田之助きたーっ!

本題の前に拍手レス。
ちょうど話題がリンクしていたのでここでお礼を。

仁-JIN 10巻 に拍手コメントくれた方!

ありがとうございます!!

『花闇』お読みになったんですね!
田之助と言えばこのですよね!!
このキャラを踏襲した『狂乱廿四孝』(北森鴻)はご存じでしょうか?
なかなか面白いですよ。…『花闇』には敵いませんけど(笑)

『仁-JIN』はぜひとも、ドラマだけでなくマンガも読んでみてください。
田之助のために(笑)
とびとびなんですけど、割と出番は多いです。


改めてこの10巻の記事を読んだら
じわじわと拍手をいただけていたようで嬉しいです。
拍手をくれた方、ありがとうございます!!
そして10巻以外の感想がなくてごめんなさい(苦笑)



では本題です。


田之助と言っても当代の田之助さんではありません
幕末に活躍した3代目田之助のことでございます。
なおかつドラマ『仁-JIN 』に出てきた田之助の話でございます。

原作とはかなり離れた展開を繰り広げているドラマ。
いつもなら「原作と違~う」とテンションが下がるのですが
このドラマに関してはOKです!
だって面白いから!
恭太郎兄上の出番も多いし、竜馬の出番も多い! 嬉しい!!

ということで満足しているのですが
気になっていたのが

田之助は出るのか出ないのか?!

出ない状態でも十分楽しんでおりますが、出てくれた方が嬉しいです。
原作読んでいてもそうですから(どんだけ歌舞伎好きなんだ)
そんな私の期待に応えるかのようについに登場!
先週、絵姿が出てきたときに「これは?!」と思ったんですよね~。
うふふ~。嬉しい。けど…

わー、性格悪ーい(爆)

ええと、原作でもそうでしたっけ?
登場した時はどうだったかなぁ??
今はもう仁先生に心酔して、物凄い理解者となっていますけど、最初は…
ああ、そうだったかもしれません。
徐々に心を開いていったような気がしてきた。

そんな田之助を演じるのは…おや、歌舞伎役者じゃないんですね。
ダメなんでしょうか、歌舞伎役者が歌舞伎役者を演じるっていうのは?
まぁ、それじゃ面白くないのかもしれませんけどね。

それより白塗りが薄いのが気になります。
花魁もそうですが薄化粧ですよね。
なんで? ま、いーけど。

今週は恭太郎率が高いお話でした。

いや~、あの悪徳医師許せないですね!
そうだろうと思っていたけど、腸が煮えくりかえりました。

それを聞いた恭太郎兄上が走り出した時は
待て待て! 旗本株を売るのか?!」と焦ってしまいました。
売ったのはプライドでした。

兄上はなかなか情に篤いイイ武士です。
メガネのために父上の形見を売ったり…
正直、当主としてはどうなんだ? と思いますが、そういう人は好きです。

その説得に応じた田之助もイイ…と言いたいところですが
あの往来での寸劇はいただけないなぁ。
なにか武士に恨みがあるのでしょうか?
それが今後明らかになって「そうなのか!」という展開を期待します。

無事にお金を入手できたものの
恭太郎本人はこれで良かったのかどうか
イマイチ自信が持てなかったようですが
苦手な坂本殿に褒められ
仁先生からも感謝の言葉をかけられ、涙するシーンには泣けました。
って言うか、竜馬の真心こもった言葉にぐっときました。
うう、よかったね~。

しかし、このドラマどうやって決着をつけるんだろう??
あと数回で完結するんだろうか?
あの胎児や迎えに来た包帯男の謎は明らかになるのでしょうか?!
終わるのは悲しいですが、最終回が楽しみだ~。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking