浅草歌舞伎演目発表!

…もうそんな時期なんですね(苦笑)
おや、獅童さんの名前がない。
ついに卒業者出現??


新春浅草歌舞伎
平成22年1月2日(土)~26日(火)

【第1部】(午前11時開演)

お年玉〈年始ご挨拶〉

一、正札附根元草摺(しょうふだつきこんげんくさずり)

 工藤左衛門祐経に父を討たれた曽我五郎時致(ときむね)(亀治郎)は、血気盛んな若者に成長し、父の仇を討とうと鎧を手にして工藤の館へ駆け出しそうとします。これを止めたのは名うての大力の持ち主である小林朝比奈勘太郎)。朝比奈は、五郎と鎧の草摺を引き合い、その行く手を阻みます。朝比奈が「悪身(わるみ)」と呼ばれる男姿で女の振りを滑稽に見せるのが見どころのひとつです。鎧などを引き合って力を自慢する「引き合い事」という荒事の演技を取り入れた華やかな舞踊です。


二、元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)*御浜御殿綱豊卿

 次期将軍の徳川綱豊愛之助)は、寵愛するお喜世七之助)や、江島亀鶴)たちと浜遊びに興じ、政治に関心がないよう装っています。しかし学問の師である新井勘解由男女蔵)には、赤穂の浪人たちに仇討ちをさせてやりたいとその心中を明かします。一方、お喜世の兄で、赤穂の浪人である富森助右衛門亀治郎)が浜遊びの見物を願い出るので、綱豊はこれを許し、仇討ちの意志があるかどうか探ります。やがて助右衛門は、今日の宴に招かれた吉良を襲おうとしますが、綱豊がこれを防ぎ、その軽率な振る舞いを叱り、諭すのでした。綱豊と助右衛門の台詞の応酬が眼目の名作です。


三、忍夜恋曲者(しのびよるこいはくせもの)*将門

 朝廷に反旗を翻し、滅んでいった平将門。その古御所に蝦蟇(がま)の妖術を使う妖怪が出没すると聞き、大宅太郎光圀(みつくに)(勘太郎)が征伐にやってきます。現れたのは、島原の傾城如月と名乗る妖艶な美女(七之助)。実は平将門の遺児滝夜叉姫だと光圀に気づかれると、大蝦蟇を従えて光圀に抵抗します。薄暗い廃墟に、豪奢な遊女と大蝦蟇。妖しい耽美な世界が展開されます。



【第2部】(午後3時30分開演)

お年玉〈年始ご挨拶〉

一、 奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)*袖萩祭文


 環宮が行方不明となり、その咎から平直方男女蔵)に切腹の命が下されます。そこへ父の難儀を知った娘の袖萩勘太郎①)が駆け付けます。しかし直方は駆落ちをして安倍貞任の妻となり、瞽女(ごぜ)に零落した袖萩に対面を許しません。そこで袖萩は祭文を語り、父母へ許しを乞います。やがて直方は切腹し、袖萩も自害します。ここへ桂中納言が現れ、直方や袖萩に哀れみの言葉をかけて立ち去ろうとしますが、源義家七之助)はこれを安倍貞任(勘太郎②)と見破ります。そして義家と貞任は戦場での再会を約束して別れるのでした。
 安倍宗任愛之助)も大暴れ。


二、猿翁十種の内 悪太郎(あくたろう)

 安木松之丞愛之助)に大酒飲みで酒癖が悪く、周りに迷惑をかけることで悪太郎亀治郎)と呼ばれている甥がいます。悪太郎は今日も酒に酔い、通りかかった修行者の智蓮坊亀鶴)に修行の話を所望したり、薙刀の話を聞かせたりと困らせます。松之丞が度々意見しても、聞く耳を持たないので、松之丞は太郎冠者男女蔵)と一計を案じます。悪太郎の痛快な腕白小僧ぶりが楽しい歌舞伎舞踊で、最後の念仏踊りは舞台の奥行きを十分に生かした見応えある舞踊です。


第1部のほうが亀治郎率は高いですね。
でも第2部の『悪太郎』が猛烈に楽しみなんですけどっ!!
と言ってもこの演目は観たことがないんですが(苦笑)
亀治郎さんの盛りだくさんな新演出が期待できそうじゃないですか!
ああ、楽しみ~♪

とはいえ、『正札附根元草摺』の勘太郎さんとの舞踊コンビも
『御浜御殿綱豊卿』も楽しみです。
なにしろ
“綱豊(愛之助)と助右衛門(亀治郎)の台詞の応酬が眼目の名作です”
って言われていますからね。
そりゃあ観なくてはいけないでしょう!


あと気になるのは12月の歌舞伎座!!
クドカン脚本の歌舞伎がついにお目見え…!!!

歌舞伎座さよなら公演 十二月大歌舞伎
平成21年12月2日(水)~26日(土)

【昼の部】

一、操り三番叟(あやつりさんばそう)
  三番叟:勘太郎/翁:獅童

二、新版歌祭文 *野崎村(のざきむら)
  お光:福助/お染:孝太郎/久作:彌十郎/久松:橋之助

三、新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん )
  山蔭右京:勘三郎/奥方玉の井:三津五郎

四、大江戸りびんぐでっど(おおえどりびんぐでっど)
  染五郎/七之助/扇雀/勘三郎 他


【夜の部】

一、双蝶々曲輪日記*引窓(ひきまど)
  南与兵衛後に南方十次兵衛:三津五郎/濡髪長五郎:橋之助/お早:扇雀

二、雪傾城(ゆきけいせい)
  傾城:芝翫/勘太郎/七之助/児太郎/国生/宗生/宜生

三、野田版 鼠小僧(のだばんねずみこぞう)
  棺桶屋三太:勘三郎/お高:福助/與吉:橋之助/大岡妻りよ:孝太郎
  稲葉幸蔵:染五郎/目明しの清吉:勘太郎/おしな:七之助
  番頭藤太郎:彌十郎/おらん:扇雀/大岡忠相:三津五郎


楽しみだなぁ『大江戸りびんぐでっと』!!
ここには名前がありませんが獅童さんも御出演されるらしい(後援会情報)。
で、勘太郎さんは…? なんで名前入ってないの?!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

全部行きたいんですけどーー!!

私はどうしたら良いのでしょう(爆)

ただ、12月の歌舞伎座は取れないかもな・・・と既に戦意喪失ですよ~~~。

浅草は浅草で、昼夜選べないくらい面白そうだし(※もう5年前くらい??の納涼歌舞伎で、染五郎さんが綱豊の元禄忠臣蔵見たんですが、既に他の事は忘却の彼方でして。)そして、1月はここに国立劇場も絡みますよねぇ??

いやぁ困ったな~~~。

ゆかぼんさん

毎年1月は盛りだくさんですよね~。
そう。国立のシャチもあるし!
歌舞伎座がどう出るのかも要注目ですね!

でも私の一押しは浅草です!!
『忍夜恋曲者』は亀治郎の会で使われたドリフセットを
使いまわすのか?! というのも気になるし(笑)

12月は、確かにチケットゲットの難易度が高そうで困ります…
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking