「アムロ、行きま~す」を聞けるまで その1

機動戦士ガンダムDVD8巻第28~31話

先日『クイズマン』だったか…
どっかのクイズ番組で
“隠しキャラ的にあのアニメにあのキャラが!”
みたいなコーナーがありまして
このガンダムも出題されたのです。

なんとルパン次元がホワイトベースの整備をしてくれていたんです!

昔は著作権にうるさくなくって
スタッフの遊び心でこんなことが実現したそうですが
こういうの、ゆるゆるで楽しいですね(笑)

ルパンたちが出演したのは
第何話かは忘れましたが、スレッガーがいる話でした。
確認しようとしたんですけど
返却したあとでした…がくり。

で、
いろいろ考えたのですが
なかなか聞けない「アムロ、行きま~す」が気になってしかたないので
こんなタイトルに。
いつ聞けるのでしょうか?

全部見終わったので一気に畳みかけたいと思います!
金曜日までガンダムネタ続く予定。

例によって長文なので隠します。
 
 
第28話 大西洋、血に染めて

あっちゅー間にミハルカイさんに発見されます。
連邦軍の制服を着ているためかミハルと気付かず
えーっと、ダレちゃん?」と声をかけるカイさんに笑った。

私、アンタについていきたかったんだよ

あれま、嘘くさい言葉がミハルの口から…!

わかってるよ
あんなに弟妹思いのアンタがオレを思ってきたなんて思っちゃいないよ


あー、カイさんにもわかりますよね。
これがアムロなら「え…」とか言って悩むんでしょうけど(笑)
ま、ミハルに言わせると「半分は本当」らしいんで
カイさん、自信を持って!

とりあえずカイさんの部屋で匿うことに。
意外に片付いているカイさんの部屋。物がないともいいますが。
その際、アムロに目撃され
その会話から南米の施設に行くことがミハルに伝わりました。
あとはこの情報をどうにかして伝えるだけだ。
けど、飛行中のホワイトベースからどうやって??

民間機からSOSが!

この民間機にスパイ作戦の実行部隊が乗り込んでいたのです。
で、あっさり通信が繋がり行き先がシャアにばれてしまいました。
にしても、居眠りしているミハル、図太いな!

カイさんはそれを察し訴えますが
まさかスパイを匿っているとは言えないので証明できず…
でも責任を感じるカイさんはなんとかしようと躍起になります。
それはようやく事の重大さに気付いたミハルも同じことで共に出撃。

最初は順調だった2人の攻撃。
途中、敵の攻撃によって不具合が出てからいや~な感じに。
カタパルトの脇にあるレバーを動かせば」というカイさんの呟きに
さっと行動するミハル。

うわ~。なんて怖いもの知らずなミハル!

無事にレバーを動かせたのはいいですが
ミサイルの風圧で吹っ飛んでしまうミハル。
嗚呼…っ!

お? 初めて“死”が演出されましたよ。
髪がほどけスローモーションで飛んでいくミハル。
それに全く気付かないカイさん。
ミサイルが命中して喜んでいるのがまた悲しい。

こうやってくれると私も悲しさを実感できます。
いままでのはあっけなくていけないよ。


みんなが悲しんだリュウさんやマチルダさんの死に対して
カイさんしか悲しまないミハルの死。
それじゃ可哀想だから私にも悲しみを伝えようとする演出だったのでしょうか?


第29話 ジャブローに散る

…また誰かが散るらしい。

ジャブローってのは連邦軍の基地。
ホワイトベースは修理を受けにやってきました。
そこにはマチルダさんと結婚するはずだったウッディがいました。
マチルダが大切にしたホワイトベースとガンダムを俺も守る」という決意。
その気持ちはありがたいけど重いなぁ…

ホワイトベースがジャブローに到着した際に
シャアに入口がばれてしまいました。
ありゃりゃ。
当然、侵入を試みるシャア。久々の出動です!

ひぃっ! 赤いスゴックに乗ってるよ!!

うう、やだなぁ、それ。私、ズゴック好きじゃないのよ。
あ、でもザクも忘れられていなかった!
久しぶりに見ると可愛いよ。
それ以外にもグフもドムも出てきてオールスターだ(笑)

さらに新登場ゾック(って名前でいいのか?)
水陸両用で角がある目があり得ない動きをする短足で気色悪いヤツ。
角ってどういうセンスだ?!

凄い数の投入。ジオン軍は本当に予算があるんですね。
満身創痍のホワイトベースをつかいまわす連邦軍とは真逆。
まぁ、ホワイトベースとガンダムは唯一無二だから
大事にするのも当然なんですが…

ホワイトベースは永遠の厄介者

と、ほざくオッサンがいる! 連邦軍の上層部に!!
何言ってんの?! 常に最前線で戦っているのに何その言葉!
理解できない!!

おまけに情報を全くホワイトベースに渡さないという所業。
あり得ん!! 無能なの? アホなの?

情報がないので手をこまねくホワイトベース。
でもやがて交戦。
赤いモビルスーツを見て「シャアだ」とピンとくるアムロ。
そしてその動きを見て確信する。

あれ? 動いている赤いズゴックは可愛いぞ。

さすがはシャア。
新しい機体になっても動きは素早く滑らか。
ちょっと茹であがったカニっぽいよね(笑)
ヨイショーと動く様がカワイイ! それなのに素早いなんてタマラン!
あ、なんか愛着わいてきた。赤色限定で。

その赤いズゴックとガンダムの戦いに水を差すのが…ウッディ。
ホワイトベースを守るんだ!
という気合いが空回り。出陣して戦おうとするんですけど
シャアの敵ではない。
むしろ足手まといな存在で…無駄死にに見えました。すみません。


第30話 小さな防衛戦

引き続きシャアが挑んできます。
なのに危機感薄いジャブロー基地。
やる気のない連邦軍にうんざりします。
戦場でその態度はいかがなものかと…!!(怒)

みんな昇進しました。
なんか体裁だけ取り繕って中身のない組織の典型って感じですが
今までの努力が認められたのはウレシイデスよね。一応。

ブライト中尉・ミライ少尉・セイラ軍曹・アムロ曹長
カイ伍長・ハヤト伍長・フラウボゥ上等兵


リュウは戦死により二階級特進で中尉
これに納得がいかないアムロ。
若いな~。期待するだけ無駄だと思うぞ、連邦軍は。

カツ・レツ・キッカは戦場に置いておくのはよくないと
施設に引き取られることに。
それをイヤがって逃げ出す3人。
その途中に潜り込んだ工場で爆弾を仕掛けるシャアの部下と遭遇。
縛りあげられてしまいます。

そんなことでは諦めないのがこの子たちです。
とっとと縄をほどき、なおかつ爆弾を見つけ出して外し
車で外へ運ぶ大活躍!

そこへアムロ・カイさん・ハヤトが工場見学にやってきて
事なきを得ます。

その際、子どもたちを走行中の車から移動させようと
優しく声をかけるカイさんが意外でした。
本当に優しいんです!(力説)
いつもは3人には憎まれ口しか聞かないのに!
やだもうカイさんたらっ!

一方、ホワイトベースに爆弾を仕掛けようとして失敗したシャアが
キッカたちを探すセイラさんと出会います。
シャアは“キャスバル兄さん”なんだそうです。

その様子を遠目でみかけたミライさんが疑惑の目を…
しかしまさか兄妹だとは思わないよね~。

お、ガンダムで「行きま~す」が聞けました。
が、「アムロ、行きま~す」ではないんだよな~。オシイ!

あー、またしてもジオン軍から新作が発表になりました。
アッガイ? とかいう茶色いモビルスーツ。
もしかしたら前回もいたのかもしれませんが気づきませんでした。
もう覚えきれません…(泣)

で、キッカたちですが
カイさんの「そんじょそこらの子どもとは違う」という一言もあってか
ホワイトベースに残ることになりました。
ずーっと地下で暮らすのも良くないような気がします。
そして何気にアムロが毒吐いた(笑)

ムノーな上層部が「ホワイトベースを囮に使おう」と
しょーもないことを決断したところで終わりでした。

ウッディの時も思いましたが
連邦軍は組織としてはもう終わっているんでしょうか?
意識が統一されていませんね。
個人のありかたで辛うじて動いているような感じです。


第31話 ザンジバル追撃

囮としての段取りをブライトさんとミライさんが
だだっ広い大学の教室のようなところで説明を受けています。
ソロモンを落としたら戦争が終わるという目論見ですが
このムノーな人たちの考え通りにいくのでしょうか?

ここは到着した時にも登場した部屋ですが
その時は説明するオッサンの隣で
完全に居眠りしているオッサンがいたのですが
さすがに作戦会議の場ではそういう光景はカットされていました。

オッサンたちはミライさんのお父上のことばかり言いたがります。
ミライさんの亡くなった父上は政治家だったようです。
父上が生きていればホワイトベースに乗ることもなかっただろうに…
と、ヨケーなお世話! なことを言っているオッサンたち。

さらにミライさんには婚約者がいることまで暴露してくれました。
うお~、ミライさん本当のお嬢さまなんだ~。

親同士の話よ

とブライトさんに説明しています。
その婚約者は安全なとこに逃げたらしいです。

来るべき時が来たって感じ

は? どういうこと??

ああ

と応じるのはブライトさん。
……へ? ナニ、アンタたちデキてんの?! ←下世話!
えええ~?
てっきりミライさんの片思いだと思っていたからビックリです。

ビックリ続きで、ホワイトベースに初めての人員補強。
スレッガー中尉。
階級はブライトさんと同じですが、人生経験はかなり積んでいそう。
軽口をたたきながら上手く溶け込んでしまいました。

でもホワイトベースを厄介者と豪語する上層部が
逸材をくれるわけはないのでどっか問題があるんだ、きっと。
と思ったら案の定、言うことを聞きません(爆)
わがままいっぱいでブライトさんを困らせます。
けど、口で言うほどの実力を持っていたのでヨシとする。

それを労うブライトさんも良かった!
シャアにも「艦長が変わったのか?」と思われるほどの
成長を遂げているようです。
やるじゃん、ブライトさん。

前回、シャア=キャスバル兄さんであることを確信したセイラさん
もしかしたらシャアが相手かも、と思うと攻撃にためらいが生じます。
それは仕方ないですよね~。
シャアの方でも
まさか…と戸惑いを隠しきれません。攻撃の手は緩めないけど。

聡明で戦争を人一倍嫌っていたアルテイシア

っておっしゃいますけど、10年前に別れたんだよね?
10年前ってセイラさん何歳よ?
いつまでも子どものときと同じ考えってことはないでしょう。

しかしこの二人、ここまでどうやって生きてきたんだろう?
シャアは軍隊にいたんだろうけど
セイラさんは…もっと大変だったんじゃないだろうか??

今回シャアはモビルスーツには乗りませんでした。
が、ザンジバルでドンドン攻めてくるのが恐ろしい。
うろうろ逃げるより当たらないものだ」と平気な顔でつっこんできた。
そうなの? だとしても怖くてできないよ。
スゴイ奴だね、シャア。

「Gスカイ、行きま~す」と出撃したアムロですが
やっぱりガンダムになって応戦です。
結局ガンダムになるなら最初からガンダムになればいいのに。
ガンダムで出撃しないと「アムロ、行きま~す」が聞けないじゃないか!

名前がわからないけど手ごわい相手に引きずられたガンダム。
相手のパイロットは
加速度のショックでパイロットは気絶しているはず」と油断していましたが
回復したアムロの反撃で勝利!

なんで回復したんだ? 頑丈だから?
そしていつの間にか宇宙に飛び出していてビックリしました。
大気圏に突入したときは大騒ぎだったのに
出るときはあっさりなのね(笑)
 
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [DVD] |

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 1 [DVD]出演:内山昂輝 /藤村 歩 /...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking