ダイヤのA 16巻 (寺嶋裕二)

ボヤき監督率いる仙泉学園との対戦も決着します。
私怨の塊の投手・真木はどうなるのでしょうか?!


ダイヤのA 16 (少年マガジンコミックス)ダイヤのA 16 (少年マガジンコミックス)
(2009/06/17)
寺嶋 裕二

商品詳細を見る


なんだかどんよりしている対戦校とは対照的に
ピンチでも楽しそうな青道学園。
わかりやすいアメとムチ、そしてツッコミ(笑)
チームワークが良くて何よりです。って毎回思っているような…

俺だけ置いていかれてたまるか

とライバルや先輩のがんばりを励みにする沢村
そうだよね! そうこなくっちゃいけませんよ!!
真っ直ぐで好感が持てます。

ただ…あのチームに…飛び込んでいく勇気がなかったんだ

やっと認めました、真木
そうだよ、あんたの考えはただの妬みで逆恨みなんだよ!
スカウトがこなかったからって諦めるのがおかしい!
どうしても青道に入りたかったら一般受験すればいいんだ、降谷みたいに。
そういうことをせずに未練がましいったら!
いまさら「すいません」は遅いっ!
けどまぁ、あの監督もあれでも期待してくれているようだから
今後は素直にチームを愛せばいいと思います。

青道学園、3年振りの決勝進出!!

3年生だけでなく2年生も1年生も
選手全員が思い切ってプレーしとる


こう回想するのはボヤき名手・仙泉の監督
どーだ、ウラヤマシイか(笑)
まぁ、自由すぎる人もいますけどねー(苦笑)

ともあれ監督力の差が生んだ勝利と言えましょう。
なにしろ

ようやくチーム全体に力がついてきたな

ですから!!
うおー! 監督っ!! いや、ボス!! さすがですっ!!

そうか…あと1つで甲子園か…
一試合一試合、自分の役割を果たす
ただぞれだけに必死だったからな


わお。謙虚!
いいの! 甲子園までの道は監督とクリス先輩たちが考えているから!!

もうひとつの準決勝である
稲城実業 vs 都立桜沢 の試合が開始。
あっさり相手が決まるのかと思いましたが、思ったより長引きそうです。

桜沢の監督、カワイイ~~~♪
無表情の下に隠された熱血!
野球素人だったのにちゃんと勉強するのがいいよね~。
そのきっかけが、一人の部員の何気ない一言ってのがまた…!

ナックルを操る投手・長緒アキラを柱にしたダークホース。
なにしろ

投げた本人にもどちらに曲がるのかわからない不規則な動き

ですからね!
あれ? そうなるとそれを捕れる捕手が凄くないか?!

ナックルにさすがの稲城も苦戦しています。
しかし! 稲城にもスゲー投手はいますからね。
投手戦になっています。

力まず気負わず…決して昂ぶらず 禅のマインド

がナックルの極意だそうで。
平常心で投げ続けていたのにそのバランスが…っ!
ってところで以下次巻。

個人的には桜沢に勝利してもらいたいです。
だって成宮にくたらしーんだもん(笑)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

甲子園まであと1つ☆

桜沢、監督も選手もいいですよね~。
青道と同じくらい桜沢も大好きです♪
禅のマインド、かっこいい!

>そうなるとそれを捕れる捕手が凄くないか?!
ですよね。
あまりスピードがないから捕れるのかな?
それにしても捕手はスゴイ。

でも、あれ?
私はこの巻で決着がついたのだと勝手に思い込んでいたのですが…。
次巻まで続くのかな?それなら嬉しいケド。

なーこさん

え? 試合終わってます??
まだ続くんだと思ってました…どんな勘違い(苦笑)

>桜沢、監督も選手もいいですよね~。
あの監督かわいいです!
ところで男性デスカ女性デスカ?(爆)
女性だと思い込んでいたんですが…胸ないよね?(どこで判断?!)

>あまりスピードがないから捕れるのかな?
きっと「キモイキズナ」が…!
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking