MW VISUAL BOOK

写真が多いな! さすがVISUAL BOOK!!

言わずと知れた手塚治虫原作の映画『MW』のVISUAL BOOKです。
友達が持っていたので借りました。


MW VISUAL BOOK (ぴあMOOK)MW VISUAL BOOK (ぴあMOOK)
(2009/06/19)
不明

商品詳細を見る


半分以上が写真です。
それも主演の玉木宏山田孝之が大半を占めます。
もはや、この二人の写真集といった趣です。
それならそれでいいですけど(笑)

後半に主演二人と監督へのインタビューが載っていました。

そうなんですか、玉木くんのキャスティングがありきで
この企画が動き始めたんですね。
そんな玉木くんの結城に賭ける意気込みは半端じゃなく
体を絞ったこともそうだし、準備万端で役者の鑑のような行動でした。
たしかに結城に汗は似合わない。
そして歩き方まで作っちゃうなんて!
はまり役」にして「役作り完璧」とべた褒め。

山田くんの演技ありきで神父のキャラが語られているのですね。
賀来の役作りはコワイ(笑) 入り込み過ぎです。
そういえば『クローズZERO』の時も似たようなことを言われていたなぁ。
『鴨川ホルモー』の撮影直後から賀来に切り替えって凄すぎるよ…

てゆーか、二人は『ウォーターボーイズ』で共演していたのですか?!
そうでしたっけ??
山田くん主演のドラマ版に先輩として佐藤が登場したんですか…
そうだったっけか??
確かに映画版から先輩が登場していましたけど
それが佐藤だったのかどうか(悩)
いや、二人が「そうだ」というならそうなのでしょう。

以下、私が気になった部分を抜粋。

 結城はその悪魔的魅力から教会を追い出される
うーん。
“悪魔的魅力”の部分はいいんですけど
追い出す神父ってのが信じられません。
迷える子羊を導こうとするのが神父じゃないんですか?!
そんな神父すらも陥落させてしまうほどの魅力ってことですか?

 会席に居合わせた大臣の孫娘も思わず見惚れるほど
“見惚れる”に関してはいいんですけど
あの振袖の孫娘、たまたま“居合わせた”だけなんですか?!
てっきり将来有望な結城との見合いを兼ねた場なんだと思っていました。
じゃあなんで振袖なんか着て気合い入れてたんだ~?

 賀来にとって結城は生きる糧にして枷なのだ
誰がうまいこと言えと…(苦笑)

 16年前、結城はなぜ賀来を助けたんだと考えました?
――ですよね。
この質問にこう答えたのは結城を演じる玉木くん
ああ、そうなんですか、愛なんですか。
逃げないとやばい。あの瞬間逃げられそうだったのはあの二人だけだったから。共に逃げると決めたなら最後まで守らないと。だって年上だもん。
という程度のことだと思っていました。

 すべては愛のせい。
まぁ、察しの悪い人はわからないかもしれないけどわかると思うんですよね。

そう語るのは賀来神父を演じる山田くん
愛のせいだったんですか…
ごめんなさい。察しが悪くて(がくり)

 『MW』は、結城と〈MW〉と賀来の三角関係
こうおっしゃるのは監督
うーん。
無機物の〈MW〉と賀来がいかにして結城の愛を勝ち取るかって話ですか…
そんな「私と仕事、どっちが大事なの?!」的なことを言われてもねー。
次元が別じゃ! と言いたいのですが
この場合は成立するんでしょうか?
結城の復讐心をとめられるかどうかの瀬戸際と解釈すれば…どうかな?


なかなか奥が深いインタビューでございました。
三者三様に「この話は“愛の物語”である!」と語ってくれました。
そ、そうでしたか…


ところでDVDは通常版のみの発売ってほんとですか?
私は当然“通常版”と“スペシャル版”があるんだと思っていたのですが…
なんだかガッカリ。
インタビューとか撮影秘話とかNGシーンとか副音声とかメイキングとか
もりもり特典映像がついているのがほしかったのに!


当ブログにてこれまでの映画『MW』に関して語られた記事は以下。
試写会編ドラマ第0章映画館編
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

すべては愛のせいなのよ~

この本、一時は品切れで。
入手困難な状態が続いたんだよね。
原作本・グッズも売れているのに、DVDは通常版のみの発売なのよ!!
少々高値でも、特典満載のスペシャル版を出したら、売れると思うのですが。
制作サイドはあまり売る気がないのかなぁ。

>だって年上だもん。
え、そうだったの?二人とも苗字呼び捨てだったから。
私はてっきり同い年の幼馴染だと思ってたんだけど。
でもあちこちのブログを読むと、神父が年下と書いている人が多いんだよね。
俳優さんは3歳違いですが、映画では年の差設定あったっけ?

>無機物の〈MW〉と賀来がいかにして結城の愛を勝ち取るかって話ですか…
この解釈でいくと神父は凄い恋愛脳な男で、
映画は国家を巻き込んだ壮大な痴話げんかになっちゃうね(笑)

ふじふじさん

これが品切れだった本でしたか…。
友達は普通に本屋で購入したそうですが、補充されたあとだったのかな。

>少々高値でも、特典満載のスペシャル版を出したら、売れると思うのですが。
ですよねぇ。私は買うぞ! つか、スペシャル版を買うつもりでいたぞ!!
商売下手だなぁ(苦笑)

>私はてっきり同い年の幼馴染だと思ってたんだけど。
設定は知らないけど、子どものときちょっと体格差があったようだし
実際、玉木くんのほうが年上だったから
なんの疑問にも思わず結城のほうが年上だと思っていました。
呼び捨て云々に関しても幼馴染って年齢関係なく呼び合いませんか?
つーか、幼馴染なら苗字じゃなく名前で呼べよ! って話ですが(苦笑)

>この解釈でいくと神父は凄い恋愛脳な男
だから神父を理解できないんだよなぁ。
私は色恋はさておき、目的に向かって突き進む人の話が好きだから~。

アフロじゃなかったけど。

>山田くん主演のドラマ版に先輩として佐藤が登場したんですか…

OBで大学二浪中という設定で玉木くんが出演してましたよ☆
山田くん達後輩を励ましにくるんですけど、
すごいテンション高くてどこかトボケてて、いい味出してました(笑)

なーこさん

ああ! アフロじゃないから記憶にないのか~ ←それもどうかと…(苦笑)
映画でアフロが燃えた時は大笑いしました。
あのままアフロは消滅してしまったのが悔やまれる(え?)
ボウズも良かったですが(笑)

ドラマにすごく協力的な先輩が登場したのは覚えているんですよ。
それが佐藤だったかどうかが未だに思い出せない(爆)
当時はさほど玉木くんに興味がなかったらしい…
ドラマを見ていた時は森山未來くんと石垣佑磨くんに大注目だったからな~。
プロフィール

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking