朝ドラ『つばさ』が面白かった

当ブログにおける朝ドラ『つばさ』感想完結編

どうやらこのドラマ
朝ドラで最低期間平均視聴率(13.8%)をたたき出したようです。
まぁ、なかなか一筋縄ではいかないドラマでしたからね
拒否反応があるのもわからなくはない、かな。

この感想も本来なら“朝ドラ『つばさ』が面白い!!”の“その5”に
なるはずだったのですが
“面白かった”と過去形なのは終了してしまったからというのと
…残念なことにラストの1週間の展開は~
私の期待と異なっていたので「面白い」と言い切れないのです(涙)

これまでの朝ドラ『つばさ』関連の感想
実は見ています。朝ドラ『つばさ』/番外・東京セレソンデラックス『流れ星』
朝ドラ『つばさ』がおもしろい!! その1その2その3その4


ええと、初めに断っておきますが
私は 真瀬贔屓 です!!
ずーっと真瀬(とつばさ)のために見続けてきました。
だからあの結末に不満があるのはお分かりいただけると思います!!

そんなわけで不満たらたらの感想になるかと思うので隠します。

唐突な真瀬佐賀行きの打診から始まった最終週。
あのテレビ番組を見てコミュニティ放送を始めようとしていた佐賀県から
「手伝って」と依頼されました。

男気溢れる真瀬としては頼まれたら断れません。
でもここにはつばさがいる。

というわけで、つばさに「ついてきてくれないか」と告白!
キターっ!!

えーっと、本当はユウカちゃんの
つばさと一緒じゃなきゃ行かない」という言葉にも後押しされて
ユウカとオレと一緒についてきてくれないか
だったんですが、まぁ言っていることは同じなのでいいじゃないですか。

当然、揺れるつばさの心。

そこへ翔太旅立つことが決まりました。
そうですか。
ブラジルへ、サッカーの勉強に。頑張ってきてください
翔太に関してはスルーの構えで(笑)
この時はまったく気にも留めていませんでした。

普通ならこの二つの出来事を中心に展開していくと思うんですが
このドラマは違います。

両親の結婚式というイベントで大賑わい。
近所の人総出でお祝いしてくれました。
その前後に
アサコさんがヒロリンにホの字(表現古い…)なのがわかったり
マリから知秋へのデート(?)の誘いがあったり
キナコさんたちの顛末が語られたりしてまとめモード全開。
あ、鈴本スーパーの奥さんは最後まで顔出しはしませんでしたね(笑)
…でもこのあたりもあまり興味がないのでスルーで。

まぁ、カノコさんとつばさのわだかまりが解けたのはよかったです。

そうそう。もちろんサンバも登場
真瀬も踊っていましたね。
ドラマ開始のころは踊っていなかったはずですが
どこかで吹っ切れたのでしょうか?
でもアップにされたのが翔太の後ってところに「む?」と引っかかりました。
思えばここらへんからヤな予感がしてきたのかも…

その後、どこまでも続くトロッコの摩訶不思議な描写があり
完全においてけぼりな私…
な、なんだそれは?! 川越のどこにそんなトロッコがあるというのだ??
そのトロッコの終点は「幸せ」だそうで。
へー、そうなの。
つまりカノコさんとタケちゃんは幸せにたどり着いたのね…お幸せに~
とムリヤリ納得。

さらにラジオの男との別れも。
えー?! この人に関してはずーっといるもんだと思っていたよ!!
そうなの、消えちゃうの…。寂しい。
もともと母親との確執で生み出されたキャラなので
その原因が解消されれば存在し続けられなくなる、らしいです。

どうやら違う次元に存在するようで
つばさが生み出した歪みがなくなるので本来の状態になってしまうようです。
お互いのことを視覚で確認できなくなってしまうんですよ。
この別れが一番悲しかったかも(苦笑)

すべてのカタがついて、つばさが向かう先はラジオぽてと!
早めに出勤して答えを出すつもりです。
ユウカとともに現れた真瀬。
まずはユウカに言葉をかけるつばさ。

ラジオぽてとのおかんだから佐賀へは行けません。

えー? なにそれ?!
そんな言葉を聞くために今まで見続けてきたわけじゃないぞ!!

ヤダ

間髪入れず、ユウカちゃんのナイスな返事。
いいぞ、もっと言え!! 駄々を捏ねろーっ(爆)
あ、そうか!!
ユウカちゃんのおかんじゃなくて私は真瀬さんの妻だから
って言うのか?!
その期待は…妄想に終わりました(涙)

それどころか、ユウカちゃんには返事をしたのに
真瀬には何も言わんってどういうことだ?!
理解できない~。これで伝わるでしょ? ってこと?!
そりゃさらにハッキリ言われるのは真瀬にとって大打撃かもしれないけど
ここはどう考えても
“ユウカのおかん”よりも“真瀬のパートナー”として
答えを出すべきでしょう?!


かつて
お前かキネマ、どっちかを手放さなきゃならないなら
俺はキネマを手放すよ

とまで言ってくれた人に対してこの仕打ち…っ!!
夢であり仕事場でもあるキネマを手放す決意をした真瀬に対し
仕事を選ぶつばさ。ええ~…?
ここは「待ってます」じゃダメだったのか?!

この真瀬への態度も不可解でしたが
もっと謎なのがこのあと!

ブラジルへ旅立つ翔太の元へ現れるつばさ。
ここまではいいですよ。
再会した幼なじみとの別れを惜しむのも当然ですよ。
でも…

思い出のサッカー場でボールを蹴る二人
  ↓
幸せに続くトロッコに乗る二人の心象描写(もしくは妄想?)
  ↓
抱擁&お姫様だっこ?!

なんだそれ、なんなんだ、その結末!!!!
ちょっと待て、それはないでしょ?!
いつの間にヨリが戻ったの? 全然納得できない!!!


そしてもっと納得できないのが佐賀の場面だっ!

佐賀に到着してユウカと二人で周波数探しから始めた真瀬
懐かしい風景です。
隣にいるのがつばさじゃなくてユウカなのが悲しいですが
険悪だった娘と仲良くなれたんだから、それはそれでヨシとしよう。

しかし佐賀の人は真瀬を呼び寄せておいて全部押しつけたのか?
誰も手伝いに来ないってどういうことさ?!

そこへ登場する一人の人物。
気づいたユウカが嬉しそうに駆け寄ります。
え? つばさ?!
と、まだ望みを捨てきれない私。諦め悪くてスイマセン…(苦笑)

つばさじゃありませんでした。ミチルです。

これにも「ハァ?!」と思わざると得ません。
だって…君たち“戦友”じゃないのか?
同じ思い出と志を持ったライバル兼友達だと思っていたのですが違うの?
それにミチルは忙しいんじゃないのか?!
わざわざ佐賀まで何しに来た?!


ヤダー、こんなラスト(悔し泣き)


まったく納得できない。
今までのはなんだったの?!
この結末に向けてなら今までの展開は…謎だらけなんですけど。

増水した川で溺れたつばさを助けたのは真瀬
その時、翔太との思い出のストラップを手放したつばさ
無意識とはいえ、真瀬に縋りついたのは重要な意味を持っていたと思ったのに。
いや、無意識だからこそ重要なんじゃないですか!
翔太との別れにやけっぱちになっていたつばさを見守り宥めたのも真瀬
そのおかげで立ち直ったのに!
それにぽてと存続の危機を二人で乗り切ろうとしていた時に
つぶやいた「真瀬さん」はなんだったの?!

翔太も謎なんだよな~。
これは私が翔太に関してあまり気にしなかったってのもあるんですが
サッカー選手としての道を断念したのはまぁ、わかる。
諦めよすぎだと思いますけど
もっと夢に向かって限界までチャレンジしろよ! と思いますけど
そこはいいです。
けど、再就職先が川越っていうのが…
つばさのそばにいたいだけなんじゃないの~? と勘ぐってしまいます。
しかもヒロリンのとこに就職ってのがさー
“初恋は実らない”の暗示っぽいじゃないですか。

ぽてと存続のときの考え方を見ていると
あくまでも戦って勝利しようとする翔太
みんなが幸せになる円満解決を望むつばさではベクトルが違いすぎると思う。
いち早く切り替えた真瀬のほうがつばさの意に沿っているのに
なんで今更、翔太を選ぶのか理解に苦しむ。
だいたい翔太はヒロリンのために手伝っていたのではないの?
実はつばさのため、だったの??
ごめん、そういう風に捉えなかったよ。真瀬に夢中だったから(苦笑)

どう考えても苦楽を共にした真瀬のほうが“絆は深まった”ように思えるのに
なぜ翔太?!

どこでどう“絆が深まった”のか教えてほしい!!
かつて暴言吐きまくりで逃げるように去ったことや
目の前で真瀬に「つばさのこと頼みます」って言っていたことに対して
つばさは許したの?!
私なら信用できない。それに不愉快じゃないのか??

嗚呼、もうっ!
ほんと残念な結果になってしまいました。いろんな意味で。
最後にこの言葉で締めたいと思います。

つばさ、見る目ない!!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking