設定はデジタル、でも展開はアナログ。それが『サマー・ウォーズ』

とうとう映画館でアニメを見てしまいました…

いいんです!
だってアニメ版『時をかける少女』の細田守監督の最新作ですよ!
あれはとびっきり面白かった!
勢い余って原作や大林版の映画まで見てしまったほどだ!!
そのあたりの感想はこちら 時かけ祭

今回、この映画を見るにあたって特に予習はしませんでした。
…関連番組を見逃した、とも言いますが(笑)

事前に知っていたのは
歌舞伎俳優・中村橋弥さんが声優で参加していることのみ!
コクーン歌舞伎を観にいった際、『サマーウォーズ』のチラシが置いてあって
なぜにこれがここに???」と疑問だったので調べたら
声の出演をされていたという衝撃の事実!


サマー・ウォーズ

橋弥さんのお役は陣内邦彦
……どれっ??
観終わった今でもどれだか分りませんっ!

だって、“陣内”って名字のキャラはたくさんいたんだもん!
名前まで把握できなかったよ~(泣)
ちなみに“ジンノウチ”と読みます。

その陣内家になりゆきで滞在することになった
高校生・小磯健二神木隆之介)が主人公。
一見ごく普通の高校生ですが、あと一歩で
“数学のオリンピック”日本代表に選ばれそうになるという頭脳の持ち主。
なぜあと一歩だったのかは…ケアレスミスが原因みたいですよ(苦笑)

ですが、この主人公よりも注目すべきは陣内家の人々!
ここのお婆ちゃん・富司純子)が女傑なんです!
ばあちゃん、かっこいい~♪
日本が大混乱になった時も冷静に対応。
さすが、武田家に仕えていた陣内家の末裔・十六代(だっけ?)当主!!
完全に主人公を食う活躍を見せた後、静かに退場。

そのあと活躍するのは他の陣内家の面々。

ああ、このあとは映画館で実際に観て確認したほうがいいでしょう。
ものすごく言いたいけど!
でも余計な先入観なしに観たほうが絶対楽しめます!!
めちゃくちゃ面白いのでお薦めです!!!

なんだろう? これ??
という伏線が「おお! そういうことか!!」と繋がったり
それぞれに見せ場が用意されていて
さらに「ここでこう来い!」と念じるとその期待に応えてくれる
気持ちのいい映画です。

これは泣ける。燃える。感動する!
高評価に納得です!


はいつのまにか仮想空間OZの住人になった気分でした。
完全に参加していました!


私はゲームを一切しないから
仮想空間OZの設定についていけるのかどうかが不安でしたが
まったく問題ありません!
ヴァーチャルな空間ですが、やっていることは熱血。
それも絶対悪を叩きのめすためにみんなで力を合わせて戦う、という
天下無敵の王道展開

登場人物が多いのが難点ですが、意外に平気です。
それぞれ個性がありますから。
私はカズマ師匠自衛隊の人がお気に入り。
あと派手に地道に孤独に戦っていた投手
それに、ばあちゃん
地道にサポートしてくれた友達も忘れちゃいけません。
あとすべてのきっかけになった主人公も!
しかしなんといっても胸が熱くなるのは花札の達人・夏希!!

やっぱ半端じゃないな、陣内一族。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking