セレモニー黒真珠 (宮木あや子)

書店でタイトルにひきつけられました。
セレモニーという華やかそうな単語に黒真珠というやや不吉な単語。
これは…と手に取り帯を読んだところ

セレモニー=葬儀

ってことがわかりました。
なるほど。それなら黒真珠で正解です!!


セレモニー黒真珠 (ダ・ヴィンチブックス)セレモニー黒真珠 (ダ・ヴィンチブックス)
(2009/03/25)
宮木 あや子

商品詳細を見る


よくトラバしてくれる藍色さんもご推薦のこのお話。
読む前からかなり期待値が上がっていました。

おお、おもしろいな!

なんだか久しぶりに小説で泣いたり笑ったりした気がいたします。
文章が軽妙なんですよ。
葬儀に携わる仕事をしている人々の死と密接にかかわるお話なのに
なんとも楽しい表現。
もちろんいい人・いいことばかりではないのですが
そのあたりも含めて、重苦しくならないのは魅力だと思います。

セレモニー黒真珠”で吹き出し&泣き
木崎の秘密”で木崎にメロメロになり
主なき葬儀”で世の中の恐ろしさを感じ
セレモニー白真珠”で典夫の気持ち悪さに震え
あたしのおにいちゃん”で木崎のモテモテぶりにニヤリとし
はじめてのお葬式”でぽろりと泣きました。

メガネ男子・木崎の飄々としたズレッぷり&不思議っぷりを筆頭に
キャラクターがよいです。

笹島ねーさんカッコいい!
妹尾さんかわいい!
鴨下さんいい人!
社長ユカイ!

“主なき葬儀”と“セレモニー白真珠”でのTEAMっぷりがツボでした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最近予約入れた本だ!!

先日、たまたま図書館で手に取った雑誌(※確か日経WOMAN)にこの本をオススメしている方のコメントを読んだんですよ。

まるあさんがオススメなら………益々楽しみです(^O^)早く電話来ないかな♪♪

ゆかぼんさん

おお、雑誌にコメントが?!
そんな話題の本だったとは…(笑)

葬儀屋さんのお話ですがじめじめしてなくって読みやすいです。
乞うご期待!
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking