タイタニア 第18話

もう4月からのアニメの紹介をしていました。

気になる『花咲ける~』の映像もちょこっと映りました。
とりあえず「ぎゃー、立人っ!」と舞い上がった、とだけ
申し上げておきましょう。
予想より大丈夫な感じです(笑)

グインサーガ』の映像も流れました。
おや? 皇なつきのキャラデザって聞いていたんですけど…
あんまり面影ないような?
こちらは声もちょこっと聞けました。が、よくわからん。
それにしてもグインの強さって桁違い…


第18話 監獄衛星クロノス

えーっと、特に進展はなかったんですが…(苦笑)

ヒューリックの身柄がエスタール政府にあって
それを巡ってエルベルト・カナック大統領とタイタニアがかけひきの最中。
ですが、タイタニア側の使者の到着が遅れているってことで難航。
ザーリッシュが強硬手段。
こうなったら正式な書状なしで
向こうからヒューリックを差し出してくるよう仕向けるのだ

と自信満々ですが、この人の考えることなんてタカが知れています。
案の定だよ! そんなこったろうと思ったよ!! な手段でした。

ザーリッシュはわかりやすすぎです。
柔軟なヒューリックとは気が合わないだろうなーという予想通り。
反逆者呼ばわりしていますが
反逆って言うのは部下や家臣が主君に背くこと」だから
タイタニアの支配下になかったヒューリックは“反逆”していないと反論され
抜かれる前にせいぜい舌を磨いておけ」と負け犬の遠吠え。
おまけに「母上に命乞いをしてみるがいい」って!
マザコン丸出しで恥ずかしいヤツになってしまいました(苦笑)

なぜか遅れている使者の行方は謎ですが
今回おとなしかったイドリスがなんかしたに決まっています。
次回が以降の活躍が楽しみ。

ジュスランは今回、いろんな人とお話しています。
姫さまに「だれかの失敗を喜ぶものがいるとすれば
その者が手をこまねいていないだろうな
」とズバリ言われて「フッ」と笑い
バルには「ウン」と肯かれ(いいのか? 上司と部下だろう?!)
アリアバートとは相変わらず仲がいい。
藩王からも情報をいただいているようですからね。
ジュスランがイチバン状況を把握しているようです。

ヒューリックは完全管理されている監獄衛星に移送され
さっそく揉め事をおこしています。
三つ編みがラブリーなベアナックルホークアイ
後々味方になってくれればいいな、と思うような思わないような(どっち?)
完全に目をつけられてしまいました。
だーれも助けてくれません。
が、じーっと観察する男がひとり。ナニモンじゃ、あいつ。

そのヒューリックを助けようと仲間たちが動き始めます。
パジェスは働き者です。情報収集に余念がありません。
他の人は…ぼやいてばっかり?

そろそろドクターリーの活躍を拝みたいところですが
考えた作戦は“クロノスへ派遣される医者に変装して侵入すること
マフディーが。
あくまでも自分は動かないんですね。
あ、藩王に“流星旗軍”からヒューリック解放の要求がされているっていうのも
この人の仕業なのかな?

とにかく前振りばかりの回でした。


当ブログの『タイタニア』感想
第1話(一番下)/第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話第16話第17話
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking