歳三 往きてまた (秋山香乃)

にわかに『新撰組!』を再び観たいぞ熱が上がっているワタシですが
例によってあさっての方向に走りだしました。

『組!』を観ろよ!

と自分でも思いますが
新選組を題材にした小説を読んでみました。
『組!』放送当時、おおむね好評だった小説です(たしか)。


歳三 往きてまた (文春文庫)歳三 往きてまた (文春文庫)
(2007/04)
秋山 香乃

商品詳細を見る


うーむ。私の新選組のベースは
多摩時代が『組!』
池田屋までがマンガ『風光る』
池田屋以降が『組!』
なんだなぁと改めて確認しました。

つまりほとんど知らない、と(笑)
そしてキャラの大半が『組!』で完成している、と(爆)

いきなり御前試合の描写から始まる本書。
な?! んだ? どのあたりなの??
面食らっていると颯爽と登場する土方歳三藤堂平助
その描写に更に度肝を抜かれる私。

えええ~?!
土方さんが美形なのは承知していましたけど
平助も美人なの?!
ありがとうございますっ!


やったー。平助が美形ってのは予想外!
『風光る』ではどっちかっていうとカワイイ感じで
『組!』では勘太郎さんが演じていた藤堂平助。
なんとなく兄弟なら下の子って感じで捉えていたので
まさかのキラキラ美形設定に動揺してしまいました。

ま、すぐに登場しなくなるんですけどね。
この物語のメインは鳥羽伏見の戦い以降なので。

そして土方さんが特に信頼していたって描写にもビックリ。
あ、そうなんだ? へえ~。
…私のイメージでは近藤さんを別にすると
沖田を一番信頼していたような感じだったので意外でした。
いろんな捉え方があるもんだ。
つーか、作者は平助を好きすぎる(笑)

と、最初は大歓迎して読んでいたんですが…
これ、一人称ではないんですけど土方さんを中心にしたお話なんですよ。
土方さんと平助。
土方さんと斎藤一。
土方さんと島田魁。
って具合に、とにかく土方さんありきなんですよ。
『歳三 往きてまた』ってタイトルですから当然なんですが。

うーん。
私は集団の話が好きだからなー。
土方さんは好きだけどこれだけ持ち上げられるとちょっと辟易…
それに昇り調子の物語が好きなのにすでに昇り詰めた後の話だったので
ちょっとツボが違いました。

加えて随所にみられるBがLする感じが…
なんかもー
それはどうでもいいっ!
と、本を投げたくなりました。
解釈によってはそうも読み取れるってレベルなら気にならないんですけど
この本はその境界を越えてしまって残念(あくまでも私基準ですが)。

会話が多くて漫才する様子は楽しかったんですけどね。
そういうのは大好きなので嬉しかった!

けど、後半は私の読むスピードが失速したのは否定できない…
『新選組!! 土方歳三の最後の一日』を観たい~と思いながらの読破でした。
…素直にDVDを観ろって話ですよね、ほんとに。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking