蛮幽鬼まとめ?

千龝楽も堪能し、大いに楽しんだ『蛮幽鬼』
10月は『蛮幽鬼』に始まり、『蛮幽鬼』に終わった日々でした。

そのあたりはこちら 《サジ中心の感想》《千龝楽の感想》

が、だいぶ記憶が薄れてきた… ←忘れっぽいのだ。
いいかげんまとめておこう。

あらすじは留学先で裏切られた伊達土門上川隆也)が
復讐のため飛頭蛮と名を変えて、ついでに職業も変えて教祖として帰郷。
それを手助けするのがサジと名乗る男堺雅人)と
実は王女様・ペナン高田聖子
その従者・ガラン河野まさと)&ロクロク中谷さとみ)。

この5人が登場する場面は基本、和みの場面。
新感線でのお約束“謎の大鍋料理”と共に登場する唯一の歌の場面。
聖子さんの歌声が炸裂。
そしてなぜか歌わされる上川さん!(爆)
『天保~』で歌解禁(?)になって以来
舞台で歌う頻度が異様に高くなった気がします。

土門には婚約者がおりまして、彼の帰りを待っていたのですが
土門のした(とされる)ことを聞いて取った行動が
大王右近健一)との結婚。
彼女は左大臣の一人娘・美古都稲森いずみ)。

そりゃあ兄・調部川原正嗣)を土門が殺したと聞かされたら
待つ気持ちも失せようってもんでしょうけど
なんともドライな女です。

親友を失い、計略によって投獄された土門が復讐を誓うのが
音津空磨粟根まこと)と稀浮名山内圭哉)。
彼らは故国に帰って浮名の父・稀道活橋本じゅん)の後押しもあり
順調に出世街道を驀進して
空麿は宗教
浮名は右大臣として政治を担うポジションに。

実はそれを好ましく思わない大王と妃が
刀衣早乙女太一)を踊女・方白として送り込み様子を窺い
一方では左大臣・京兼惜春千葉哲也)の命を受けて
丹色山本カナコ)が忍び込んだりと探り合いの連続。

そこへ土門の変装・飛頭蛮が新しい宗教をひっさげて登場し
民衆の支持を受けて均衡が崩れる、ってわけです。

ていうか、サジが崩すんですけど(笑)

こっからはサジ大活躍!
主に暗黒面で!
このサジと相対するのが腹黒左大臣!!

この左大臣の考えは摩訶不思議。
娘を大王に嫁がせて後ろ盾を強大にしようというのはわかる。
けどそのために
留学先で息子を暗殺させ、娘の婚約者に罪を着せるってのは…?

確かに息子は父とは全く別の意見を持っていた。
が、「一族の繁栄のために」とかなんとか言えば説得できるんじゃないのか?
同じ志の土門がいるからそれは難しい?
だったら土門を殺せばいいのに(よくないけど!)なぜ息子を殺すのか??

変なオヤジだのう。
結局は自分が良ければすべてよし! な考えなのかな?
…権力者って子孫にまで栄光が続くように画策しそうだけどな~。
そういうのは興味ないのか?

さて、土門には親友・サジ以外にも親友がおります。
それが遊日蔵人山本亨)。
土門とは同じ職場で、同じ釜の飯を食った仲(予想)
もののふの希望の星として応援し
留学先で奇禍にまきこまれた土門をずっと心配していたナイスガイ。

飛頭蛮として現れた土門に疑いの目を向ける人なのだ。

土門としてはその正体を明かす訳にはいかない。
バレるのもよろしくない。
ことさら他人行儀に振舞うのですが、それが蔵人にはツライ。
なにしろ蔵人の目の前でサジを“親友”と評するんだもの。
じゃあ信じて待ち続けたオレは?! となりますよね…

かわいさ余って憎さ百倍!!

ってわけではないですが、最後まで手ごわい相手でした。
私にはとっとと大王の妃に納まった美古都よりも
ずっと土門を思っていた人に見えました。

実際、かなりラストまでサジと刃を交わす相手でしたし。
もちろんサジとは元同族という因縁がある刀衣が最も手ごわい相手なんですけど。

その刀衣、美古都に助けられて以来
人間らしい心を取り戻し、恩に報いるため滅私奉公中。
いや、滅私ではないか。
美古都さまを守りたい! と思いっきり私情で動いていますから。
他人のために死ねることが幸せ、と言いきっちゃう彼は
悔いのない人生だったと思います。

謎の暗殺集団の育てられた彼はサジと同様、特殊な技能あり。
敵に回したくない人です。
異様に美しい動きでまるで舞うように闘う姿が印象的。
また新感線に出てね! 太一くん!!

さて、最後の最後でサジに立ち向かうのは土門。
って、いつの間にかサジをメインに語っていますが…まぁいいや。

サジと土門は裏と表みたいな存在。
『アテルイ』のアテルイと田村麻呂が“両A面”だったのに対して
今回は“両B面”とでも言いましょうか?
二人とも“裏”って感じでした。

実は最初に観たとき
サジは土門にしか見えない存在なのでは?
と疑った瞬間がありました。
復讐に燃える精神状態が生み出した幻なのかと。
めちゃくちゃ存在していましたね、サジ(笑)

でも拠りどころを探しているサジを
受け入れる人が現れるかどうかの物語でもあったと思う
ので
幻っぽいと言えないこともない。
…と、コジツケてみた。

ラスト、土門は受け入ることができたと思うんです。
だからハッピーエンドだと思っています、私は。
 
 
しかし、燃え盛る城を逃げるサジが戦う相手は当然、城内のもののふだとして
それを追う刀衣と蔵人が戦っていた黒装束の人たちは何者?!
…まぁ、立ち回りの場面は多い方が嬉しいのでいいんですけど(笑)

それにしても死者の多いお話であったことよ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking