“ブラック会社”の本当の意味がわかるのはラストの一言!

最近、趣味にかける時間が不足している!
そしてストレスを感じることが続いたので立て続けに映画を観てみた。
趣味時間の不足がそもそもストレス(笑)

第一弾は、長いタイトルの映画
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
観る気はなかったのですが、『キサラギ』の佐藤祐市監督作品と聞いて
急遽、観てまいりました!

原作は2chで連載(?)された実話なんですよね?
あまり2chは利用しないもので全く知りませんでした!(爆)

“ブラック会社”って言葉も初めて聞いたのですが
雇用条件が悪くサービス残業が当たり前
能力は関係なく要領のイイ人が威張りちらし
偏見に満ち
弱い者いじめが横行しているような
劣悪な環境にある会社を指すんですね?


ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない

そんな会社に勤め、主人公が限界を感じるまでの話。
とは言い切れない。
限界を感じ、逃げ出したあとに…

これは青春物語でしょうか?
意外に熱血。
お話はわかりやすくストレート。
それだけに映画としてはちょっと物足りない。

けど、ラストは必見 です!
エンドロールが終わっても席を立たないでください!!
さらに映像が続きます!!!


行った映画館が親切で
「エンドロールの後も注目」と注意を促してくれました。
が、それでもエンドロールの途中で退席する人が、ちらほら。
もったいないぞ、君たちぃ!!


以下、ネタバレを含むので隠します。


映画としてはわかりやすくて物足りないくらいなんですが
実話ってことを踏まえると…
腹が立ちますね!(笑)


会社では仕事ができることが第一条件じゃないですか?
やればできるのか、もともとできないのかわからないような社員を
“リーダー”にするってどうなの?
それにつき従うダメ社員も腹が立つし
できる社員を“奴隷”と言い切るのも本当に腹が立つ!

ムリヤリ席替えまでして意味不明の嫌がらせ
身体的特徴を貶す無神経さ
できる社員を揶揄するような嘘話をふきこみ
新入社員にロクに仕事を教えず
急ぎの仕事をさせておいて、無意味なお使いを強要し
追い込むような状況にする。

なんの必要があるんだ?!

もー、イライラムカムカしっぱなし。
小学生レベルの嫌がらせは勘弁してください!
だいたい自分が無能なんだから
他の人を頼りにすることを前提で仕事をしているのに
辞められたら困るのは自分じゃないのか?

アワナイ。コノ話ハ生理的ニ受ケ付ケナイゾ。

と、結構前半で集中力が途切れました(苦笑)
役者さんを見て楽しむことにしました。

田辺誠一さん演じる藤田さん。
この“ブラック会社”における唯一の人格者でまともな人。
仕事においては有能で周囲への気配りもでき
なにかと主人公を助けてくれるイイ人。
演じるのが田辺さんなので絶対なにかある! と思ったんですが
最後までイイ人でした(苦笑)
有能なのにこの会社にいたのには理由がありました。
そりゃそうだよね~。

田中圭くん演じる野心家・木村
主人公よりも後に中途採用された彼は超有能。
とある大手企業に勤めていたのですが
「いずれ起業するためにも経験を!」ってことで再就職。
小さな会社ゆえ決まったこと以外にも経験ができるだろう
あわよくば会社を乗っ取ってしまえという腹積もり。
おお~、頼もしい! けど発想が黒い!(爆)
たじょーまるに続いて腹黒キャラな田中圭くんなのでした。

池田鉄洋さん演じるガンダムおたくな社員・井出
セリフのほとんどが“出典:ガンダム”だったようですが
あいにく私にはトンとわからず…

ほとんど見たことないんですよね~、ガンダムシリーズ。
それでも初代? ファーストっていうんでしたっけ?
最初のガンダムはちょこちょこ見ていましたけど
なにしろ子どものときなんで覚えていなし理解していなかった(苦笑)
もう一度本腰を入れて見てみたいですね。時間があれば。

イケテツは好きですけど、この役は嫌いです。
オタクなのはいいですよ? 私だって他人の事は言えませんから。
でも仕事をしないのはダメです。
それに>弱い者いじめになんの疑問も持たないんだもん。やだ、そんな人。
…好きな役者が、好きになれない役をやるのを見るのも楽しい
と言えないこともない、ですが。

さて主人公が「限界」を迎えたクライマックス。
「限界」のその理由はどうなんだーっ?!
と、またしてもアワナイ展開に。

その後は予想通りの展開で
これは原作通りってことなのかな~? と完全に傍観者。

ああ、ヤッチマッタナ…と諦めかけたところに!
エンドロールの後の映像!!

うわ~、そういうことか~!!!
これだね? 監督はこれをやりたかったんだね?!
と大興奮。
それまでの印象を吹っ飛ばすナイスなオチでした。

これは原作にはなさそうなオチですが、どうなんでしょう?
私はこのラスト大好きです。
私の求める“ブラック”が、ここに凝縮されていました!

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking