タイタニア 第16話

よーやくヒューリック始動!
おかげで時間が経つのが早く感じられました。
…あんまり進展はなかったんですけどね~。


第16話 反撃の烽火

「たった一人に対して容赦ナイ」と姫さまに云われ
バルが「確かに」と考え込むと
それがタイタニアだ」とバッサリ、ジュスラン

タイタニアは敵対勢力に対して完膚なきまでに叩きのめすのが信条
敵が大きければ大きいほど手柄が大きくなるのでみんな必死


という趣旨のことを言っておりました。
ガツガツしてみっともない、とでも言いそうな勢いです。
まーね、キミは今のところヒューリックに対しては静観しているよね。

そのヒューリック討伐任命を巡って首脳会議。
ザーリッシュが謝罪しているのを嬉しそうに横目で眺めるイドリス
ハッ! 滑稽ですな。偽情報に躍らされて何の成果もあげられず
おめおめとこの場に顔をさらすとは

うわー、イドリスがイキイキしています(笑)
いや、そもそもその偽情報はキミが流したんだよね?

その後も「ヒューリックをタイタニア陣営に迎える可能性は…」と
甘い考えを繰り出すアリアバートに喧嘩腰。
「一戦交えればわかる」という言葉に対して
「ならばその一戦にて倒してみせよう」と自信満々に切り返すオミゴトさ。
しかしその挑発にはのらない藩王&ジュスラン。
結局、ザーリッシュが任命されました。

正直じいさん号では珍しく仲間割れしていますよ。
食べ物を巡って(爆)
喧嘩の理由がらしくてほほえましい。
ですが、揉めているのをみるのは嬉しくないですね。
お腹も減っているし、ヒューリック不在でみんな神経がささくれているようです。

そこへあっさりヒューリックご帰還です。
とたんに食べ物も出てきます(笑)
おいしそうにぺろりと平らげるヒューリック。
食欲が戻って何よりです。

タイタニアに対抗することは決定ですが先立つものがない。
ってことでヒューリックが一計を案じます。
自らをおとりに賞金ゲット大作戦です。
勝算は? と問えば
辺境のエスタールだから可能じゃない? という軽いノリ。

実行に向けて下調べ。
その際にお金大好きなバレンティ長官と仕事できそうなカイル大尉と遭遇。
作戦に利用できそうな人と作戦の妨げになりそうな人。
次回への前振りですね。

次回はマフディーくんが何かしでかすようですね。
それはさておきドクターリーはどうしても皮肉を言わないと気がすまないんですな。
それは個性だからいいんですけど「研究研究」言いすぎなのが気になります。
研究以外にモチベーションがあった方が人間味が増すと思うんですけどね~。


当ブログの『タイタニア』感想
第1話(一番下)/第2話第3話第4話第5話第6話第7話第8話第9話第10話第11話第12話第13話第14話第15話
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まるあ

Author:まるあ
100%趣味について。
観劇と映画鑑賞と読書が趣味。歌舞伎・三谷幸喜作品・蜷川幸雄演出・劇団☆新感線などを観に行きます。
読書はいろいろな人の感想を参考にマンガも含めて乱読中。

一個人の主観的な感想なので大多数がそう感じるとは限りません。
内容も正確を期していますが記憶を頼りにしているので必ずしも正確ではありません。
以上を了承のうえお読みいただけると幸いです。

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
FC2 Blog Ranking