朝ドラ『つばさ』が面白い!! その1

だいぶ前にちょっと感想書いたのみで沈黙を守ってきた朝ドラ『つばさ』。
黙っていましたけど、一応見てはいたんです。
過去の感想はこちら 実は見ています。朝ドラ『つばさ』

4月の後半に一度ネタにしたきりですか…
そんな状態でしたが、録画を溜めつつ、せっせと消化していた日々。
マジメに向き合うとどうにもイライラするので
社長の真瀬だけを楽しみに見ることにしました。

食事をしながら、雑誌や本を片手にまさに“ながら見”をして
真瀬の声が聞こえたら画面を見る! という不真面目な態度で拝見。
溜めに溜めていたのでイマサラな感想なんですが…

真瀬とつばさがイイカンジに?!

待っていましたよ!
常々、真瀬とくっつけばいい!!
と密かに念じていた私(すまん翔太…)
その祈りが通じていました!!!
待っていた証拠がこちら 東京セレソンデラックス『流れ星』

現在は真瀬を見るためにドラマを見続けています。
つばさは真瀬とくっついたらいいと思います!!


と書いています!! 今もそう思っているぜ!
まさかその通りの展開になるとは…?!
や、まだくっついていないので予断は許しません。
見守りましょう。

期待はしていたものの
そんな展開は無理かな~と諦めながら見ていたんです。
しかし、大衆演劇の芝居の練習
むむっ! 真瀬、もしかして?! な描写があり
それ以降、それっぽい表情がちらほら。

うひひ。いいぞ、真瀬! 偲ぶ恋か?!

と、ケケケと他人の恋路を笑いながら(酷)見ていたところに
みちる再登場。

…正直に言おう。私はこの女が嫌いだ。
なんだか上から目線で説教クサイ説得がウザくて仕方ないのだ。
すいません。心狭くて。
それにつばさには知り得ない
過去の真瀬を知っているというポジションが気に食わないのかも。
すいません。狭量で。

そんな彼女が体当たりで告白!
戸惑う真瀬はよかったですが(笑)
なんですかそれ!

翔太以外の障壁はいらんのですよ!!

ムキーっ! と、なりながら見守るとドラマの中は嵐です。
本当に台風直撃で、停電や氾濫で大変です。
ラジオという媒体はこういう時に強い。という熱血展開。

そんな中、ホームレスとなって帰ってきていた翔太の父親
居を構える一帯が水害ポイントと知り
様子を見に行くことに。

…いくらなんでも、そんなとこにいつまでもいないだろ、親父。

そんな私の考えは打ち砕かれました。
いるよ、いるんですけど!
雨水に流され最早、川!
そんなところに家ごと流されて酒をラッパのみしている親父に
呆れるやら感心するやら。
ありえん。なんてメイワクな親父なんだ…

そんな親父を見捨てられない翔太。
危険も顧みず、増水した川へ救助に向かいます。

おいおい、リハビリ中のスポーツマン! 大丈夫か?!

エライよな~。
体が資本のプロのサッカー選手ですよ。
足の怪我でリハビリしていて復帰間近だったというのに
それも不仲だった父親のために飛び込むなんて!

軽率とも思えますが、人命第一というのは素晴らしいです。
親父はもっと反省するべきだと思います。
実行した翔太はカッコよかったです。


でもその行動は、翔太にとって散々な結果に。

無理が祟って他の足を怪我。
さらにつばさを失うことに!

…オヤクソクっつーかなんつーか。
なんとも少女マンガ展開に私のテンションは上がりっぱなし!

当然、現場に現れるヒロイン・つばさ。
突風に煽られて川にドッボーン。つばさはカナヅチなのか?!
必死に翔太に助けを求めますが、痛む膝が耐え切れず飛び込めない翔太。

そこへ真瀬登場!!

大雨の中、つばさたちの様子が気になりかけつけたのです。
イモーー!!」と絶叫しながらの登場には
座りながらにしてガクっとしましたが
その姿は輝いております(私にはそう見えた)!
華麗に飛び込み、初めてつばさに「イモ」ではなく「つばさ」と呼びかけます。

きゃあ♪♪♪

そんな場面ではないのに大喜びのワタクシ。
真瀬のつばさへの愛が覚醒した瞬間です!! にやにや。
泳ぎ着いた真瀬に必死にしがみつくつばさ。
それを遠くから見つめる翔太。
さすがにこのあたりは翔太が可哀相でした。
いや、彼にはもっと辛い場面が待っているのですが…

真瀬に抱きかかえられながら岸にたどり着いたつばさ。
その途中で水を飲んだらしく、意識不明…
てことは!

人・工・呼・吸!!

もちろん真瀬が!!
またしても、きゃあ♪ と大喜びのワタクシ。
だから~、一応緊迫した場面なんだってば~の脳内ツッコミにも
楽しいんだからしょうがないじゃない!! と完全に開き直る(笑)
ちなみにその隣には翔太がいます…

その甲斐あって息を吹き返すつばさ。
心配そうに覗き込む真瀬に抱きつくつばさ
つばさの手から零れ落ちるストラップ。
ちなみにそこには翔太もいます…
そしてそれを遠くから見つめるみちるもいたりします。

いやぁ、つばさは無意識だったと思うんですよ。
だからこそ翔太には辛い現実だった、というのが…不憫です。

台風一過。

日常にもどったつばさたちですが、元どおりにはなりません。
翔太とつばさはギクシャク。
てゆーか、翔太が一方的にギクシャクしています。
こやつは真瀬の思いをおそらく本人より先に気付いていたんでしょう。
そこへあの場面ですよ。そりゃあ意識するってもんです。

真瀬は…つばさへの思いを胸に秘め乙女ちっく展開か?!
と、思いきや!
みちるが爆弾投下!!

真瀬につばさへの思いを告白させ
その言葉をスピーカーにのせてつばさに聞かせる


という行動に出た!
聞こえた言葉が「俺はあいつを愛してる」ですよ!
ぎゃあああああ~♪♪(のたうち回る)
でも(むくりと起き上がる)
私が期待したのは真瀬がつばさに思いを秘めて堪え忍ぶという展開だったので
ちょっと微妙(苦笑)

その前にユウカちゃんの
つばさがおかんになって」「お父さんはつばさを好き
発言があったわけですが、それすらも
ヨケーなコトすんな! と憤ったものです。
みちるの暴挙にすっかり忘れていましたが。

…みちるの行動がまったく理解できない。
んなことしたら、真瀬がつばさとくっつく可能性もでてくるじゃないか。
真瀬を好きなみちるとしては望まないことになるんじゃないのか?
なんなんだ、この人。
なんか理由を言っていた気もしますが、よくわかりませんでした。

まぁいいや。私が気になるのは真瀬とつばさだけだから。

しかも、この真瀬の告白を
ラジオぽてとのみんなに聞かれてしまったというオチもついて(苦笑)
わー、やりにくーい。


おわ。すっかり長くなってしまったので分けます。
当初はタイトルに“その1”は付けない予定でしたが…
終わりませんでした(苦笑)
続きは後日。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking