新釈 走れメロス 他四篇 (森見登美彦)

『青い文学』で取り上げられている作品とかなりリンク。
走れメロス》と《桜の森の満開の下
そして個人的に最近ご縁がある《山月記》と《薮の中
そこへなぜか紛れ込む《百物語

それら5篇の物語を森見調にアレンジすると…


新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)
(2009/10/15)
森見 登美彦

商品詳細を見る


当然、元ネタを知らないといけないわけで(苦笑)
どれも知っているといえば、知っているのですが
かなり曖昧な印象しか残っていないので、なんとも不明瞭なのですが
元ネタ知らなくても楽しめます。

基本は短編集なので
一つ一つのお話もそれぞれ楽しめるのですが
一冊を通してある男の遍歴を楽しむという側面もあるので
そういう読み方もできます。

私は『山月記』が一番面白かったなぁ。
この話はたぶんもともと好きなんだよね。
あー、原作読もうと思っているのに読めていないなぁ。

あと『百物語』で今までの登場人物総決算な感じも楽しかった。
オチは、まぁそうくるよな、ってオチでした。

走れメロス』は詭弁についていけず…
それにちょうど『青い文学』でメロスを見た時に読んでいたので
混乱に拍車がかかりました(苦笑)
実にタイミングが悪かった。
最後に王様も友情に目覚めるんでしょうか?
原作はおそらく読んだことがないので、結末に関して謎。
小学校の学芸会で6年生が演じていたのが強烈な印象で残っています(笑)
あの劇は面白かった!!
たぶん王様がラストに持っていった、んだと思う(うろ覚え)
これは原作を読んでみたいなぁ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking