなんなんだ?
プリマになってママを見返したいならそれに専念すればいいのに
あっちこっちに色目を使って…
それで上手くいかないと「ママのせい」とママに不幸の手紙を書く暗さ。

本人に確認を取ればいいのにそれをしないで
よりによってその選択?!
ついていけません。

あと一人称がどうにもダメだ。
彼女が「みんな私に見惚れてる」とか「私はバレエが上手い」と言っても
「それ、勘違いじゃないの?!」と信じられない。
どうやら本当に美人でバレエも見込みがあるようだけど
なんかスッキリしない。
苦手だ一人称。

ああ、どうしようかな~。続き読むの苦痛だ。
しばらくは違うの読もうかな…
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking