四季賞 2008年冬&2009年春

今月号のおお振りの感想も本誌の感想もほったらかしで
過去の付録の『四季賞』を読みました。

何をしているのか…っ!

読んだつもりだったんですが、読むつもりでよけておいただけで
実は読んでいなかったんです。
部屋を片付けていたら本の山の下から発掘されたのを機に読んでみました。
このポータブルサイズなら電車のお供にもできるしね。


2008年冬

亜空耳 (桜井画門)

これ、面白い!!
絵も見やすいし、話もわかりやすい。
少年マンガちっくだ。つくづく戦う話が好きなんだな~、私(苦笑)

設定が明確でいいです!
イッチャン(一蔵から勝手に愛称)の年齢の謎にも明確な理由があるし
行動にも理由がある。

そしてなんという孤独!!

この話、続きあるよね?
まだあと2匹いるし、ほかにも退治できそうだし
剣にも物語がありそう!
生きている植物が切る道具っていうのも面白い。

あの剣、しゃべればいいのに~。
吸血鬼ハンターにおける左手(あれ? 右だっけ?)のように
ラスにおける紅蓮姫のように!

ぜひとも続きを!


ヨブケモノ―喚獣― (小林崇人)

ズィガフちょうかっこいい~。

異世界同士、両方を行ったり来たりするのがおもしろかった。
“ヨブケモノ”ってどっちにも当てはまるなぁ。


監視員 (竹内ていじ)

神様の話。

うん。まぁ、神様って結局こういう存在かもしれませぬ。
よくわからないけど。



2009年春

NO MAN IS AN ISLAND (丹羽麻里子)

なんて不器用な狂犬!
あ、不器用だから狂犬になってしまうのか…
体当たりで突き進む狂犬に幸あれ。


害虫駆除局 (田中雄一)

足多い生き物って不気味です。
十二脚虫なんてのがその辺にいたら…うぉぉ耐えられん。

そんな突然変異の巨大な十二脚足に愛着を持つ男。
研究してどれがどんな特徴を持つか、希少価値があるのか
などに精通している男です。

…えー、人間襲うんだよ? それでも助けたいと思うの? すごか人じゃ。

もしかしてこの男が共存への道を見出す話? と思いかけましたが
そんな甘い話じゃありませんでした。


ドッヂ (田川ミ)

お、珍しい。SFでもファンタジーでもない普通設定のお話だ。
主人公は小学生。
ドッヂボールの大会に向けて懸命な主人公たち青春です。

西間木と他の子の温度差が空しい…
でも昼休みはともかく放課後まで強制するのはよくないと思うぞ。
相談してから決めなされ。

ヒールを演じるなんて!
どういう小学生だ?! 恐るべし、佐藤

予想通りの展開でしたがじわりときました。
こういう話、好きだなぁ~。


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー
※おお振りだけの感想はカテゴリーの“おお振り”が便利です。

2009年
9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/5月号おお振り編それ以外編/4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking