神々の午睡 (あさのあつこ)

なんとも読みたくなるタイトルです。
久々のあさのさん!


神々の午睡神々の午睡
(2009/09/30)
あさの あつこ

商品詳細を見る


ファンタジーかと思ったんですが、神話でした。

残酷で無慈悲で、嫉妬もすれば恋もする。
時に失敗し、その後始末を人間に押し付ける。
なんとも人間味あふれる神々と
それを崇めたり恨んだりする人間
その二つの間の存在である箜の物語。

登場人物はあさのさんの創作なんですが
お話自体はかつて読んだ神話を踏襲しているのでなんだか懐かしい。
短編集なのでたいていの場合、結末が予測できるのですが
思いもよらない行動を起こすキャラがいたりして
うるっとすることたびたび。

前に読んだ『 オリンポス』のイメージに近いかな。
人間を攫って閉じ込めて…なんて悪趣味な神はいませんでしたが(苦笑)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking