いつのまに…?!

『星虫』という小説をご存じでしょうか?

第一回“日本ファンタジーノベル大賞”で入選した作品
ちなみにこのときの大賞は『後宮小説』(酒見賢一)。
その後、恩田陸・畠中恵・鈴木光司・宇月原晴明・仁木英之と
私にとっておなじみの作家さんがデビューなさいました。

おっと、脱線した。

この『星虫』は
岩本隆雄という人が書いたSFというかファンタジーというか…
私にとっては熱血青春小説なんですが。
とにかく胸熱くなる感動で、熱血で、爽やかな青春の物語なんです!

岩本隆雄という人は、なかなか仕事をしないことで有名です。
『星虫』を発表した後、1作仕上げたのみで
何年も新作を書かずについに冬眠

気がついたら新潮社から朝日ソノラマに活動の場を移して『星虫』を再版。
その続編にあたる『イーシャの舟』『鵺姫真話』も出版していて
え、ウソ! 本格始動?!」と慌てて購入したのですが
その後は『鵺姫異聞』を書いたっきり再び冬眠

『星虫』はすごく好きなお話なんです。
学生時代、友達に「おもしろかったよ」と貸してもらったのが出会い。
その後どうしても手元に欲しくなり自分で購入したのが縁でございます。
未だに持っていたり…それも絶版した新潮社版。←ちょっと自慢(笑)

岩本氏が冬眠している間も新作情報をチェックしていたのですが
一時期は毎月のように来月の新刊に名前を連ねていたのですが
(たしかタイトルも表示されていたような…)
やがて載らなくなり、気がつけば朝日ソノラマ自体が消滅!!

いったいどうなってしまうのだろう??

と心配していたところに
『星虫年代記』なる詳細不明の本の出版予定があるという情報が!
しかし!
これまでの経緯から「いつになるのかわからん!」と
話半分で聞いていたら…

出版されていました!!!
しかも2冊ですよ!!!

星虫年代記 1 星虫/イーシャの舟/バレンタイン・デイツ (朝日ノベルズ)星虫年代記 1 星虫/イーシャの舟/バレンタイン・デイツ (朝日ノベルズ)
(2009/02/20)
岩本 隆雄

商品詳細を見る

星虫年代記 2 鵺姫真話/鵺姫序翔/鵺姫異聞 (朝日ノベルズ)星虫年代記 2 鵺姫真話/鵺姫序翔/鵺姫異聞 (朝日ノベルズ)
(2009/05/20)
岩本 隆雄

商品詳細を見る


『星虫年代記1』は
星虫”と“イーシャの舟”を加筆修正したものを再録に加え
バレンタイン・デイツ”という短編が書き下ろしで収録

『星虫年代記2』は
鵺姫真話”と“鵺姫異聞”の加筆修正したものの再録と
鵺姫序翔”という書き下ろしが収録
こちらの書き下ろしは原稿用紙100枚と結構な枚数です。
頁数で30くらい?(大体です。数えてはいない)

しかし問題は、私は再録されたお話はすでに持っているということ。
書き下ろしは読みたいけど~
分厚いノベルズ版を置く場所を考えると~
値段も一冊1470円とノベルズとは思えない数字だ。
文庫2冊分だと思えば……それでも高いよね(苦笑)

さてさてどうしようかな。
なんて言いながらそのうち買っていそうだなぁ。

そういや『星虫』アニメ化って噂もあったな…
どうなってんだろ?
どうにもなっていないのか??
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking