神様のカルテ (夏川草介)

テレビCMで宣伝されていますね。
そのせいってわけではないですが
泣ける話を読みたくて読んでみました。


神様のカルテ神様のカルテ
(2009/08/27)
夏川 草介

商品詳細を見る


確かに泣けました。
が、ちょっと予想と違った

医者が主人公だから当然病院内での出来事が中心になるんだと思ったら
そんなことはなく
主人公が暮らしている共同アパート“御嶽荘”の出来事の割合がかなり高い。

まぁ、下宿とか共同生活の話は好きなので望むところなんですが
医療ものを期待して読んだのでそのあたりは肩透かし。

そしてなんつーか
主人公の語りが文豪テイスト(?)なので
ちょっと時代がかった印象でした。
例えるなら森見登美彦さんっぽいというか…

そしてなんだかファンタジックなイメージも。
奥さんとの出会いとか
安曇さんの存在とか
天狗の話とか

リアルな問題も提示しているんですが
オブラートに包んでいるような…
医療ものではなくなんだろ? ちょっと幻想的。嫌いじゃないけど。

読みやすくて一気読みだったんですが
うーん。
夢中になって一気読みとは違うんだよなー。
たしかにおもしろかったんだけど、なんかものたりない…

どうもベストセラーに辛口になりがりな私なのでした(苦笑)

でもあのいろいろ問題があったドラマ『ぎね』よりは共感できる!
というか、ドラマでもこういう展開を期待していたのに!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking