南極には細菌がいないんですって!

堺さん主演の映画『南極料理人』を観てまいりました。

公開を待って初日(22日)に観たつもりでしたが
新宿では先行公開していた、というオチ(苦笑)
まぁいいです。どっちにしろ友達と予定が合わなかったから(負け惜しみ)。

それにしても前売りゲットするのに難航しました。
どこにも売っていないんだもの。
なんとぴあだと発券してもらえる、というシステムでした。
ぴあチケットの用紙で映画の前売りを買える、という…
なんとも摩訶不思議な感じをうけました。
ま、いいです。ゲットできれば。写真なしでもなんでも(負け惜しみその2)。

一応初日の初回で見ようと思ったのですが30分前に映画館に到着して
すでに席が最前列と前方の端っこしか残っていなかったので
「次回で見ませう」ということにしてど真ん中の席をゲットしたのですが
初回は監督&原作者の舞台挨拶つきでした。
だから人気だったのか…
まー、いいです。堺さんじゃなかったから(負け惜しみその3)。
くそう。挨拶は上映後だったから裏話とか聞きたかったぞー!

と、なんだか下調べが万全じゃない状態で観たわけですが
それなりに楽しみにしておりました。
あらすじや堺さん以外の出演者とか調べませんでしたけど!
つまり堺さん主演だから、という理由だけで観てきたんですが

おもしろかったです!

なにが起こるってわけでもないんです。
南極のふじ基地にて共同生活を営む男8人のごく普通(?!)の物語。

細菌すら生息できない極寒の地。
昭和基地よりさらに内陸のペンギンもアザラシもいない見渡す限りの雪原地帯。
ミステリなら閉ざされた空間という絶好のシチュエーションですが
そんな派手な展開はありません。

淡々としているなかに笑いがあり
極限状態において様々な表情をみせる8人の男たち。
平常心を保つ人、楽しみを見出す人、逃避を試みる人、奇行に走る人…
悲喜こもごもでした。

堺さんの役は、タイトルからもわかる通り調理担当。
役名は忘れました…あ、ニシムラだったかな?
たしか海上保安の人で、もともと南極に派遣される予定ではなかった人。
ですが、不慮の事故により半強制的に参加することに。
家族を置いて何年も単身赴任することに難色を示したのですが
家族から明るく見送られて参加することになりました。
この家族は素敵です。
にじみ出る愛情と信頼で結ばれたナイスな家族!

なりゆきで参加を余儀なくされたはずなのに
極限状態において抜群の安定感を見せる料理人。
終始、安定した精神状態でした。
そのあたりはもともとの人柄もあるでしょうが、訓練を受けた人ならでは。
そんなところを見込まれたのか何かと信頼されている人なのだ。
堺さんにぴったりのいいキャラだ!
料理をふるまいながら「おいしい?」と口に出して聴くことなく
食べるみんなの様子をうかがうところがいいです。

そんな彼をとてつもなく落ち込ませる出来事が(笑)
笑いごとではないんですけど、あの落下の場面は笑いました。
私、このノリ好きです。
あ~あ。したのハなのに」というつぶやきもツボ。私もそう思った!
ネタバレにつきひらがなとカタカナを駆使してみました。

こんな料理人を中心に単なる仲間から家族になる様子はこれまたツボ!
特に料理人・堺さんの“お母さん”っぷり(その割烹着どこから?!)と
食卓で新聞を広げる“お父さん”な生瀬勝久さん(挨拶しつこいよ・笑)
それを注意する“お婆ちゃん”なきたろうさん(いるだけで妙にオカシイ)
それ俺のジャージ! と抗議の声を上げる“末っ子”高良健吾くん(彼にはドラマが)
マイペースな“次男(くらいか?)”豊原功補さん(一番南極ライフを楽しんだ人)
いいチームワークでした!

笑いもありましたが、最後にはじわりと涙が。
“カノジョ”が来ていた時には妙に嬉しかったです。
そっちか!」とも思いましたけど。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

南極料理 レシピ

【送料無料選択可!】「南極料理人」サウンドトラック / サントラ (阿部義晴/ユニコーン)商品価格:1,575円レビュー平均:0.0 「南極料理人」 | ハピネス道「南極料理人」. JUGEMテーマ:映画. 主役は料理 美味しそうなものは美味しそうに、 不味そうなものは不味そうに

コメントの投稿

非公開コメント

そういう内容、好きです(^0^)

イイですねぇ~~~『南極料理人』!!

最新号のPHPスペシャルだったか、別冊PHPだったか、コンビニで見かけましたが、ちょうど堺さんのインタビューが載ってたんですが、言われていることにいちいち納得させられました。

そういえば、6月に渋谷のシネクイントで「鈍獣」見たときに、「クヒオ大佐」だったか、実在した詐欺師を堺さんが主演した映画のチラシ見たんですけど・・・・・・まだ上映されませんかねぇ??

ゆかぼんさん

おもしろかったですよ。お薦めです。

堺さんは“役者”ですからね。
がっつり役作りするからお話も深いですよね~。
『蛮幽鬼』も楽しみです。

『クヒオ大佐』はたしか10月公開だったような…。
ツケッ鼻で挑んだんですよね(笑)
これも面白そうです。楽しみ~♪

前売り買ってきます♪

新潟市と長岡市で同期間上映しているゲキ×シネ「五右衛門ロック」を危うく見逃しそうになり(←17日までだったのです!!)慌てて調べた映画館HPにて「クヒオ大佐」の前売り情報が載ってました。

缶バッジが貰えるようなので、買ってきます(爆)

ゆかぼんさん

お、ゲキシネご覧になったんですね?
どうでした? 素敵だったでしょう、ギター侍!!

『クヒオ大佐』の前売りにはおまけがついているのですね!
私も…と思ったけど、上映館を調べてから買おう。
だって松竹系で公開だったら歌舞伎会の特典で1000円で見られるから~♪
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking