宵山万華鏡 (森見登美彦)

久々の森見さんの小説です。
久々って言うか、やっと2冊目ですが…(苦笑)

ちなみに1冊目は 夜は短し歩けよ乙女


宵山万華鏡宵山万華鏡
(2009/07/03)
森見 登美彦

商品詳細を見る


またしても摩訶不思議な物語。
これはファンタジー?
でも一筋縄ではいかない感じ。
超ファンタジーとでも言いましょうか。←そんなジャンルないですが。

宵山の日を舞台に巻き起こる出来事。
それらは独立しているようで少しずつ繋がっています。
短編集なのですが
登場人物が行き来して、まとめると1つの物語になります。

宵山とは祇園祭のことみたいですが…
そんな雅な言い方があるんですか?
初めて知りました。

宵山では何かが起こる。

私は“宵山回廊”と“宵山迷宮”が好きです。
同じ物事を角度を変えて別の視点から見るというのがどうにも好きで
全編そういう作りだったのですが、この二つが特に!

何がどう好きなのかは説明できませんが(ダメじゃん)
こういう感じが好きなんです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking