でっかくオープン

池袋の家電商戦が激しいです。

駅前の三越だったところがヤマダ電機に大変身!
私もオープン初日にいそいそと出かけ、目当ての物を購入。
しかし、あの日は人混みと熱気に圧倒されてほかのコーナーは一切見られず。
先日改めて探検に行きました。

広いですなぁ。
と、当り前の感想を抱いてしまいます。
三越ってこんなに広かったんだ~。

何がどのフロアにあるのかはわかるんですが
そのフロアのどこにあるのかがわかりません!

例えば
6階に時計があるのはワカル。が、6階のどこにあるのかがワカラナイのだ!
案内図を作って下され。
勘を頼りにひとめぐりしてしまいました。
あ、もしかしてそれが作戦?

6階にはガチャガチャがいっぱいあって
もう少しで豆しばのストラップをチャレンジするところでした(笑)

さて、このオープンの最大のメダマは…

地下1階に書店があるということ!(超個人的メダマ)

書籍という表示を見て行くとパソコン関連の書籍がずらりと並んだ
家電量販店の書籍コーナーは見たことがあります。
正直がっかりしてしまいます。

私はフツウのマンガや小説を求めていったのだ!

だったらフツウの書店へ行け! って話ですが
書籍関連のコーナーにはどうしても足を踏み入れてしまうのが
本好きのサガ。

そんな私の期待に応えてくれたのがこの地下1階の書店なのだ!

ちゃんと私が望む本屋になっていました。
雑誌もハードカバーも文庫もマンガも揃っています。
売り場面積も十分。
もちろん新刊もある! まぁ絶版本はないでしょうが…
アフタヌーンも売っていました(笑)

そしてヤマダ電機のポイントもつくのだ!

でもさすがに定価でした。
実は「安くなってないかなぁ」と期待したのだ(苦笑)
それはなかったです。デスヨネ~。

あとの問題は
カバーをかけてくれるか、否か?!

私は書店のカバーをこよなく愛するのです。
必ずカバーをかけてもらうのだ。
そしてそのまま保存するのだ。
だからそれがないとかなりのマイナスポイント。

ヨシ。買ってみよう!

本当に買ってみました(爆)
新刊のコミックを買ったのですが
習慣で平積みの山から2・3冊を手に取り、一番きれいそうなものをチョイス。
ま、そんなにかわらないと思うんですがついついやってしまいます。
ですが
レジでシュリンクされていない他の本と交換されてしまいました(苦笑)

ああ、売れ筋の新刊はそうやってストックを用意しているんですね。
シュリンクの手間を省いたいい方法だと思います。
でも私が吟味したのは無意味に…
置くスペースがあるって素敵だね! とにかく広いんですよ、ここは。

会計時にバーコードを読み取ったはずなのに
レジをやたらバシバシ打っていたのが気になります。
なにを打ち込んでいたんだ??

そして手渡されたコミックは…

紙袋に入ったカバーのないもの でした。

ああ、そう来たか~。
カバーは用意していないんですね~。
そうか~。
いくらポイントがついてもカバーがないのでは
今後利用するかどうか非常にビミョウです。

でも新しく書店が増えたのは嬉しいです!
いや、増えたのは書店ではなく家電の店のはず…(笑)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ヤマダの日本総本店行ってきました。凄い名前ですよね>日本総本店>
わたしも全く同じように、ブックカバーをしてくれるか否かを確かめる為にコミック一冊買いましたよw
しっかりと紙袋にくるくる入れられて出てきました・・・。

リブロが新しくなりましたし、池袋が元気になるのは、このご時世でいい事ですよね。

bajaさん

そうなんですよ。日本総本店なんですよね~。
これ以上はないような最上級なネーミングですね(苦笑)

>しっかりと紙袋にくるくる入れられて出てきました・・・。
やっぱり確かめてみたくなりますよね!
よかった、私だけじゃなかった(笑)
そして紙袋だったんですね…
店員による、ってわけでもなさそうですね。残念。

>リブロが新しくなりましたし、池袋が元気になるのは、このご時世でいい事ですよね。
そうですね!
副都心線開通で池袋乗り換えが減って
利用者が減って廃れていくのではないかと心配でしたが
今のところ大丈夫ですね。
しかしリブロはコミックコーナーが通り道じゃなくなったから
若干不便に…。
まぁ広くなったからいいんですけど。原画展もよくやっているし。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking