イノセント・ゲリラの祝祭 (海堂尊)

田口・白鳥シリーズです。
今回は白鳥のホーム厚生労働省での物語。
田口先生が病院から出張です。


イノセント・ゲリラの祝祭イノセント・ゲリラの祝祭
(2008/11/07)
海堂 尊

商品詳細を見る


毎回思うんですけど、どうして仲良くできないんだよ?!
医者同士、官僚同士やたら派閥が別れていて鬱陶しいことこの上ない!

エーアイだってさぁ
その結論にいたるまでどうしてこんなに枚数がかかるのさ?!
びっくりするくらい遠回し。

門外漢としては
最初っからそうすべきでしょ?
っていうか、そうやって使うもんだと思っていましたよ。

と思わずにはいられません。
小倉さんじゃないけど「まだ?!」と叫びそうになりました。

冒頭で宗教問題か?!
と、ウンザリ&喜びかけたのですが(苦手だけど好きなのだ宗教)
それはマエフリでした。

解剖という宗教
法律という宗教
盲目的に信じる人たちの上前を撥ねようとする官僚のお話
こわいよ、この国はいったいどうなってしまうのか…。

彦根氏の壮大な法螺話にはワクワクしました。
これがあるから海堂さんの小説は止められない! のかもしれません。


今まで読んだ作品を時系列にするとたぶんこうなる! と思う。

ひかりの剣ブラックペアン1988
  ↓
  ↓
チーム・バチスタの栄光 上巻下巻
  ↓
ナイチンゲールの沈黙ジェネラル・ルージュの凱旋
  ↓
螺鈿迷宮
  ↓
イノセント・ゲリラの祝祭
  ↓
ジーン・ワルツ
  ↓
  ↓
医学のたまご
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

D.C.I.F.~ダ・カーポ~イノセントフィナーレ

「D.C.I.F.~ダ・カーポ~イノセントフィナーレ 」に関連するブログを新着 10 件表示しています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking