鋼の錬金術師 原画展

先日、なーこさんと物々交換しながら久しぶりに会食しました。
その際、ついでに
開催中の『鋼の錬金術師』の原画展に行って参りました。

アニメイト池袋店9階にて12日まで開催中。
18~26日は“続夏目友人帳ミュージアム”が開催されます。

今回はアニメ化を記念して、という趣旨だったようですが
えー、ワタクシ、ハガレンのアニメは見ておりません。
前のも新たに始まったのも。

でもなぜか映画版だけは見ております。
アルが人間に戻っていて衝撃を受けました。
邪道なのは百も承知ですが、鎧のアルが大好きなんです!!
もう戻らなくてもいいじゃないか! と思うくらい。
ま、それだとこの話の根底を否定することになるので
冗談、ってことにしておきますが…

原作は近々22巻が発売されるようですね。
…スイマセン。途中でキャラ増えすぎて脱落しました。
完結したら一気読みしたいと思います。

そんな感じなのに今回の原画展に赴いたのは
ひとえに原画展が好きだから!

しかし、だいぶ記憶が薄れていて
キャラがよくわからなくなっていました(苦笑)

さすがにエドとアルは覚えています。
あとパパとママもわかる。 ←子どものエドとアルが一緒だから(笑)
えーっと、この人、大佐だっけ? 大将? 階級忘れちゃったよ…
で、この人たちは大佐(仮)の部下の人たちでー
犬ってこんなに出てきたっけ??

なんだか無念な鑑賞になってしまいました。

でも思っていた以上にカラーが多くて満足。
カラーって1枚の絵なのに
その中でも笑いを忘れない作者のサービス精神を感じました。
ま、これも覚えていればどのあたりの場面で…
なんて感じにもっと楽しめたんだと思います。

このように私はぼんやりと眺めていたのですが
隣でなーこさんは「なんの紙を使っているのか」「道具はなにか」と
専門的に見てらっしゃいました。
フツウの原稿用紙とは違うそうな!
そこまではわからぬ…さすがに自分で絵を描くひとは着眼点が違いますな~。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

見ごたえありましたね!

>えーっと、この人、大佐だっけ? 大将?
ははは。大佐であってますよ~。
でも面白いから大将でもいいのでは?(爆)

>フツウの原稿用紙とは違うそうな
いや、そんな気がしたってだけで(笑)
原稿用紙も色々種類あるので作家さんの好みだと思うのですが。
荒川先生のはなんかしっとりしてるというか、
厚みとか紙の目の出方とかが個人的にすごい好きな感じだったんですよ(笑)

なーこさん

>でも面白いから大将でもいいのでは?(爆)
あの人はいずれ大将になる器ですよね! じゃあ大将で!!
ってわけにもイカンので大佐ね、大佐…

>荒川先生のはなんかしっとりしてるというか、
言われてみれば滑らかさがありそうな質感でしたね。
しかしなかなかそんなとこまで見ませんなぁ。
私は「これ誰だっけ?!」と挌闘してましたから(笑)
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking