京都の大学生ウラヤマシイ!

原作『鴨川ホルモー』はもちろん続編『ホルモー六景』も読んで
期待に胸膨らませて鑑賞。

実は『クローズZERO Ⅱ』と二本立てだったので山田孝之祭でした。
『クローズ~』を先に観たので、華麗に殴られる安倍を見て
本気を出せ!」と思ったりして(苦笑)
見た順番が逆だったら
オニを使え! 芹沢!!」になったのだろうか?


鴨川ホルモー

みどころは荒川良々の髪の毛!!
と同時にオニたちです!!

てのはまあ、半分冗談ですが(んじゃ半分は本気か)
原作が好きすぎるのでどうしても映画には辛口になってしまいます。

だってさー
私が気に入った高村の良さがかなりカットされているし
凡ちゃんの類稀なる才能炸裂の瞬間が…ま、あれはあれでオモシロイですが。
謎なんですが、オニは映像に映るんでしょうか??
見える人には見える、のかな…?

それはさておき、動くオニを目の当たりにすることが
こんなに楽しいものだとは!


観る前は、顔もかわいーんだかどうだか…とビミョウでしたが
実際に映画を観ると「うきゃー、可愛い~」とご機嫌に。
どんなに凶悪な行動をとっても、やっぱり顔が変だけど
謎の言葉と振り付けに忠実に動く彼らは可愛いのだ。
きゃわきゃわと集まる彼らに幸あれ!

ああ、どうして京都の大学に行かなかったんだろう?
葵祭でバイトしておけばよかった~
後悔先に立たず! いや、オニはいないから(たぶん)…

しかしですね。東京にもホルモーは存在するのですよ。
そのあたりのことは『ホルモー六景』に書かれているので
映画を観てホルモーに興味を持った方には
ぜひとも読んでいただきたい!!
なぜ一校だけ「フェニックス」とハイカラ(笑)な名称になっているのかや
べろべろばあのオヤジの秘密に迫ったりするので
何かと楽しめること請け合いです!

原作の感想はこちら 鴨川ホルモーホルモー六景
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking