一応、見届けました

なんだかんだ言いつつ、比較的真面目に見ていたドラマ『ぎね
感想もそれなりに残っているようですので
一応、最後まで語ってみましょう。
これまでの感想 ぎね感想その1ぎね感想その2ぎね感想その3

本来はカタカナですが検索よけのためひらがなにしてあります。

第一話の時点では
主人公の性格に不安を覚えながらも出演者で楽しみ
その後は
主人公の特殊さについていけなくて
愚痴まがいのツッコミばかりの感想(苦笑)

さて最終回を迎えての感想は…
やっぱり愚痴まがいの感想だったりして。ははは。

うーん。
結局、主人公は何も変わりませんでしたね。
生まれればいい、産めるようにするのが私の使命
とばかりに独断で行動しようとして
君島先生に止められて…

小笠原に渡るのは断念しましたけど、本当に理解したのかどうかは疑問です。
多少は柔らかくなったようですが
根本的な考えが変わったわけではないですからね~。
そのうちまた蒸し返しそうな予感がします。

でもクビがかかっているのに信念を曲げないのは偉かったです。
と、一応褒めておこう。
まぁ、考えを改める度量とか柔軟さがほしかったですが。

玉木先生の進退も海外留学断念&婚約破棄で、もとの黙阿弥。
なんだったんだ…って気もしますが
自ら病院に残る決意をするために必要なプロセスだったのでしょう。
いや~、最初からこの二人の考え方は真っ二つに分かれていたので
こうなって当然だとしか思いませんでした。

教授交代やら
病院のあり方がどう変化するのか
青森に行っちゃった先生がいて人手不足はそのままで
まだまだ問題山積みな状態で最終回。
リアルと言えばそうなんですが
ドラマとしてはなんともスッキリしない終わり方でした。

最後の最後までツボ違いなドラマでした。
玉木先生が刺されたのだって
あれで終わり?
つか、まるでなかったことのようになっていてびっくりだよ!


ま、いーけど!
それより盛り上がりそうな『JIN』の最終回が楽しみです!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking