ジェニーの肖像 (ロバート・ネイサン)

女帝の本棚シリーズ

恩田陸の『ライオンハート』を貸したら
この話が元になっているのだ!」と、この本を貸してくれました。
あとがきにそう書かれていたのは知っていましたが
そこまでチェックしていませんでした。

ではありがたく拝読。
ちなみにお借りしたのは画像の版ではございません。


ジェニーの肖像 (創元推理文庫)ジェニーの肖像 (創元推理文庫)
(2005/05/23)
ロバート・ネイサン

商品詳細を見る


おお、ずいぶん年季の入った本ですね。
そしてこの活字っぷり!
もしかして活版時代の本ですか?!
女帝さまはほんとに物持ちがいい…

なるほど、『ライオンハート』に通じるものがありますね。
そして萩尾望都の作品のいくつかが思い出されます。
しかし!
読みながら私がもっとも連想したのが
有閑倶楽部でこんな話あったなぁ…」でした。

『有閑倶楽部』ではホラーテイストでした。
なにしろイーベンに該当する人物が美童だったので(苦笑)
怖がりな彼ですから、いくら相手が美少女でもビビるんですよ。

題材としてはホラーにもなるこの物語。
でもそんな展開にはまったくならないのは
この物語がものすごくロマンチックだからでしょう!
丁寧に書かれた情景、丁寧に書かれた心の動き。

そしてミステリアス
全部が明らかにならないのも魅力的。

とにかくイーベンが芸術家らしく根っからのロマンチストで
周りのみんなも優しい人ばかり。
あ、ビルは例外か?(笑)
でも何も言わなかったからビルもイイヤツだ。

あと時間の経ち方がゆっくりなのがポイントですね。
早すぎるとホラーになるのだ、と実感しました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

物持ちがいいというか、処分・整理できないだけです。

高校の頃に映画「ジョニーの肖像」を見て、原作を買ったのだ。
なのでもう………かなり昔の本ですね(苦笑)
だから実は内容をあまり覚えていなかったりします!

あとロマンチックタイムスリップ物語として、
「ジョニーの肖像」とよく一緒に名前が挙がるのが
「ある日どこかで」(リチャード・マシスン著)。
これ映画が凄くいいんだよ~!機会があれば見てね♪

西の女帝さま

>だから実は内容をあまり覚えていなかったりします!
なんと! そんなことでいいのか?!
ゆったりしてましたよ。イマドキのスピードではありえないくらい。

>「ある日どこかで」(リチャード・マシスン著)。
>これ映画が凄くいいんだよ~!機会があれば見てね♪
ツタヤにあれば…見てみます。
なんか、聞いたことある気がする。このタイトル。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking