舞台も拝見『風強』

マンガの見事な完結を読んでなんだかテンションがあがりました。
これは年末に拝見。
あと箱根駅伝に備えてテンションを高めておく画策の一環でした。

舞台にもなっている『風が強く吹いている』
舞台化されたことは知っていたのですが
ちょうど忙しい時期で見逃したんですよね…

その舞台を映像で観てみました。


舞台「風が強く吹いている」 [DVD]舞台「風が強く吹いている」 [DVD]
(2009/10/28)
黄川田将也和田正人

商品詳細を見る


あらすじは
まぁ、改めて紹介するまでもないですが
たった10人で箱根駅伝出場を目指し
最終的にはシード権獲得にまでこぎつける奇跡の青春物語です。

舞台ですからね。制約が多いのですよ。

まずは話の展開のほとんどがアオタケ内です。
セットですからね。
そう簡単に場面を変えることができないんです。
だからみーんなアオタケを訪ねてきます。
そう。ハナちゃんも榊もパ…藤岡も。

そして事後報告が多い。
予選の結果とか、いかにしてみんなのタイムが伸びたかとか。

でもそこを逆手にとって登場人物たちの和気あいあい場面に。
うまいな!
アオタケのみんなのチームワークは抜群でした。

つーか、ニコチャン
映画・マンガ・原作とニコチャンを見てきましたが
舞台のニコチャンが一番よかった!!
なんか包容力があるんですよ!!

演じたのは鍛治直人さん。
文学座の方だそうです。そうですか! 内野聖陽さんと同じですね!!
…調べたらワタシ、他の舞台でも拝見したことありました(汗)
ううむ。そうでしたか。

気を取り直して、ニコチャンです。
鍛治さん演じるニコチャンはとにかく温かい!
酸いも甘いも知っている先輩って感じ。
ハイジがまとめ切れなかった部分を
うまくサポートしてくれる頼もしさを感じました。
ああ、このニコチャンたまらん~♪

ハイジ黄川田将也さん。
映画のハイジ(小出恵介)も良かったですが
このハイジもなかなか良いです。
『マイボスマイヒーロー』の弟役のイメージしかなかったので意外でした。
熱いね! そして饒舌だ!

カケル和田正人さん。
実は知らない人だったので調べてみたらすごいことがわかりました!
本物のランナーでしたよ!
日本大学在学中の2002年の第78回箱根駅伝で
復路9区を、区間記録第5位となる1時間10分52秒で走破した
そうな!!
えええ~。
いったんは企業の陸上部に就職するんですが
そこが廃部になったのを機に俳優に転職(驚)
さらにテニミュで千石役を務めたとか。
ラッキー千石がカケルに???
ままままじですか。そんな人だったんですか。経歴が異色すぎる!

で、カケルですがなんかふてくされて且つ迷っている感じが伝わってきて
いいカケルでした。
根っこは走ることに真摯なカケル
ハイジさんに振り回されて大変そうなカケルでした(笑)

あとはキャストをずらずらと。

キング:瀧川英次
ユキ:粕谷吉洋
神童:渋江譲二
ジョージ:高木心平
ジョータ:高木万平
ムサ:デイビット矢野
王子:松本慎也(Studio Life)

実は王子のキャラも舞台のキャストが一番イメージに近かった
スタジオライフの方だったんですね~。
観たことないんですよ、ここのお芝居。

ハナちゃん:近野成美
藤岡:伊藤高史
榊浩介:荒木宏文
大家さん:花王おさむ
八百勝:樋渡真司

ええ?! パ…藤岡が伊藤高史????
って、電波少年でヒッチハイクしてたあの?!
そして今年東京セレソンデラックスに加入したあの?!
全然気がつかなかったーっ。
ほんとに? だってボーズだったしなんか結構藤岡ぽかったし。
うわー、びっくりー。あー、そうだったの。

榊はカケルに攻撃的なのは当然ですが
その奥底には
あこがれのカケルがこんなところで燻ぶっているのが許せない
と思っているのが伝わってくる感じでこれまたよかったです。



なんかいろいろ収穫が多かった舞台版『風強』
直球で面白い舞台だったので観に行けばよかったとイマサラ後悔(苦笑)
みんなのチームワークはホントよかったです!
 
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

黄川田将也 内野聖陽 風のハルカ

上戸彩が自分の作った料理を食べて泣く 龍馬( 内野聖陽 )の登場は、仕事も野風のことも自分 人が読んでいた 「サンスポ」 を 覗き見したら 年末のNHK紅白歌合戦の紅組の総合司会者 黒崎めぐみアナの記事が大きく出ていたので 駅で 新聞を買ったとメールをくれた。 その

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking