戦国BASARA 第11話

何かが起こると思った本能寺。
まさか…何も起こらないとは! そう来たか!
あらゆる意味で私の想像のうえを行く戦国BASARA。


光秀の謀反! 本能寺大炎上!!

この日のサブタイトルはフェアでした。
確かに光秀は謀反を起こし、本能寺は大炎上しました。

本能寺を見下ろして光秀が長々と何か言っていましたが
あまり聞いていませんでした。
このヒトのヒトリゴトは長くてさー(苦笑)
ツッコミを入れる部下もいなかったもんでメンドウになりました。

その間、門も門番もかんけーねぇ!
馬を走らせ、一気に跳躍! ありえない高さに到達!!
門と壁の意味ナイじゃん!!
本能寺にド派手に侵入、政宗幸村の即席コンビ。

雑兵をバッタバッタと切り伏せながら魔王を探しますが
どこにもいません。
そこへ光秀がやってきて、本能寺に火が!

行動を読まれ、完全に裏をかかれた光秀。
それを悟った光秀、ヘンタイな語りをスタートです。

天下に興味などありません。
第六天魔王を名乗る不世出の武将が
泣き叫び、命乞いする姿を見たかった。


どこまでもイカれています。
天下に興味がないのに主君を殺そうという発想が理解できない二人、目が点!
いや、理解できなくていいですよ。
そのままの君たちでいて(笑)

そもそも信長が泣き叫んで命乞いをするようなキャラに見えるのか?
私には、ダメだと思ったらアッサリ諦める
そういう覚悟を持って行動しているように思えます。
その前に光秀ごときに負ける信長さまではないと信じていますが。

…ん? てことは光秀にてこずっている政宗と幸村が
信長を倒すのは無理なのか?
いやいや、そこはチームワークの勝利を信じて!

さて、この光秀もろとも焼き払う策略
信長の作戦とは思えないまどろっこしさだと思ったら
濃姫のアイデアでした。
採用されて御満悦な彼女、さらなる計略を披露。

いつの間にやら捕らえたかすがを…
は? その仕掛け何?! 舞台のせりみたいになってますよ、スゲー!
どうやらここは安土城。
楽しい仕掛けが満載? 使いこなす濃姫は偉い!

えと、そのかすがを殺して覚悟を見せよ、とお市に語りかけます。

殿方に依存し、戦を終わるのを待つだけが
女の務めではなくってよ


いいかげん死んだ長政に依存するのはやめて
ここにいるなら兄である信長の役に立ってみろというわけですな。
んー、無理ですよ。
だってこの人、長政のマボロシを見るくらい囚われていますから。
しかもそのマボロシに説得されていますから。

意外にいい夫婦です。信長と濃姫。
夫の夢(というか野望)を叶えるべく陰に日向にサポートする妻。
妻の提案をちゃんと採用する夫。
手段はともかく、この夫婦はステキだと思います。

兄さまを止める」と決意したはずなのにやっぱりウジウジするお市。
その隙に縄を切って脱出、かすが! さすが忍び!
ついでにお市も掻っ攫います。
逃げるチャンスだったのに自分の意志で留まることにしたお市。
来週こそ「兄さまを止める」ことができるのでしょうか?!

城からは脱出できたもののあっという間に囲まれてしまうかすが。
そこで思い出したのが先週、佐助からもらった笛のようなもの。
吹いてみたら…
なんだよそれ?! わー、佐助ってキテ○ツくんなの??
ちゃんと使い方説明しなよ!
もし室内で使ってたらどうするんだよ?!

そのまま、政宗たちの後を追っていた連合軍の元へ飛んでいくかすが。
それを華麗に助ける佐助!
いいねー、この人は。自分の見せ場をわかっているよ!!

てっきり吹いたらお前が現れるものと…
ハア? そんなの無理に決まってんじゃーん

……すいません。私もかすがと同じこと思っていました。
ええ! 無理なのは分かっていますよ? でも佐助なら可能なのかな? と。
だって不可能を可能にするのがこの世界! じゃないの?
最新飛行忍具だったんですって。
んなの、見ただけじゃわかんないよねー?

そうそう、政宗に一方的に解散宣言され、ふて腐れていた伊達軍。
追いかけちゃおっか」と腰を上げたとたん

お前ら出陣の用意だ!!

小十郎が宣言。
そうね。アンタは最初っからそのつもりだったよね。
びっくりしながらも喜び勇む伊達軍の前に、他の軍も集結。

そっか、これを待っていたのか。
家紋に詳しくないのでよくわかりませんが
かなりいろんなところから援軍が集まったようです。
それらを引き連れて目指すは魔王の元!

炎上する本能寺では、ノリノリの光秀と戦う貧乏籤を引いた二人。
さらに矢を複数発射させる技を持つ蘭丸まで加勢。
飛び道具は厄介ですね。
相変わらず納得できないと行動できない幸村に

そもそもこっちが全部正しいわけじゃねぇ
先を見据えればこそ、非道も道になるのが戦国だ


と目にも留まらぬ早業で飛んでくる矢を切断しながら語る政宗。
あら。この人、意外にいい主君だ。
ノリで行動する暴走族のアタマにしか見えないのに
ちゃんと美学があって、それなりに世間に対して理解を持って
さらに必要とあらば説明してくれる。

子供が邪魔すんじゃねぇ!
蘭丸は子供じゃなーい!

…どう見てもコドモだと思いますけど
それを聞いたとたん、容赦なく攻撃する政宗。
わは。意外に人の話を聞く人だ。
で、見逃す。子供には甘いんだなぁ。…とてもいいと思います!

そこへ小十郎が信長は安土にいる! と駆けつけます。
この登場に「来たのか」と即座に納得する政宗がカッコイイです。
やっぱTEAM伊達はステキです。

状況についていけず
さらに光秀に攻撃をしようとする幸村

私怨にかられて大義を忘れるんじゃねぇ

と小十郎に説得されて、政宗と共に安土に向かう幸村。
小十郎が現れると楽し始める政宗(笑)
さっきまで饒舌だったのに~。

うーん。実はけっこう追いつめていたんじゃないでしょうか?
珍しく「痛いですよ」なんて言っていたくらいだから…
殺しておけばいいのに。それじゃ盛り上がらないか。

信長の居場所を知った光秀、さてどうするのか?
謝ってまた元どおり? なさそうだなー。
まさか小十郎に倒されるってことはないと思いますけど…

来週こそ、何かが起こる! と、期待しよう。


これまでの『戦国BASARA』の感想は…

第3話第4・5話第6話第7話第(8)・9話第10話
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 戦国BASARA 第11話 「光秀謀反!本能寺大炎上!!」

戦国BASARA 其の弐 [DVD]クチコミを見る 敵は、本能寺にあり――織田信長に最後の戦いを挑むべく、山城国・本能寺へと駆ける政宗と幸村。その頃、甲斐には上杉、徳川を始めとする諸国の軍勢が圧巻の大集結を果たしつつあった。政宗の解散宣言に打ち沈んでいた伊達の兵た

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking