「アムロ、行きま~す」を聞けるまで その4〆

『機動戦士ガンダム』DVD11巻、第40~43話。

ようやく最終回までたどり着けました…っ!!

まさか最終回まで
「アムロ、行きま~す」が聞けないとは思っていませんでした。
そんなバカな?! どっかで見逃したのだろうか??

ちなみにこれまでの感想は以下。
1~3話4~7話8~11話12~15話16~19話20~23話24~27話28~31話32~35話36~39話

よくもまぁ、こんなに続けたものだ(呆)
我ながら偉かった! と自画自賛しておきます。

名残惜しくて長くなりましたので隠します。
 
 
第40話 エルメスのララァ

進化しすぎたアムロについていけなくなったガンダムを
連邦軍が改造してくれるそうな。
おや、たまには希望をかなえてくれるんですね、上層部。

失敗したからって恨むなよ

なんて言いながら改造してくれるモスク・ハン博士。

何言ってんだ?!
恨むに決まっている! 失敗したら、それ即ち死なのに!


まぁ、でも率直な博士ですよ。
最後にも「データは持ち帰れ」って研究者らしい人柄でした。

ジオンは強大なソーラーシステムを切り札にして
決着をつけようとしています。
戦場となりそうな地では国民の疎開が開始。

疎開は軍人の無能を示すことだそうで…
長兄ギレンの行動を真っ向否定するのは父のデギン
ジオン家から国を乗っ取った張本人ですが
息子の考えとは違うようです。

人口減らして優良な人種だけを増やす
ザビ家の独裁でコントロール


まるでヒトラーのようなことを言い始めたギレン。
兄ちゃんはまた極端なことを考えたもんですね~。
どうやらこの戦争
父の思惑とは別に、ギレンが勝手に暴走して歪めた結果なようです。

これは何としてもギレンを打ち砕かなければなりません。

戦場でも意志の疎通が図れなくなってきています。
ララァが凄すぎてヤル気を失うシオン軍
それも無理からぬララァの活躍。
突然現れた人にこんなに活躍されたら…確かにイヤだ。

そんなジオン軍とは全く反対の反応を見せるのがホワイトベース
アムロが“ニュータイプ”と呼ばれるものであると知らされましたが
そこまでの混乱は見られません。
アムロの成長を見守りながらここまで来た、という絆がありますからね!

おセンチでちっともとんでないのにね

ってことになるんですよ(笑)
むしろ“古いタイプ”だと。
や、そういう意味じゃないけどな! でもそう言っちゃうのが好きです。

なによりトップに立つブライトさんが薄々感づいていたっていうのが大きい。
何かが違うとずーっと疑問を呈してやっとその回答が出たようなもので
アムロはアムロだし、と受け入れているのが重要だと思います。
それにミライさんとセイラさんもそうだ、といち早く気づくのもブライトさん。
抵抗なく受け入れ、適材適所に活かした功績は大きい!
ブライトさんこそニュータイプに必要なタイプかも!

ブライト贔屓でどーもすいません(苦笑)

そしてシャア
…もしかしてニュータイプの敵?
ニュータイプで実戦部隊を作ろうとしているの?
それはニュータイプの人権を無視しているよね?
キシリア姉ちゃんに協力しているのは…どこまで?!

ララァはシャアのために戦っていることが明らかに。
なんだ~、思想とかニュータイプの未来とか関係ないのか~。
大佐の危機にはいち早く駆け付け

大佐ジャマです。どいてください。

ですからね!
丁寧語だけど言っていることは失礼極まりない!
でももうシャアは
ニュータイプとして覚醒しまくりのアムロの敵ではない
んですよ。
どいてって言いたくなるのもワカル。

シャアをイジめる悪い人だ

アムロに聞こえたララァの声。
…コドモかっ?! なんだその理屈!


第41話 光る宇宙

どーゆー趣味?! ガルマの顔からギレンの声って!!

どうやら父デギンはアイタタな息子ギレンの顔は見たくないようです
でも話は聞かなきゃいかんので…という苦肉の策?(苦笑)
そんな無駄な抵抗をしている父が遅ればせながら行動し始めました

それはさておき、キシリア姉ちゃんとシャアが面談。
なんと姉ちゃん、シャアの素性をお見通しでした!
しかしそれの上を行くシャア。
ララァの存在から打倒ザビ家以上のことを考え始めた、と。
でもはっきり言わんのですよ。
結局どうしたいわけ? わからない私がアホなんだろうか?

ところでララァと出会ったのはガルマの死のあと、なんだよね?
先に出会っていればガルマは死なずに済んだのに~(泣)

ニュータイプは超能力とは違う」とか言われても…
私には異様に第六感が発達したテレパスにしか思えないんですが~。

ホワイトベース内で
“スカート付き”以来のあだ名が誕生しました。
とんがり帽子
ララァの乗るエルメスのことです。
ああ、確かに頭とんがっている…(笑)
私にはエルメスは昆虫とか古代生物に見えますけどね。
いなかったですか、こんなヤツ。

大佐は偉いな
今はララァの方が優れている」って真正面から認められるんだから。
だからララァが大佐のためにがんばるのはわかる。
けど

家族も故郷もないのに戦うのはヘン!

と言いきるのは納得できません!

アンタがアムロの何を知っているってんだ?!
こっちは何日もかけてDVD観てきたんだからね!
テキトーなこと言うとぶっ飛ばすぞ!

確かに家族はいないも同然で故郷はぶっ壊れたよ。
でもララァにはいないすべてを受け入れてくれる仲間がいるんだぞ!
共に命がけで戦ってきた仲間が!!
それを守るために戦うのは何が不足しているって言うの?!

と憤っている間に更に先を行き始めた物語…

アムロとララァが出会ったのも運命
今出会うことが人の背負った宿命


んん?
同じニュータイプが敵同士で出会ったことが宿命であると?
そこからどうやってわかりあえるか、ってこと??

話し合えばいいんじゃない?
早く戦争やめなよ~。と、このアニメを見て何回思ったことか!

シャアのゲルググ
弁慶みたいに薙刀(?)を振り回しガンダムに対抗。
そこへ突っ込んでくるセイラさん。
瞬時に二人の関係を悟ってシャアにパイロットを教えるララァ。
それに気付き、セイラさんをかばったシャアをかばうためにララァ死亡

ありゃ! マジですか!!

摩訶不思議な世界に突入です。
スーパーニュータイプタイム!
ええと、つまり

今出会うことが人の背負った宿命

の答えが提示されたんだと思うのですが…
敵同士で出会ってもわかりあえるのがニュータイプ?
それは人間にも可能? で、平和は来る? みたいな??

抽象的な会話はやめてくれっ!

さて、冒頭で行動した父デギンは
和平交渉のために連邦軍の上層部レビル将軍のもとに来たのでした。


第42話 宇宙要塞ア・バオア・クー

聞き取れなかった要塞名ア・バオア・クー。
こりゃ覚えられないよ…

前回、和平交渉に来た父デギンの到着を待つように発射された
長兄ギレンの最終兵器。
デギンもろとも連邦軍の主力が一瞬にして失われました。

ギレンよ…父がいることを知っていて実行したのだな?!

なんという…!
しかも迷惑な威力。
二度三度と発射されたらたまったもんじゃありませんが
1回きりの攻撃でした。それが限界でよかったよ。

安心ばかりではありません。
和平と言う手段がこれでなくなり戦うしかなくなりました。
いい方法だと思ったんだけどな~和平交渉。

ギレンは演説をぶちかまします。
内容はどうでもいいんですが、ギレン節が炸裂!

あえて言おう! カスであると!!

あえて言わなくていいよ、そんなこと!
これを高々と大勢の前で言っちゃうギレンに乾杯。
ジオン国は優良種として認めているようですね。
そらそうか。自分のことだもんな。

これ以上戦い続けるのは人類の危機

とまでいうんだから、戦争やめろっての!
矛盾に気づけ、ジオン国民よ!
…誰か、この人やっつけてくれ。

シャアはキシリア姉ちゃんの好意(?)でジオングなる
脚なしモビルスーツで出撃です。
たしかに地上じゃなければ脚はいらないですよね。
合理的でいいと思います!

さて、久しぶりに顔を合わせたギレンとキシリアの兄妹。
その会話から父がいることを知って攻撃したと知った妹
父殺しは許せないと銃を発射

宇宙でその武器は危険だ! 艦に傷がついたら大変だ!

父殺しを兄殺しで封じたキシリア。
こうしてジオンのトップが入れ替わりました。
…個人的にはギレンがラスボスだと思っていたからビックリしました。

しかし、連邦軍が退かないのはなぜなんだ?
トップのレビル将軍がいなくなったら降伏じゃないのか?
この戦争はどうやったら終わるんだ??
ジオン軍は学徒動員してまで戦っているし…
やめるタイミングを逸したとしか思えない。

シャアの乗るジオングは強いんですけど
ニュータイプ用に開発されていて扱いにくいらしいです。
焦るシャアが見られます。
でもサー、ジオングの口からの攻撃はイヤだなー。巨神兵みたい…


第43話 脱出

シャアも地に堕ちた
ガンダムのパイロットが異常発達したからやむを得ぬところか


なんて考えてますキシリア姉ちゃん。
失礼な! いつだってシャアはやる男ですよ!
大丈夫! シャアもニュータイプだから!
片鱗は見せている。あとは覚醒だけだ。

シャアのこと地に堕ちたなんて言っていますけど
姉ちゃんこそ地に堕ちていますよ!
自分が脱出したあと降伏なんて、信じらんない!!

姉ちゃんが姑息なことたくらんでいる間に
首だけになったジオングと
首がなくなったガンダムが戦っています。

…なんつー絵面(泣)

もうアムロはなんでもありです。
ついにガンダムを超能力で動かしましたよ!
そうとしか思えない場面がありました!!

それにしても難解なシャアの考え。

戦争が起こらなければララァみたいなニュータイプは現れない

というのは…ララァは触媒のような働きをしていたから
そのことでしょうか?
それにザビ家の次はニュータイプの時代が来る
もしかしてニュータイプ以外の人類を滅ぼそうとしているの?
あ、ギレン兄ちゃんはそれを恐れてジオン以外を殲滅しようと?
…いや、ジオンの人間のシャアとセイラさんがニュータイプだから
関係ないか。

うーむ。終了目前でついていけなくなっているワタシ…

結局、白兵戦で戦うシャアとアムロ。
そこへセイラさんがやってきて
アムロは吹っ飛び、シャアとセイラさんだけに。

そこでシャアが仮面を取った意義は大きいですね!

過去を捨てるために仮面をしていると語ったシャア
それを外したということは過去に向きあうってことですよね?!
で、キシリア脱出を聞いてやっぱりザビ家は許せぬと
滅ぼす決意を固めたシャアはキシリアのもとへ。
こうなるとギレンもシャアにやっつけて貰いたかったなぁ。

ガルマのことも忘れていなかったシャア。
…でもガルマのことは殺さないで欲しかったデス(まだ言うか!)。

シャアによって首を吹っ飛ばされたキシリア。

と同時に大爆発。
アムロもセイラさんもホワイトベースにたどり着いていないのに!

そっからは偉大なるアムロのスーパーニュータイプタイムです。
自分のことはさておき
みんなにテレパシーで危険を知らせ、誘導します。

えー? 普通の人にも話しかけられるの?!
ララァより凄くない?

しかもどさくさに紛れてフラウ・ボゥに告白しています。
ボクの好きなフラウ・ボゥ」とか言ってますよ!
えー? ハヤトに対抗心燃やして言っているんじゃないだろうな?!

でも一番にブライトさんに話しかけたことが嬉しかった私なのでした。

さて、アムロの誘導でみんな合流。
もちろんアムロも合流です。
みんなが手を広げて受け入れ体制を作っていましたけど
アムロは誰のもとに着陸するんでしょうね?

てところで、完。

生き残った人たちで休戦協定が結ばれた、とナレーションが入り…

ふう。全部見たよ~。がんばったなぁ、私。
面白いお話でありました。
一気に完結まで観れるっていいなぁ。
と、達成感に浸っていたのですが…

ん、ちょっと待て! シャアはどうなったんだ?!

あの爆発で死んじゃったの?!
いやいや、それはないでしょう?
そんなの許されないよ!
左遷からも帰ってきた大佐です!
今回も不死鳥のごとく復活するに違いない!!


さて、初代のガンダムを見終わって
ブライトさんに殴られた理由もわかったので、ひとまず満足したんですが
シャアの行く末は気になるところ。
このアニメスイッチが入っている間に
続きを見るか
それとも別のもの(『地球へ…』を見たくなった!)を見るか
思案のしどころです。

ガンダムシリーズはありすぎて何が何だかわからんので
とりあえず調べてみようと思います。
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ファーストの後は

ぜひΖガンダムを。
7年後のシャアとアムロを見られますよ!

お疲れ様でした!

 まるあ様の感想、楽しく拝見させて頂きました~。この後ロボットアニメをご覧になったら、あちこちに初代の影響を見つけて、きっと三倍美味しく感じられると思います。それくらい、初代は後のロボットモノやアニメに影響を与えています。

ガンダムシリーズでいえば、ふじふじ様が「Z」をお勧めなさっているように、シャアとアムロは結構長~い付き合いになるんですよ(笑)ついでに、ニュータイプの解釈もどんどん変わります。映画版もありますし、全部ご覧になったらたいへんな事ですけどねぇ。

アニメ「地球へ」は、上手に今風にアレンジしたな~と感心しました。映画版を公開当時に観た強烈な印象はぬぐえませんでしたが、原作を上手にチョイスし、竹宮さんのほかの作品のキャラも入れたりと、面白かったです。うん、でもやっぱり原作漫画の終わり方が一番だと思ってます(笑)

ふじふじさん

では次はΖガンダムで。
でもしばらくは違うの見たいなぁ。

しかしレンタル屋にはファーストとZの間にいろいろ置いてあるんですが
ありゃ、なんじゃ?
『ポケットの中の戦争』とか覚えられないタイトルとか。
何順なんだろう?
シャアはいないみたいなので…ま、いっか(笑)

すずさん

>初代は後のロボットモノやアニメに影響を与えています。
ロボットは乗るもの! と認識させてくれた作品だと思いました。

>シャアとアムロは結構長~い付き合いになるんですよ(笑)
え? 『Z』で終わりではないってことですか?!

>ニュータイプの解釈もどんどん変わります。
ええ? すでについていけてないですが(苦笑) 更に変わると??
映画版はテレビシリーズの総集編だと思っているので潔くスルーの構え。
とても全部は…と思っていますがどうなることやら~

『地球へ』は近所のレンタル屋になかった…! 残念無念。
映画版もなかった~!
そうか、結末が違うんですね。
原作読んだのがだいぶ前なのであんまり覚えていないのですが
原作漫画の終わり方が一番ですか(笑)
じゃあ見なくてもいいか(と、強がるしかない)
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking