武士道エイティーン (誉田哲也)

武士道シリーズ完結編。

シックスティーン、セブンティーンと続いた香織早苗の武士道探究。
つまり高校の3年間の物語なのですが
武士道とは何か
武士とは、道とは何か
ということが問われ続ける物語でした。

これは一気に3冊読むと面白いかも!
この完結編は凄かった!!


主人公二人の話だけでなく
サブキャストにもスポットをあてた章があり
これが…

壮絶!!

下手すると本編よりも読み応えがありそうな物語でした。
桐谷道場の秘密が特に…ゾクゾクしました。

人に歴史あり!

このあともみんなそれぞれの人生を歩んでいくのでしょう。
武士道という言葉を使っていない人でも道を歩むことに変わりはなく
それが信念に基づいて決断したことなら
武士道に通じるものなのかもしれない。
そう思わせるお話でした。


武士道エイティーン武士道エイティーン
(2009/07)
誉田 哲也

商品詳細を見る

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「武士道エイティーン」誉田哲也

高校時代を剣道にかける、またとない好敵手。最後の夏、ふたりの決戦のとき。新進気鋭が放つ痛快・青春エンターテインメント、いよいよ天王山!わたしたちは、もう迷わない。この道...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

てっきり完結編と思い込んで読んだのですが、
それにしては中途半端な感じがしました。
外伝でも何でもいいので、期待して待ってます。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

藍色さん

コメント遅れてもうしわけないです。

中途半端でした?
私はわりと満足しました。
…したような記憶があります。
ずいぶん前に読んだ本なので詳細忘れてしまいました(苦笑)

コメントありがとうございました!
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking