戦国BASARA 第5話

唐突に第3話から見始めた『戦国BASARA』ですが
最初のインパクトに慣れてしまうと
どう楽しめばいいのかワカラナイため
私のBASARAテンションが下がりまくり。

そんなわけでいまさら先週の録画を見る始末(苦笑)

もう録画もやめようかなぁ…と思っていたところに
セカンドインパクト!

そりゃあ反則じゃないか?! 本多忠勝登場!!


第5話 壮絶!長篠・設楽原の義戦

私のテンションが下がった最大の原因が浅井長政の存在。
この人、ウザイです。
“義”だの“理”だの、うっさい!
画面に映ればとにかく延々くどくどと言い訳しまくり。

自分はホントウはこんな戦いしたくないんだ
でも妻を人質にとられてしかたなく参加してるんだ~


モー! 往生際が悪い!!
事情はわかったから早いとこ自分を納得させてくれい。
戦国時代に“義”とか“理”が通るわけないじゃろ。
それがこの時代だ!

それにこの人の妻・お市がまた……
暗いんだよ!
お市の方ってもっと凛としたイメージなのに、この人は…
めそめそウジウジ。似た者夫婦め。
しかも声が! 口調が!! く・ら・いっ!!
本当に信長の妹なのか?!
この頼りない風情が長政の心を刺激するようですな。

この二人が画面に出るととたんに重たくなるので
ウンザリしたのが第4話。
ですが第5話は…

面白くなってきました!!!

やっぱさ、戦国っていうんだから合戦の場面がないとね!
いよいよ対決です。
魔王軍に立ち向かう前田慶次の説得に応じた人たちがバトル開始。

独特の馬の乗り方をする武田信玄
2頭の馬を並べてその上に、輿? を乗せてその上に仁王立ち!
よく慣らされた馬ですね…。
向かうは魔王軍に与する徳川家康のもと。
説得するためだったわけですが、無理でした。
徳川には徳川の言い分があるみたいですよ。
で、家康の年齢はやけに若いですね。信長との年齢差は史実通り?

徳川 vs 武田&上杉連合軍

武田信玄は超人的な活躍です。
巨大な斧(?)を振り回して大将自ら戦場を駆け巡る。

対して「殲滅しなさい」と丁寧語で命令する上杉謙信
ちゃんと軍を指揮しているのが好ましい。
軍を率いているのだからこうでなくっちゃ!
なのに前田慶次の行動を見て一人戦列を離れて止めようとするのは…
残念な行動でした。
大事な戦いを放棄して“親友”を止める。
人としては正しいのかもしれませんが、武将としてはどうでしょう?

慶次は本来、魔王軍の人みたいですね。
前田家が魔王軍に帰依(宗教じゃないっつーの)しているので。
でも、魔王を説得しようとしたの?
説得が通じないのが“魔王”たる所以なんじゃないのか?

戦場では徳川軍の切り札(たぶん)
戦国最強”にして“無敵”の本多忠勝が出陣!
無敵ってどーよ? と思っていたら
確かにそれは無敵だ!」というイデタチ。
すでに人外。人を超えています。
まずサイズが…家康が手に乗ってしまいましたよ!
甲冑も特注でしょう。なんだよそれ。
もうメカだよ! ロボだ!! 人間超えて最早、武器! いや兵器だ!!

もちろん対する武田&上杉軍は苦戦。
たしかこのあたりで
上杉軍一番隊は無敵のオレ一人!」と高らかに宣言して
華麗に散っていった直江兼続が出てきた…
無敵って言ってんのになんという弱さ(笑)

一気に形勢逆転したかに思えた場面。
戦国最強の本多忠勝殿とお見受けいたす」と
割と普通にこの人外の存在が受け入れられていることに驚いたぞ、私は。
お手合わせ願いたい」みたいなことを宣言して
一人で立ち向かう馬鹿が出現。その名も真田幸村

えー?! キミ、それに勝つ自信があるのか?
さっき敵方の雑兵を殺すことに躊躇っていた人だよね?
弱い者を相手にするより強い者に立ち向かう方が好きなんだね。
その心意気よし!
しかも結構まともな勝負になっているじゃないか。
本多忠勝はもしかして人間なのだろうか? 規格外なのは大きさだけ?

一人で御せる相手ではない と信玄と誰か(いい声の人)が助太刀。
だからって3人でどうにかなるのか?
…おお、互角だよ。どうした“戦国最強”?!

これだよ! 見てる長政?!
つべこべ言わずに目の前の敵を倒す!!
この心意気が大事だ!

その長政は伊達政宗と一騎打ち。
それどころじゃなかったか(苦笑)

あいかわらず映ればセリフが画面いっぱいに広がるような長政
でも政宗と真剣勝負です!
なんだよ! 強いんジャン!!
言い訳ばかりだから弱いのかと思っていたよ。

しかし二人とも馬を下りて戦うってのはどういうことじゃ?!
あー…飛べるんですねー。そりゃ馬イラナイわ。
そしてなんだかこちらも人を超えた戦いです。
これが戦国BASARAの標準なのでしょうか?

そこへ鉄砲隊を率いて明智光秀参上。
たしかその鉄砲隊は徳川軍を援護する作戦だったはず…
ほらほら、家康が愕然としてますがな。カワイソウ。

しかも、なぜか味方のはずの長政を蜂の巣にしてお市大ショック!
それも手前にいるお市を避けて命中させる精密さ
え、と。長政は捨て駒なの?

…それはともかく ←え?
政宗の命を狙える絶好のチャンスをフイにするってのが解せぬ。

イマイチこの世界がわかっていませんが
本多忠勝に次ぐトンデモ設定が飛び出すことを期待して
もうしばらく見続けることにいたします。
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★戦国BASARA第五話壮絶!長篠・設楽原の義戦

長篠の戦いはじまった。武田信玄が徳川家康に織田を裏切るように提案きた。だが、交渉決裂。結局、武田上杉の連合軍と徳川家康が戦うことに。確か、徳川家康がボロ負けした姿を絵師に描かせるという逸話があったような。本田忠勝でてきた。ガンダム的な登場きた!!背中に...

戦国BASARA 第5話「壮絶!長篠・設楽原の義戦」

博士「僕がホンダムを一番うまく使えるんだ!」助手「使わんでいいwww」...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking