獣の奏者 1・2巻 (武本糸会・マンガ/上橋菜穂子・原作)

ヤバイ…最近は毎日マンガを買っている。
毎日のように、ではなく
本当に! 毎日! 何か買っています!
しかも大抵、複数冊!!
コワイ。なんか変なスイッチ入った~。
本屋に行くのはキケン~っ!

そんな中、出会ったミラクル大ヒットマンガがコレ!!

原作は上橋菜穂子さんの『獣の奏者』です。
原作の面白さは保証付き。
だからこそ不安、という面もありますが
アニメも面白かったですから!

期待7:不安2:その他1

と複雑な心構えで読んだのですが

これ、面白いです!!!


獣の奏者 2 (シリウスコミックス)獣の奏者 2 (シリウスコミックス)
(2009/12/22)
武本 糸会上橋 菜穂子

商品詳細を見る


もー、エリンがカワイイー!!

絵に見覚えがあると思ったら
青い鳥文庫版『獣の奏者』の表紙を描かれた方なんですね。
ナルホド。

もーね、衣装がいいんですよ!!
民族ちっく(チベットあたり?)な温かみのある衣装が!
この衣装のおかげでエリンのかわいさも際立ちます。
だって似合うんだよ!
…『乙嫁語り』でもそう思ったけど私は民族衣装に弱いらしい(笑)

内容は原作に忠実で驚きます。
真っ向勝負に挑んだ武本さんの心意気に拍手!

そうそう! こういう場面あった!!
そういえばエリンの視点で語られていたんだった!
そう! このキャラはこういうイメージだったのー!!


と原作を思い出しました。

ううむ。わかってましたけどアニメは相当アレンジしていたんだなぁ。
あれはあれで楽しめましたけど。
時間通りに話が進んでいてわかりやすくなっていたし。
キャラが増えたり、設定変わっていたりしたのも
私はOKでした。

原作では「そこをもそっとこう…」と
もどかしさを感じた所がありましたから。
アニメではそのあたりのエピソードが増えていてニヤリとしたものです。

アニメを見ているときは“原作とは別物”と考えていたから
それだけで満足できましたが
このマンガは原作を再読したくなりますね。

闘蛇と王獣のイメージはマンガの方が断然いいです!

闘蛇の哲学的な表情!
私、闘“蛇”だからにょろにょろしたものをイメージしていたんですよ。
ちなみに移動手段は飛行! ←『まんが日本昔話』的に(苦笑)
で、アニメで「トカゲ?!」と衝撃を受け
このマンガで「こっち! これがいい!!」とイメージ変換(笑)

王獣もステキだ~。
雛がカワイイんですよ。
リランもこんな感じか! そりゃあ見捨てられませんよ!
早くエリンと出会わないかな~。待ち遠しい~。

ジョウンは言うことなしです。
私はもともとジョウン大好きなんですよ。
その大好きなジョウンが
かわいいエリンにメロメロになっている様子を見られるだけでもう…
胸がいっぱいになります。
エリンは好奇心旺盛で賢いですからね。
どんどん吸収するから教え甲斐があるし、突拍子もないから目が離せない!
嬉しそうに見守るジョウンにメロメロな私。

プロローグ的な1巻でしたが
2巻では少しずつキャラの顔見せがありました。
イアルも登場します!!

わあ~、大人~。
そうでしたっけ。そうでしたよね。
なんだかいつの間にか若いイメージに上書きされていました。
そうそう。このくらい無骨な感じでしたよ!
好みから言うと第1稿の顔が断然好きなんですけど
いや、イアルはこのくらいでしょう。
あまり男前だと照れるから(←?)このくらいでいいです。
あ、かっこ悪いわけじゃないですよ。ちょーっと…地味なんです(笑)

その分、シュナンが! 色男です!!
優男っていうのか…、王子様タイプっていうか…、貴公子?
意外! 武闘派大公家の人なのにその外見?!
なのにセィミヤの前では緊張するの?!
これだよ! アニメでもこのくらい態度に示せばよかったのに!!

ダミヤに関しては…
胡散臭さという点においてアニメには敵いません(爆)
あれは演じる人の力なのかな~?
最初っから怪しかったもんな~(笑)
あの個性には敵いませんよ。いや、越えなくていいです。
でもまぁ、まだマンガでは登場したばかりなので
今後どうなるのかわかりません。

霧の民の描写はスバラシイ!
原作を読んだとき感じた
ド・ファンタジーだ!! と思った部分が再現されています!
イイ! 実にイイ!!

エリンの耳の良さが強調されたのもよかったです。
そうでしたね。楽器はジョウンのお手製から始まったんですよね。
アニメではイアルとの繋がりになっていましたけど(それはそれでOK!)
この耳の良さ、楽器を作れるスキルが王獣との絆になるのだと思うと…
うおー! よく出来た話だー!!
と興奮してしまいます。

マンガのエリンは表情豊かでほんっとかわいいです。
もういっそ小さいままでいたらいいのに! ←いやダメだろ(笑)
嗚呼、早く続きを読みた~い!


これまでの『獣の奏者』関連の感想
アニメ 序盤中盤最終回まで
原作 獣の奏者 闘蛇編・王獣編
 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking