赤髪の白雪姫 1~4巻 (あきづき空太)

表紙とタイトルからは想像もできない
自立した女の子が主人公のマンガ

童話をモチーフにした作品は私にとってけっこう鬼門なので
敬遠していたのですが
誰かがおススメしていたのを見て読んでみたら嬉しい誤算!

紹介してくれた誰か(たぶん誰かのブログ)ありがとう!!


赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)赤髪の白雪姫1 (花とゆめCOMICS)
(2007/12/05)
あきづき 空太

商品詳細を見る


見事な赤い髪を見染められて
自国のバカ王子の愛妾にと望まれた白雪
どんな始まり方だ?! と度肝を抜かれていると
その白雪

カケラで見飽きてください

とばっさり髪を切りそれを置いて国外逃亡。
その途中で出会ったゼン・ミツヒデ・木々

いかにもお忍びっぽいゼン達一行。
これはもしかして…? と思ったら隣国の王子さまでした。

ああ、バカ王子は本当にバカなのね。びっくりしました。
しかしあまりにもバカすぎて嫌いになれないバカ王子・ラジ
あれはあれで愛嬌がありますね。
自分とこの国の王子があれでは絶望したくなりますけど(笑)

自立した白雪
選択させてくれるゼン


なんともいいコンビです。
王子と知り合いってことに胡坐をかかずに
しなやかにでも力強く自ら居場所を確保しようとする白雪に
王子と言う立場に物言わせて押し付けたりしないゼン。
ステキだ!
このふたりに

おにいちゃんなミツヒデ
クールな木々


とキャラが揃っています。
しかし残念なことにこの4人、誰も黒髪じゃない! と嘆いていたところに
リュウ登場!
謙虚で勤勉な若い(なにしろ12歳)上司。もっと出番が増えるといいのに。

そして同じく黒髪キャラのオビ
身軽で、その行動も軽いですが
考え方もあっけらかんとしていてイイキャラです。
自由で面白いオビは大好き!
ライバルになりそうなんだよな~。要注目キャラだ。

そして一癖も二癖もありそうなイザナ殿下も登場して
まだまだ物語は始まったばかりな感じ。

丁寧でカワイイ絵柄なのに割と骨太なストーリー。
そしてラブはそれほど重要視されていない(いまのところ)。
意外でした。
この意外性『カルバニア物語』に似ているかも。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking