2009年8月号のアフタヌーン (おお振り編)

12巻も発売して今一番熱い『おおきく振りかぶって』
合い言葉は“871”!! ←コードネームみたいだな(笑)

このブログを開始してからずーっと雑誌の感想を書いているのに
その分はまだコミックには収録されていないとは…
いったい何冊分雑誌と差があるのでしょうか?!


ネタバレしますので要注意


おおきく振りかぶって (ひぐちアサ)

試合も終盤に差しかかり
ぼちぼち次の試合のことも考えないといけなくなってきた頃。
ホントーに次の千朶戦を考慮し始めましたよ!!
なにぃ?! ずいぶん余裕だな!

投手の備えは何枚あってもいい!

とは捕手・吉田の考え。視線の先には
うまい具合にこの試合投球数を抑えられて気力十分な太田川
けどやっぱり疲れてきているオータ、大河に気迫負け。
続くは中山

その様子を見守る三橋阿部

う う 打つ?
7回3点差だからな
スクイズ は ない
ARCも中間守備だ
5番は ノーヒットだ けど レフトフライ 打ってる から

三橋の期待を裏切り中山、まずは…

みのっ 見逃しっ
今の見逃しちゃマジーなァ

なんて言われていたのが聞こえたのか(んなはずはない)中山
打ちましたよ! 一点返しました、武蔵野!!
続く佐々木もヒットで2点獲得!!
これで点差は1点

試合の展開も気になりますが、この三橋と阿部の会話にご注目!!
ちゃんと成立している…(感無量)
12巻での「阿部くんが大丈夫ならオレも大丈夫」とか
まだ信じられるか?」とか、なんか…
どうなのよそれ? な思いが交錯していた二人を読んだばかりだったので
この会話がなんとも嬉しい。

さて、マウンドには
まさかの(失敬な!)武蔵野の猛攻に動揺するオータを
さらに動揺させる伝令

オータが役に立たねーのはヨシのせいだからな!
ちがっ ちがっ
ちがわねー 終盤入って球バラけはじめたらそれなりのリードしなきゃなんだ!

自分の投球のマズさが招いた結果で大好きな先輩が責められ
なんとか言い返したいけど反論できないオータ。スゲー悔しそう。
そこへ…

オレの汚名返上してくれ

その渦中の人(笑)ヨシの言葉に

はいっ

と、躊躇わずに特大のいいお返事を返すオータ。
え、ちょっと待って?
いいのか、それで? なんか変だぞ?
と思っていると
マウンドは大爆笑。
ああ、そういうリラックス方法なのね。なるほど。

けど“汚名返上”がプレッシャーにならなければいいけど…
という私の考えは杞憂でした
“汚名返上”という呪文で見事に回復したオータ、榛名に気迫のピッチング。
アウトゲットです。

………ムサシノ 負けたら… スカッと… する?
あんなァ 榛名勝ってて面白くねーっての半分冗談だぞ?
―――うお ?
うち以外のどこが勝とうが負けよーが言っちゃえばどーだっていーんだよ!
そうなのかー

あ、やっと言い訳できた(笑)
そしてそれをあっさり信じちゃうのね?
フツーはもっと疑うと思うんだけど…さすが三橋。

アウトになった榛名

くっそ~~
なんで見逃したんだっ こんなチャンス…もう……!


相馬のバッティングに興味ゼロの姿に笑った。
打ったよ? アウトだったけど。
密かに落ち込んでいる榛名に

人物間違えていましたので訂正しました。
この場合、応援できないほど憤って
そんな自分を鎮めていたと解釈すべきなのかな?

あと2点ぜってーとってやるから!

大河のこのセリフを皮切りに、続々と声をかけるTEAM武蔵野。

ぜったいスよ~~!

おお! 榛名、いいTEAMに恵まれてよかったねー。
榛名のこんな顔が見られる日がこようとは夢にも…(涙)

ヨシのためなら何度でも復活しそうなオータ
秋丸との「キモイキズナ」を持つ榛名の対決になるのか?!
どーも、榛名が不利に思えてならない。
だってコンビがあの秋丸! 頼りないことこの上ない!!

さらに! 相手は百戦錬磨な監督が率いるARCです。
オータの時もそうでしたが、選手をノせるのがとにかく上手い!
ガンバレ、武蔵野!!


当ブログ・アフタヌーンバックナンバー

2009年
7月号おお振り編それ以外編/6月号おお振り編それ以外編/5月号おお振り編それ以外編/4月号おお振り編それ以外編/3月号おお振り編2月号1月号
2008年
12月号/11月号おお振り編それ以外編/10月号本誌編/9月号おお振り編それ以外編/8月号おお振り編それ以外編/7月号おお振り編それ以外編表紙編/6月号おお振り編それ以外編5月号4月号3月号2月号1月号
2007年12月号
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking