トライアングル 第5話

ううむ。
謎が解けないとストレス溜まる一方なんですけど。な第5話。


第5話 消された真実

今を生きるのに過去は必要ないでしょ?
とおっしゃる志摩野氏。
はたしてそうなのでしょうか?
続いて謎の中国語。意味は

心穏やかで波風がなければ、存在するすべては
まるで青い山、緑の木のように美しいものに見える


即ち“サチには心穢れることなく美しいものだけを見てもらいたい”という気持ち。
大きなお世話です。
郷田くんも「過去を知ることは心穢れることなのか?」と不審顔。
たまにはキタナイものを見ないと美しいものが“美しい”と気付けないこともあるんで
なんでもバランスよく取り入れた方がいいと思います。

こんなことを言う志摩野、25年前は上海にいたそうです。
でた! 上海というキーワード!!
このドラマにおいて“上海”は“蔵之介”の枕詞でしかないので
異様にテンションが上がってしまいました。

医者 → ニューヨークで犯罪心理学 → 国際警察
日本に来た本当の目的は?
あれから25年も経っているのになぜあの事件を?


と志摩野の逆襲。
そう! そうなんだよ。なぜこのタイミングで郷田が動き出したのか?!
…これに関する答えはありませんでした。
もう! 質問だけで答えがない状態が多すぎませんか、このドラマ?!

郷田少年が聞いた、ヤな男 = 新藤 = 母の浮気相手(結婚前の恋人)?
どうやらアザ男は葛城母の会社の同僚だったそうです。
浮気の邪魔だから娘を共謀して殺すっていうのは無理があると思いますが…

前回のエレベーターの所業は、見つかっても警察にはなにもできない
“誰かさん”に守られているという安心から顔を晒したようですね。

そのアザ男こと新藤、玄関が開いていたからって勝手に入り込むなー!!
写真を見て立ち尽くす新藤にまったく気付かないサチ
こんなんあり? 気付かないもんでしょうか??

エレベーターの件は25年前の事件に首をツッこむなという脅しだそうです。
だからさー、時効が成立した事件だよ?
どうしてそんなに嫌がるの??

葛城母の「私が殺した」発言を聞いて「あの日のことを思い出したんだな
と思わせぶりな新藤。
あの日のことって何

過去の父の行動を聞いて以来テンションが低い黒木
それを気遣って? 郷田が鍋パーティに誘います。
そこへ富岡堀米が飛び入り参加。
堀米が狂言強盗の件を郷田に謝罪。それをあっさり許す郷田くんは寛大だ。
郷田にとって過去とは消し去るものではなくこうして受け入れるものなのですね。

この口の軽い堀米くんがナイスアシストです!
富岡の原稿には“新藤”のことが書かれているらしいですよ。
でも「もっと大きなネタがほしい」らしいです。
「証拠不充分」で新藤を釈放したと思われているようですね。

いずれにせよ、25年前の事件がみんなの心に陰をおとしていることは確かです。

堀米:すぐに犯人を捕まえてくれると思ってた。
富岡:あのころは“悪いことをしたらお巡りさんに連れていかれる”って信じてた。
郷田:世の中には人殺しても捕まんないやつがいるなんてなぁ。

郷田の捜査も、富岡の原稿も
“犯人探しをあきらめきれない”気持ちの発露なんですね。
ああ、時効が恨めしい…
でもなぜ今一斉に動き出しているのかが謎~。

人が殺されることに鈍感になっていく
忘れちゃいけないよな
殺されたことを見過ごすことは人として許されることじゃない


これが郷田の行動動機なんですね。なるほど。

さて“誰かさん”は郷田と黒木の行動を押さえつけるべく
丸さんを利用し始めました。
ノンキャリな丸さん、表彰という初の晴れ舞台。
そのかわり、部下の管理を徹底せよという厳命です。
うわー、ヤナカンジ~。

そんな中、サチから「母が新藤に会いに行った」と電話が。
じっとしていられる郷田くんではありません。
おまけに黒木まで!

それを見た丸さん「待て」と。
表彰状に切れ目を入れ返上。
ああ、その躊躇いが悲しい…

丸さんは裏があることを知りつつも
きっと家族にも自慢できるとフツーに喜んでいたんですよ、この表彰。
なのにそれを棒に振ったのは刑事としての矜持もあるでしょうが
黒木父の「君は案外、簡単な男だったんだな」が最大の理由でしょう。
なんだんだ、黒木父! 最悪だ!!

何者かに殺害されて郷田のの車に乗せられていた新藤。
私は真っ先に黒木父を疑いました。
だって、車の下見していたし。←妹に名刺渡して挨拶ってなんだよ?!
どうやって車に乗せたのか必死に考えたんですが
予告で郷田が容疑者として扱われていて「ああ、普通はそう考えるか」と。
でも郷田には動機がないし、そんなことをする人ではないので心配はしません。

よく考えたら葛城母も現場に向かっていたんですよね。
許せない」と言い残して出発しているわけですから何かありそう。
それにしても「あの日のことは誰にも言わないって決めたの」って言っていましたが
そう言わずに教えてほしいものです。

ああ、葛城父は社長なんですね。なんの会社?
もしかして蔵之介が勤める会社だろうか? と思っているのですが…


ドラマ『トライアングル』過去の感想
第1話第2話第3話第4話
関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トライアングル ネタバレ

トライアングルドーン 最近ハマってます 断られただけで傷つくぐらいなら告白なんてするなよと思うのは俺毎週火曜の22時からフジ系で放送されているんですが、ミステリ 夏号 電車内でやってる人発見! 友達である俺達の元へ泣きついてきたわけだが(この時リア充な友人...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking