戦国BASARA 第(8と)9話

先週はお休みしてしまったBASARA感想。
見てたんですけどね、松永久秀に興味がなかったもので
テンションが上がりませんでした。
が、今回は違います!
サブタイトルだけでテンション急上昇!!


第9話 甲斐の虎、勅使河原に死す!

おっ、お屋形様?!
なんてことだ。じゃあ誰が…とぐるぐるしながら画面に注目。
が、甲斐の虎、なかなか出てきません。

信長さま御自ら九州へ攻撃。
意外に人手不足な信長陣営。
しかし“魔王”と呼ばれるだけあってみごとな攻撃力。
是非に及ばず」とセリフも決めて、さくさくと制圧していきます。

前田慶次は何をしているんだ?!
西に同盟申込みに行ってんじゃないのか??
九州は見捨てたの?

そんな中、療養中だった政宗も素振りができるほど回復したようです。
よかったよかった。
…ん? ちょ、よく見りゃその庭、枯山水!!
そんなところで素振りをするな~(泣)

大事に至らず安堵いたしました
フッ…お前が言うか

まったくだ! 政宗のツッコミに強く同意。
だって、「安堵した」発言は小十郎なんだもん!
いくら外していても、怪我した腹に一撃食らわせた張本人!
怪我人を興奮させるとはナニゴトぞ?!

それはわかっている小十郎が謝罪します。
対して政宗は「野暮なことは言うな」と。
ええ~、不問なの?!
体を張って主君の暴走を止めたことを評価するってわけか。
なんだこの絆の強さ。やべ、政宗がカッコイイ。

さて、館の中ではお屋形様・信玄からプレゼントを受け取る幸村
朱塗りの槍ですよ!

これはなんと素晴らしき拵え、ありがたき幸せにございます

なぬ?! もっと感動しなよ!
朱塗りの槍だよ? 幸村、キミその価値わかってる?!
その軍の“一番”にだけ持つ権利がある槍だぞ!
キミは武田軍で“一番”だとお屋形様に認められたってことだぞ!!

わかっているのかいないのか、先だっての松永久秀との戦いで
思ったことを報告する幸村。
あー、そうそう。そういうことを言いたかった、私も。
けど作中で解説されると興ざめだなぁ。
やっぱキミ、しゃべり過ぎだ(苦笑)

松永久秀は弱かったし、予想通りの小者でガッカリしました。
弱いから人質とか、毒ガスとか、爆弾とか
卑怯な手を平気で使うし。
信長陣営はロクなのいないんだな~と同情してしまいました。

ともあれ理解を深めたお屋形様と幸村
お屋形様ァ」「幸村ァ」の応酬です。とても楽しそう(笑)
しかしそこへ

お屋形様、三河の徳川家康がウたれました

もう! 佐助ったら超クール!!
…へ? 今、なんつった?! ウたれたってドレ?!

打たれた
撃たれた
討たれた

正解は 討たれた でした。
使者だっつーのに明智光秀、丸腰の家康に問答無用だったそうです。
どこまでも卑怯なヤツ…

しかし大胆に歴史を変えてきたなー。
これでBASARAの世界には江戸時代は訪れないというわけだ。
どうする気なんだろ?

一方、信濃の謙信は“美しい剣”と言わずに「かすが」と名前を呼びました!
どうしたんだ?!
手を握って、耳元でなに言ってんだ??
ほんとどうしたんですか、謙信公(悩)

そこへ武田からの使いを名乗る女忍者登場。
怪しい! いかにもな登場ですよ!
もちろん、武田の使いではありません。

その正体は魔王の妻・濃姫! え、この人忍者なの?!

あっというまに静かな庵は戦場に。
あいかわらずどこに隠してたんだかわからない飛び道具持参の濃姫。
それを輪切りにする謙信。
いや、そうじゃなくて、濃姫を攻撃しなよ~。
女には手をあげられん、そういうことか?!

一人で来るわけがない」という予測通り、もう一人飛び道具を持った人が!
弓を構えた森蘭丸です。
そーか、君は蘭丸だったのか。子ザルのようだね。

かすがに気をとられた謙信、その矢を受けてしまいます。
そこを狙う濃姫。
謙信を庇うかすが。
それを庇う謙信。

えー?! 謙信がかすがを庇っちゃ駄目だろう!!

しかし銃弾を受けて謙信死亡。
甲斐の虎以外の人がどんどん…

大雨で増水したため“竜王の堤(たぶんこの漢字)”が崩壊の危機。
途方に暮れていた領民を体を張って鼓舞するお屋形様。
大岩で穴を塞ぐという応急処置はどうかと思うが…
みんな元気になりました。

どうやらあらかじめ細工を施されていたようで
壊れやすくなっていた堤。
そんなことをするのは、もちろんヘンタイ光秀。
さすが卑怯モン、弱点をついてくるのが上手いです。
これでお屋形様は全力をだせなくなりました。

そこへ遅れて到着、幸村たち。
堤を守れ! との指示に従うも光秀が謎の発光。
ミドリイロの何かが大岩を砕きました。
堤は崩壊。
そこへ光秀の攻撃を受けたお屋形様、大水に巻き込まれ…

もっとゆっくり味わいたかった

ヘンタイ! 光秀は、ほんとーにヘンタイです。
そのヘンタイと対峙する政宗&小十郎。
次回はこの人たちの戦いなのか?!


今回は主要人物がかなり退場しましたね。

かすがと別れを惜しんで、かすがを守るために死んだ謙信
幸村に朱塗りの槍を託して、領民を守りながら死んだ信玄

この二人に比べると家康の最期は悲しいです。
誰にも守られず、誰を守ることもなく死んでいった家康。
最後のセリフも「忠勝」だもんなぁ。

徳川軍はどうなってしまうのでしょうか?
当面は、武田・伊達の連合軍と共に戦うんでしょうけど
将来が見えてきません。
悲劇っ!


これまでの『戦国BASARA』の感想は…

第3話第4・5話第6話第7話
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 戦国BASARA 第9話 「甲斐の虎、御勅使川に死す!」

戦国BASARA 其の弐 [DVD]クチコミを見る 第六天魔王の脅威が天下を覆わんとしていることを示すように、禍々しい暗雲が各地に垂れ込めつつあった。九州全土への侵攻を開始した織田信長は、薩摩の島津義弘を討ち破るが、そこには濃姫、森蘭丸、明智光秀らの姿がない。同じ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking