武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (磯田道史)

堺さん主演で映画化が決定したという本書。
それは読んでおかねばなるまい!
さっそく読んでみました。

映画公開は2010年秋だから予習には早すぎなんですが(苦笑)

ちなみに
監督は森田芳光さん、共演は仲間由紀恵さんだそうです。


武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)
(2003/04/10)
磯田 道史

商品詳細を見る


おっと、びっくり。
小説じゃなかったぞ。
学術書っつーんですかね?
真面目に江戸から明治・大正にかけての家計簿を研究した人の本でした。

著者の執念で発見された『金沢藩猪山家文書
そこに綴られた金沢藩の下級武士・猪山さんちの赤裸々な家計簿。

本来、武士は数字に疎いもの。
数字に細かいのはプライドが許さないという身の上で
こんな文書が残っていたのは
猪山家が代々、金沢藩の“御算用家”で数字に明るかったから。

この地位は身分に関係なく、世襲でもないので
出世のチャンスがある魅力的な地位。

そこで猪山家は子息に算術の英才協力を施し
第一人者となり、徐々に頭角を現すのですが
江戸時代のシステム上
どんなに仕事をしても、活躍しても報禄に直結しない悲しさ。


先祖の活躍によって収入が決まっているんですよ!
どんなにぼんくらで無能でも先祖が頑張っていれば高給取り!
世襲できるコネ入社みたいなもんだ。

そんな恩恵にはトンと縁のない猪山家がいかにしてのし上がっていくのか?!
というお話でもありました。
だから学術書とは思えない面白さもありました。

どうして武士が内職を必要としたのか
身分は上だけど貧乏なのはなぜなのかが、よくわかる一冊です。

6代綏之(やすゆき)
7代信之(のぶゆき)
8代直之(なおゆき)
9代成之(しげゆき)

この4代がメインだったんですが
堺さんはどの役を演じるのでしょう?
可能性が一番高いのは9代の成之さんだと思いますが
個人的な希望を言うと8代の直之さんがいいな~。

なにしろ将軍家の姫を金沢に迎えることに尽力※1したのも直之さん※2
おかげで出世したのは喜ばしいけど
江戸詰めが増えて出費がかさみ
その借金返済のために家財を処分するという英断を下したのも
直之さんですから。

※1この婚礼のために東大の赤門は作られたのだ!
東大は旧前田家の跡地です。
※2映画によると赤門のエピソードは信之さんだったようです。
勘違いしました。すみません…

この時の猪山家が一致団結して節約に節約を重ねた姿がもう…っ!
でも武士だから
節目のイベントや冠婚葬祭はそれなりに格式を保たねばならないのだ。
奥さんも協力的で新しい着物を我慢しっぱなし!

その努力が周囲に伝わり、借金先にも理解を得られ
奥さんの実家からも援助してもらえるという境遇になるのだ。
泣ける!

けど、もちろんきちんと借りたものは返しますよ!
そのあたりの実直さ・清廉さも周囲に伝わって信頼に繋がったのでしょう。
嗚呼、涙が…っ!

その仕事ぶり、人柄も藩主に愛され
“彦蔵”なるニックネームを直々に賜りました。
本当は彦蔵ではない。けど改名するに至りました(笑)

なにしろひと癖もふた癖もある人を相手でも円滑な人間関係を築け
私欲を持たずに細かい作業をコツコツとこなす信頼できる真面目な人柄は
後世の人にまで語り継がれるほど。


人柄に関しては成之さんも同様だったようです。
著者は“没個性”なんて酷いことを言っていますが
そんなことはないでしょう!
誰とでも仲良くできるっていうのは凄いことですよ! これは“人徳”です!!

成之さんは幕末から明治の新政府を経て海軍に就職。
出世頭です。
が、金沢出身ってことで不当に扱われたり
でも有能だから取り立てられたり…激動の人生です。

うーん。やっぱり成之さんが映画になりやすいかなぁ。
ワタシは直之さんのほうがいいんだけどな~。

割と熱血な猪山家の人々。
これがどう映画になるのか楽しみです。

せっかく武士なんだから堺さんの殺陣も披露してほしいな~。
『蛮幽鬼』で鍛えられたことですし(笑)
ま、そんな場面は全くなさそうですけど。
剣術より算術! な家系だし、戦闘中もひたすら計算していたようだから。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking