二月花形歌舞伎 昼の部

観劇:2009年2月15日(1階9列目ど真ん中)
会場:大阪松竹座

爆睡の昼の部。
久々の長文になった夜の部と打って変わって短文になりそうな…


歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)

少々寝ました。が
公開セクハラの場面は見逃しません!

主人に命じられて粂寺弾正獅童)が小野春道愛之助)の屋敷にやってきます。
錦の前壱太郎)の髪の毛が逆立つという謎の奇病に悩まされている最中。
その謎を解こうとする弾正
おもてなしに現れた若い男や腰元に色目を使う、とんだ好色一代男。

乗馬のこつを教わろうとする秦秀太郎勘太郎)に
やたらスキンシップを要求する弾正。
それを受ける秀太郎がせくしーで参ります(笑)
この場面に来る前に兄の秦民部男女蔵)を貶されて
怒った秀太郎が刃物を振り回すのですが、これが見事なへっぴり腰で(苦笑)
そんな気弱な彼が強引なお客様に抵抗できるはずも無く…
ま、なんとか逃げ出しましたけど。

お茶をお持ちした腰元巻絹亀治郎)にも手を出そうとする節操ナシな弾正。
しかし! こっちは刃物にも動じない女ですよ。
揉め事の仲裁ができる女だ。セクハラに負けるわけはありません。
ピシャリと跳ね除け、ツーンと退場。

そんなことをしながらも謎を解く弾正。
有能みたいですよ。
ついでに八剣玄蕃薪車)の悪事を暴く。
小原万兵衛亀蔵)の訴えにより窮地に立っていた
小野春風亀鶴)も助けるという大活躍。

隣の隣に座っていた獅童さんファンの御婦人大満足の一幕でした。


鷺娘(さぎむすめ)

爆睡につき感想はナシ。
…この前の幕間から寝っぱなしなのでした。


女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)

前の幕で休んだから今度は大丈夫! と思ったのに~。
これもうとうとしてしまったのでした。

けど亀治郎さんの場面は見逃さなかった! と思う。

子連れで現れたお吉亀治郎)は油屋の夫・豊嶋屋七左衛門獅童)とラブラブ。
世話焼きな彼女は同業の河内屋徳兵衛橘三郎)の
次男・与兵衛愛之助)の面倒までみてしまういい女。

しかしこの与兵衛、芸者小菊七之助)に入れ揚げる放蕩三昧。
挙げ句、借金までこさえて、喧嘩沙汰もざら。
とんだ問題児です。

借金の返済に困り
妹のおかち壱太郎)を利用して親から巻き上げようと画策して失敗。
兄の太兵衛亀鶴)も心配して駆けつけ
徳兵衛とおさわ竹三郎)は涙にくれ、ついに勘当。
親の心子知らずとはこのことか! な場面です。

親から追い出され、刻々と迫る返済期限。
窮した与兵衛が次に思いついた策は優しいお吉を頼ること。

お吉の元を訪ねると徳兵衛が与兵衛の行動を読んでいて先回り。
こっそりお吉にお金を託す姿を見て
初めて親のありがたみに気づいた与兵衛。
もう親に迷惑はかけられない!

ここまではともかく…

だからお吉に不義になって金を貸して欲しいと迫ります。

って、どーしてこうなるのか?!
私にはさっぱりわからない与兵衛くんの考え。
もちろん断られます。
そしたら殺して金を奪おうと刃物をチラつかせる与兵衛。
居直りか!
その後は油にまみれながらの応酬。

与兵衛に向かっていろいろ投げるお吉さん
やたらコントロールがよくて全部命中してたんじゃないかな(笑)

状況を考えると笑う場面ではないはずなんですが
歌舞伎になると陰惨なはずの場面も楽しめてしまいます。
とろとろした液体にまみれて滑ったりするんだもん。
コントか! って感じですよ。

ところで小栗八弥勘太郎)、馬に乗ってましたけど
いったいどういう役だったのか?
うとうとしていたから状況がさっぱり(苦笑)
また馬に乗ってる!」と今回の勘太郎さんの馬率の高さ笑いました。

あと叔父森右衛門男女蔵)っていったいいつ登場したんだ…? ←寝過ぎ!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

>それを受ける秀太郎がせくしーで参ります(笑)
艶かしかったです。せくしーです。
勘太ちゃんの株が、私の中で一気に上がってしまった。

「女殺油地獄」は好きな演目で、これで観るのは3度目ですが。
今回の愛之助×亀治郎の殺し場には、エロスを感じました!
妙にエロというか、色っぽいんだよーー!

ふじふじさん

>勘太ちゃんの株が、私の中で一気に上がってしまった。
そうですか! どんどん上げていきましょう!!
期待を裏切らない成長をしているので追っかけ甲斐がありますよ。

>今回の愛之助×亀治郎の殺し場には、エロスを感じました!
そ、そうですか…
私は「意外と段取りの多い芝居だな」と違うとこを見ていました(笑)
これを機に亀治郎さんもよろしく~。
プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking