第15回全国男子駅伝

前日の土曜日に掃除・洗濯・布団干しなど家事のほとんどを終わらせ
食事もあとは温めるだけ! な状態にし

今日は引きこもる! そしてマンガを読む!!

という決意を実行。
デデン! と読破予定のマンガを横に積み
暖房を背に、足元にはひざかけ、お気に入りのクッションに寄りかかる
という万全の態勢で貪り読んでいたところ
…む。メールが来たような気がする」と思いつつ
マンガが佳境だったので気がつかなかったことに。…無視か!

ようやくマンガがひと段落つき
そういえば…」と、ケータイを見ると
着信したぞと忙しなく猛アピール中。
なんじゃいな」とメールを見ると

NHKの駅伝で柏原が走るよ!

と、駅伝の伝道師(笑)なーこさんより耳寄り情報が!
なぬ?!
慌ててテレビをつけるとその柏原が走る3区も中盤。
すぐにメールを見ればよかったと後悔既に遅し!

都道府県別にチームが47。
選手は出身地に属するのでしょうか?
箱根駅伝とはチーム数も走る人数も大違い!

私が見始めた時点ですでに柏原は首位グループで走っていましたが
なーこさん情報によると後方からのスゴイ追い上げだったようです。
うう、見たかった! バシバシ追い抜く柏原を!!

首位グループには柏原のほかにも見覚えのある選手がおりました。
東海大のスーパールーキー村澤です!!

柏原vs村澤の夢の対決が実現…っ!

いやあの、よくあるのかもしれませんけど
ホラ、私は今年初めて箱根駅伝を見たもので
知っている選手が極端に少ないんですよ。
そんな中、知っている注目選手が直接対決していたら
テンションはウナギ昇りですよ!

この対決はスーパールーキーの競り勝ちでした。
スーパールーキーの冠は伊達じゃないね!

続いてタスキを受け取ったのは高校生!
トップを走るのは埼玉県の双子! 4・5区を任されています。
二人とも代表って凄くない?!
その後も埼玉は初優勝に向けて快走を続けます。

6区は中学生。
わあ~、なんて幅広い参加者たち!
中学生から大学生&社会人にタスキが渡される様子は
なんかいい…! ジーンとしました。
まだ幼さの残る中学生を労うおにいさんたちの様子がなんかもーツボで!

私は異なる世代の人たちが仲良くしているのを見るのが好きである!

同世代が仲いいのも素敵だと思いますけど
違う世代が交流している様子は尚ヨシ!

さあて、ラストの7区は見ごたえがありました!!
一番距離が長くて橋が多いコース。
橋が多いってことは起伏が激しいってことですね。
そして距離が長いからこそ生まれる駆け引きもあり
スゲー面白かった!

トップでタスキを受け取った埼玉の堀口選手。
そのまま独走を続けるんですが
背後には
福島の佐藤アツシ選手と兵庫の竹澤選手がピタリとマーク。
距離はあるんですが常に首位が見える位置を走っているんですよ!

わー、絶対仕掛けるよー。

ドキドキしながら見ていると
残り1キロくらいで佐藤選手がスピードを上げ
堀口選手に追い付きそのまま追い越しました。
それにピタリとついていく竹澤選手。

こわい…超コワイ。

竹澤選手はずーっと佐藤選手の背後を走っていたんですよ。
追い抜けないわけじゃないんだけど
敢えて後ろについてます~な雰囲気なんですよ。
虎視眈眈、という四字熟語が思い浮かびました。

両選手はなんかすごいらしい。
私は知らなかったのですが過去に数々の実績を残している選手同士。
レースを見始めた当初からこの二人の名前が挙がっていました。
そんな二人ですからね、ただでは済まないはずなんですよ。

予想通りラスト300メートル付近で竹澤選手がスパート!

ホラキタ! コワイコワイ!!
なんでここまでずーっと走ってきたのにまだスパートかける余裕があるの?!
どういう体力なんだ~。

佐藤選手も追いすがりますが…竹澤選手は強かった。
そのまま1位でゴール!

うはー、箱根駅伝ではゴールするのが精いっぱいな選手も多かったので
こんなラストスパートを見られるとは思いませんでした。
すごいぜ! これが社会人の力?!

と思ったら、明大の鎧坂くんも物凄いダッシュでゴール!
あのデッドヒートは凄かったです!!
…うむ。単に箱根のひと区間の距離が長いのかもしれん。
と考えを改めました。

カメラマンがコケたり(笑)
走っている選手の靴が脱げたり
タスキを渡そうとしたら次の走者がいなくてビックリな場面があったり
いろいろドラマがありました。
箱根駅伝みたいに長い距離をじっくり見るのも楽しいですが
この駅伝のように大勢でドドーっと走って
抜きつ抜かれつ派手な展開のレースを見るのも楽しかったです。


で、こっからは完全に蛇足なんですが
壮絶なラストスパートを見ながらなにかを思い出す…と考えていたのですが
さっき思い出しました!

マンガ『いるかちゃんよろしく』だ!!!

ずーっと前(20年くらい前?)、りぼんにて連載されていた少女マンガ。
だったはずですが…
このマンガはどっちかっていうと
少女マンガを装った少年マンガの魂をもった作品だったと思います。

熱血展開・ハチャメチャな主人公・弱きを助け強きを挫く
チームワーク・不正を許さない正義感

に加えて
ヒロインの影響で冷血男子が熱血男子に変貌 ←ここが少女マンガ
以後、ヒロインにべた惚れな男子たち ←ここも少女マンガ

ま、そんな感じでした(たしか)
大好きだったんですよ!
たぶん人気あったと思うんですけどね、実際はどうだったのかな?

運動神経抜群ながらお勉強は苦手なヒロインゆえ
いろんな対決があったんですが
その中の一つに駅伝もあったんですよ。

これがもう…それまでの登場人物総登場
それぞれに見せ場があってそれだけで胸がすくのですが
きちんと駅伝していたんです。

駅伝でも勝利して敵の不正を暴く!
そんな展開に
ヒロイン・いるかとそのお相手・春海の絆も深まる
その裏でヒロインをめぐる対決なんかもあったりして盛りだくさん!
やばい、読みたくなってきた(苦笑)

ちなみに私はシンが好きでした(名前あってるかな?)
運動神経抜群(このマンガのキャラはみんな抜群だったケド)で
無口な春海とは対照的に優しい言葉をかけてくれる
繊細さも持ち合わせた白頭のカレ。

でも春海も好きさ。
春海は不言実行・頭いい・運動神経抜群・黒髪・切れ長の目と
私の好きな要素がギュウギュウに詰まったキャラでした(爆)

しかし今から考えると駅伝としてはダメだったな~。
だってエントリーした人とは別の人が走ったりするんだもん。
いや、その前に八百長とか妨害をしかける相手の方に問題があるんですが…
とても少女マンガとは思えない設定だ。
やっぱり少年マンガちっくだなぁこのマンガ。

いるかちゃんヨロシク (1) (集英社文庫―コミック版)いるかちゃんヨロシク (1) (集英社文庫―コミック版)
(2000/07)
浦川 まさる

商品詳細を見る

文庫になっているらしい…全4巻。
うわ~、このまま勢いで買ってしまいそうだ~っ!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

はやく言ってよ~

いるかちゃん、リアルタイムで連載読んでた。
大好きでコミックス全巻、持ってたよ……でもかなり昔に手放した!!
もうマンガとは卒業するつもりだったんだよぅ!!
でも未だに卒業できていないのは、どういう事だ。

確かにノリは少年マンガだったと思う。
作者が男の人じゃなかったっけ??(違ったかな)

ちなみに私は春海といるかの恋の行方に、毎回ドキドキしていました。
お互いが意識し始めた頃とか、甘酸っぱくて(笑)
春海の亡くなったお母さんの浴衣をいるかが着る話とか、好きでした。

両想いになってからも面白いボケ・突っ込みなカップルで。
見ていて飽きませんでした、春海×いるか。

作品の人気はあったと思う。
かなり長く連載をやっていた記憶があるし。

まるちゃんの好きな人、シンで名前はあってると思う。
生徒会メンバーだよね?
私はゴツい岩男みたいな彼が好きだった。
銀子さんに片想いしていた姿がいじらしくて(笑)

アツい戦いでしたね!

柏原くんはタスキ受けた時7位で、前方とも差があんまりなかったので
箱根みたいに派手に抜きまくったわけではないんだけど、
最初の1キロの入りがありえないくらい速くてすぐトップに追いついてスゴかった!
この負けん気の強さがかっこいいなー。
村澤くんもサスガだよね!

双子ランナーはわりと多いのですよ~。
やっぱり骨格が同じだから力も互角なのかな。
なので 『風強』 に双子が出てくるのがすごい嬉しいかったりします♪

今回走った高校3年生は大学生になって次の箱根に走ったり。
今年の箱根で走った4年生は卒業して来年1月1日の実業団駅伝で走ったり。
色々チェックしてみると、見かけたことある選手達がどこかで走ってたりします(笑)


『いるかちゃんヨロシク』 懐かしすぎる!!!
でも全然内容覚えてないなぁ。。。(汗)
剣道とかしてなかったっけ?いや、してないかも?
駅伝シーンもあったとは知らなかったです~。

ふじふじさん

私も持っていましたよ!
でもかなり前に手放してしまいました。
だって「りぼんは卒業の時期だな」と思うじゃないですか!
↑ 私はマンガからは卒業する気はなかった(笑)

>作者が男の人じゃなかったっけ??(違ったかな)
残念! 美女です。
たしかマーガレットで描いていた浦川カヤ(漢字失念)とは
姉妹(もしかしたら双子)だったような…?

>お互いが意識し始めた頃とか、甘酸っぱくて(笑)
そーなんですよ! このへんちゃんと少女マンガしてるんですよね!
んで、春海はけっこうムッツリだった(笑)

>春海の亡くなったお母さんの浴衣をいるかが着る話とか、好きでした。
ああ~、あったあった!
思い出の浴衣を着るいるかちゃんにぼそりと「似合う」とか言っちゃって…

>作品の人気はあったと思う。
あ、そうなんだ。よかった~。
でも私の周囲ではイマイチでした。
みんな「面白い」とは言うんだけど「すごく好き」ではなかったらしい。

>生徒会メンバーだよね?
そうそう。春海の次に目立つ人(って私にはそう見えるだけ?)

>私はゴツい岩男みたいな彼が好きだった。
…渋いですな。
私はこの人と、顔に傷のある細長い人はいっしょくたでした(酷)

なーこさん

>最初の1キロの入りがありえないくらい速くてすぐトップに追いついてスゴかった!
そこ、見たかった!!
ちゃんとメール見ればよかった~(泣)

>双子ランナーはわりと多いのですよ~。
箱根でもいましたよね、どこのチームか忘れましたけど。
宗選手もそうか~。
しかし二人とも選手になるほどってのがスゴイ。

>高校3年生は大学生になって次の箱根に走ったり。
>今年の箱根で走った4年生は卒業して来年1月1日の実業団駅伝で走ったり。
覚えておかねばならぬのですな。
精進します。


>剣道とかしてなかったっけ?いや、してないかも?
剣道ありました! 主要メンバーは剣道部だったはず。
それ以外にもあらゆるスポーツをしていたのでそればかりではないですが…
駅伝はたぶんラストの競技。
駅伝のエピソードで完結した、んだったかな~?(うろおぼえ)
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking