やった! 堺さんが直之さんだ♪

先日読んだ『 武士の家計簿』の映画化がニュースになっていました。

堺雅人&仲間由紀恵が初共演! - 時代劇映画『武士の家計簿』で夫婦役 (マイコミジャーナル)

同作は、幕末の金沢・加賀藩を舞台に
堺が演じる“算盤バカ”と呼ばれた藩の会計処理専門家、猪山直之と
仲間が演じる妻・お駒が
借金返済のため倹約生活を実行し、たくましく生き抜く姿を描く。


ソロバンバカとはヒドイ(苦笑)
でもいいの! 念願の直之さん役だから!!
やっぱねー、直之さんが堺さんのイメージにぴったりなんですよ。
成之さんでもいいんですけどね。
けど、直之さんのほうがよりしっくりくるんです。

どこまでも真面目に、それでいて人当たり良く
仕事もこなし、借金も返済する姿。
苦労をわからせない笑顔で渡り歩く直之さんが思い浮かびます。

それに直之さん役なら
金沢の希望の星(笑)となった息子・成之さんを故郷から見守りつつ
時代の変化に自分なりに適応しようと
柔軟に対応している姿が楽しめますからね。
成之さんの生真面目さからか直之さんの書いた手紙が大量に残っているので
直之さんがどう感じ、どう考えたかが分かっているんですよ。

堺さんのコメント
今回僕が演じるのは加賀藩の御算用者、今でいう経理のようなものでしょうか。
派手なチャンバラなどはしませんが
幕末・明治という激動の時代に
誇りをもって生きたひとりの侍の姿をお見せできればと思っています。


ああ、チャンバラないんだ~、やっぱりね~。残念。
でもいい! そのほうが直之さんらしいから!
誇りをもって生きたひとりの侍
そうなの! 直之さんはそういう人なんです!!
ああ、堺さんが直之さんをどう演じるのか楽しみだ~。

きちんと現実を見つめて力を合わせて生きていけば
どんな時代がきても人は生きていける
”というメッセージを込めるとのこと。
なんだか前向きなさわやかな物語が期待できそう。

森田監督のコメントに
時代の激変を腕と家族の団結で乗り越えていく姿を
今では稀な三世代家族の暖かさとユーモアも交えて描きたいと思います。

とあるので、熱血と可笑し味も期待できそうです。

これは今から本当に楽しみだ! 公開予定は当分先ですが…
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking