どうにもこうにも…

今年の大河ドラマは直江さんちの兼続くんらしいのですが
戦国時代は織田信長にしか興味がないのでよく知りません。
どうやら兜に“愛”とデカデカと掲げた人らしい、というのが唯一の知識。
それも『トリ○アの泉』で教わったから知っているという(笑)

そんな私ですが、今のところ毎週見ております。
だって北村さんが出ているからね。
小栗くんもいるし。あの斬新な髪型にいつなるのか楽しみ~。
ああそうそう。勝頼役で笑也さんもご出演ですし。

だがしかし!
子役時代が例年に比べて少なくないですか?!
子役が良かっただけにもっとエピソードを作れば良かったのに~と残念です。

おかげで現在の兼続くんがどうしてそんなに殿に心酔しているのか
イマイチ伝わってこない…
いや、私は北村さんが演じているから
それだけで「ついていくぜ!」という気になりますが
兼続くんはそれではいけないでしょう?

あの雪の中を迎えに来ただけであんなになつくものなのでしょうか?
私ならそんな小さいときの記憶、あっちゅーまに忘れる自信があります!
それ以外にも殿の良さはあるのかも知れませんが
なかなか画面に出てきません。
戦でものすごい活躍をしたらしいですが主役が参加していないから事後報告だったし
「私も見とうございました」って誰かが言っていましたが、同感です。

ま、そのあたりは今後ドラマで語られることを期待して
以下、どうしても気になってしまうしょーもないことをつらつらと。

そんなわけでどうしてもドラマに入り込めないワタクシ。
そこで思いを馳せてしまうのが私の上杉家の知識の源。
もちろん前々回の大河ドラマでかなり勉強になったんですが
それ以外にもあるのです。

ムカシムカシに読んだ某シリーズ“炎の蜃○楼”なんですが。
これは当時“生まれ変わり”がマイブームで
転生モノを読み漁っていたころに発行されたシリーズなんです。

しかも信長が出てきそうな戦国時代関連!
戦国時代の武将が現代に転生して戦う! みたいなあらすじですよ。

これは読むしかないでしょう!! と鼻息荒く読み始めたんですが
徐々にあやしい方向に物語が進んで
なんかよくわかんないや…」と結局途中で挫折した因縁(?)のシリーズ。
てことであんまり覚えていないのですが(苦笑)

この話の登場人物が上杉家関連だったんです。
主人公はたぶん上杉景虎。タマヤマくんが演じている役ですね。
この人には過去の記憶がなくって、ほかの人に聞くしかないカワイソウな身の上。

サポートしてくれたのが千秋綾子

さて問題です。
この二人の戦国時代の名前はなんでしょう?


…はっきりとは思い出せないんですね。
調べればいいんですけど、それだとおもしろくないので記憶をほっくり返す。

千秋はたしか弾正ってついていたような気がするので高坂かな?
おや? それじゃあ武田の人ジャン! あれー??

綾子はたしか柿崎ナントカだったと思うんですよ。
現在ドラマで演じているのはカクタさんですよ(爆)
彼女(彼?)は好きな人が男だから自分は女に生まれ変わっているとかなんとか
男らしいんだかそうでないんだか判断に困る人でした。
戦国の世からずーっと恋々と思いを募らせてわけですよ。
ところで好きな人って誰?

そんなことを考えてみていると、どうにもこうにも笑いがこみ上げてくるのです。
フツーに真面目な作戦会議の場面で!
これはこれで楽しいのでいいか、と納得しています。

さて、問題はこの後。
家臣のクセになんだか偉そうなウツウツした男がいたんです。
これが直江。…この直江は大河ドラマの主人公の直江ですか?!
あいにく下の名前を思い出せない。
調べればいいんですけど、これはちょっと答えを知るのが怖い。

だってこの直江、清廉潔白な上杉謙信に思いを寄せているんですよ!
しかしご存知の通り御屋形様は清廉潔白の権化。
とても手が出せません。
しかもこの世に未練が無いから、とっとと成仏してしまったのです。
そこで白羽の矢がたったのが同じ名前を持つ景虎。
代わりに…ってわけですよ。
なんすか、この人! いろいろ失礼千万!!
この直江が暴走し始めて「よくわかんない」と匙を投げたというわけです。

さて、この直江は主人公の兼続くんなのか
それともシシドジョーさん演じる景綱なのか
はたまたそれ以外の人なのか?!
状況を考えると自ずと答えは浮かび上がってくるのですが…(苦笑)

考えると夜も眠れません(大嘘)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking