タイタニア 第23・24話

来週、最終回だそうです。
…そうでしたね、原作も未完でしたね。
どーりで話の展開がゆっくりだと思った。


第23話 砂漠の鼠

タイタニアの支配下ではない惑星バルガシュに逃げ込んだ
正直じいさん号。

そこで反タイタニア勢力と手を組むために渡りをつけてもらおうと
酒屋に現れたヒューリックミランダ

さっそくヒューリックの身元がわれ、大騒ぎに。
わあ。そんな大きな声でっ! と焦りましたがここでは
タイタニアは嫌われ者。
タイタニアに逆らうヒューリックは英雄なのでした。

しかしタイタニア兵に見つかり逃げるハメに。
…ずいぶん、早くここにたどり着きましたね。バレるの早すぎ~。

マザコン・ザーリッシュは必死です。
この人には政治も駆け引きもあったものじゃありません。
強引にバルガシュに特務艦を送り込み砂漠に隠れるヒューリックを発見。
特務艦優秀~。

この艦の艦長は「タイタニアはタイタニアの上位者にしか従わぬ」と
ステキな考えをお持ちです。
あー、そんなだから嫌われるんですな。

さて、この回では新しい仲間が増えました。
反タイタニア勢力のリーダーで医者のイブン・カシム
妻子をタイタニアに殺された恨みがあるそうです。
そしてセラフィン・クーパーズ(セラ)。
ヒューリックにオムレツを作ってくれる約束をしてくれました。
美人で凛々しいセラはお気に入りです。


第24話 オネストオールドマン

なんのことかと思ったら“正直じいさん号”のことなんですね。
タイタニアの特務艦を相手に真っ向勝負に挑む正直じいさん号。
ドクターリーが連れてきた流星旗軍と連携して勝利。
ほんとうにいたんだね、流星旗軍(苦笑)

だけど満身創痍の正直じいさん号…
着陸するのが精一杯。
船長、いい腕だね。

それにしても「諦めたほうがいい」ってズバリと言いすぎだよ、ドクターリー。

しかし感傷に浸るヒマもありません。
目的のためなら手段を選ばないザーリッシュ
越権行為に抗議するバルガシュの無線を無視して接近。
あろうことか見せしめに正直じいさん号を猛攻撃。
…この人は動かないものに対してどうしてそんなに攻撃的なのか。
こいつの下で働くのはゴメンだな、とウンザリです。

オレは無敵だ」と思い上がりも甚だしい
そりゃあ、動かないものを相手にすれば無敵でしょうよ。
そんな高笑いしてなにが楽しいんだかわかりません。

正直じいさん号の無残な姿を見て嘆く船長とミランダを見て
船はオレがなんとかするよ」と珍しく自発的な発言だ、ヒューリック
それは次回の前振りなんですか?

あと2話でどんなエンディングが待っているのか…
怖いような、不安なような。あれ? マイナスばっかりじゃん(笑)
今回お休みだったイドリスとアリアバートの出番はあるのでしょうか??


当ブログの『タイタニア』感想
第1話(一番下)/第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話第18話第19・20話第21・22話
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking