朝ドラ『つばさ』が面白い!! その3

いいかげん終わりにしたいぞ! がんばれ私!!
と、自分にエール。

おかしい…(悩)
最初は1回分の予定だったのに“その3”ってどういうことだ?!
単に読みが甘いだけ?

前回までの感想はこちら その1その2

ひとまず、この“その3”で終わりです。
また語りたくなったら語りますけど。


キナコさんの元を尋ねて長瀞までやってきたつばさ知秋の姉弟コンビ。
この弟はどんだけ姉が好きなんですか?!
カノコさんが帰還したときもそうでしたが
ちょっと過剰なくらいの姉弟愛を感じます。

この同行もひたすら「姉ちゃんのため」なんです。
知秋…なんて優しい弟なのっ!
とはいえ、それなりに打算もあるようですけど。それは当然でしょう。
現状打破しようとするその心意気が好きなのだ。

キナコさんとその旦那・トミー(爆)の大歓迎を受け
のんびり滞在する姉弟。
そしてカルチャーショックを受ける姉弟!

『つばさ』ワールドでは初めてじゃないか?
ワイルド系男子!!
トミーは大らかで豪快。
体育会系の男にして、キナコさんとラブラブ。
引っ張るところは引っ張り甘えるところは甘える男。
そんなバカップル夫婦を初めて見た姉弟は目をシロクロ。

そういえば『つばさ』にはラブラブカップルも存在しなかった…
つばさと知秋の両親は、アレだし
祖父母も祖父の浮気&隠し子が発覚したし
真瀬は妻と死別
ノブコさんとこは離婚夫婦で
翔太の両親も…
御近所も喧嘩がベースでラブラブとは言い難い夫婦ばかり。

いやー、びっくり。
このラブラブテイストがすごく新鮮!!
トミーのキャラもすごく新鮮!

あのねばねばしたキナコさんをアマアマにしちゃうトミーは偉大だ!!

ひさしぶりに(いや、もしかして母出奔以来、初めて?)
いろいろなシガラミから開放されたつばさ。
物思いにふける時間も増えてしまいました。

それを気にする知秋。
姉を励まそうといろいろ企画し、支えようと
トミーを“長瀞の父”と慕い、弟子入り状態(笑)

姉ちゃんを守りたいから強くなる

という決意を実践しているのです。
おお…なんという尊い決意!
たしかに“汗”と“恥”を同じ「かくもの」として同列に扱うような
大雑把なところはつばさの周りにはない強さだ。
それだけでなく実際逞しいトミーは知秋のいいお手本になりそうです。
相変わらず声が高くて色が白いけど、逞しくなったよ、知秋!!

支えになろうとする知秋
妨げになるのを恐れて去った翔太


対照的な考え方です。
おかんのままにしてはいけないと考えた翔太と
おかんから解放しつつ、おかんのまま受け入れようとしている知秋。
知秋の方が柔軟でつばさを思っているような気がします。
つーか、私の好きな考え方です!!

知秋よ、なぜにキミは弟なのかね? 残念でならないよ(笑)

しかしだね。
おかんのままのつばさを必要としている真瀬親子なら問題なしでしょう!
と、考えちゃうのは真瀬贔屓の悲しいサガ(笑)
真瀬の包容力ならおかんのつばさを解放もできるし大丈夫ですよ!

という私の真瀬への思いはさておき…

トミーとキナコ夫婦のもてなしと
知秋の決意を聞き、失敗したけどおんぶという行為に
徐々に和まされ、元気を取り戻していくつばさ。
おいしい!」って言ったときにはホッとしました。

ホッしたとたん、新たな問題勃発。
ラブラブにみえたトミー&ナコピー夫婦の化けの皮が…!!
やはりこの世界にはラブラブカップルはいないのかっ?!
判を押すだけの離婚届をしまいながらあのラブラブを演じる二人がコワイっ!

諸悪の根元・ジョーノウチばあちゃんと同級生だとはねぇ。
積年の恨みを孫で晴らす! ってどんだけ歪んでんの??
その恨みが
まさか…じいちゃん絡み? じいちゃんモテモテ?!
という私の予測は大きく外れ、ハーモニカ?
何言ってンの??
…ん? なんか聞いたことあるこういうの。
おお! モー子さん(マンガ『スキップビート』)だ!!

そんなツマンナイことで他人の人生台無しにしてんじゃないよ(ため息)


長瀞編に入ってから真瀬度が著しく低下していますが
知秋が頼もしくて面白いです。
知秋奮闘編でもあるんですね。

実はストレスから解放されて割と楽しめちゃったりして(笑)
玉木家は問題ばかりで辟易していたのだ。
いや、こっち来てからも問題はありますけど
なんとなく無責任に眺めていられるような気がして(酷)

でも、いつまでも長瀞にいるわけにもいかないので
早く迎えに来い! 真瀬!!
という言葉で締めたいと思います。

私の中では“真瀬が迎えに来る”が決定事項なんですが…
 どうなるでしょうか?
 つばさは自力で帰っちゃうんでしょうか?(笑)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking